Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

僕がMR(製薬会社の営業)を辞めたわけ⑥

僕がMR(製薬会社の営業)を辞めたわけ⑥

こんにちは。
あっつです。
「僕がMRを辞めたわけ」いよいよ最終回です。
これから僕がしたいことは【医・衣・食・住】×【心・体・魂】といったものをコンセプトにしたサービスを作りたいと思っています。
オンライン上に学校があり、図書館があり、病院があり、ショップがあり、オフライン(リアル)でも繋がり合えるというイメージ。

例えば【医療】だけ見ても本当にたくさんの治療法がありそれぞれの特徴がありますが、僕も詳しく知りません。そして患者さんを含めた一般ユーザーが必要なのは自分にはどの治療が合っているのか?必要なのか?です。
だからそれぞれ治療家・セラピストは一般の人に知ってもらう努力が必要だし、治療家・セラピスト同士でもジャンルや流派を超えて理解し合う時に差し掛かっているんじゃないかと思っています。

僕たちも病気になったら病院・クリニックに行くではなく、なぜその症状になったのか考えたり自分で対処する術を知る、どんなものを食べたらいいのか、どこでそれを買えるのかを調べる場所があるというのは安心ですよね。
今は1つの知識を手にすることができたとしても、それは全体の一部だったり断片的なものでしかなく、残念ながら全体像を理解することはできません。
医療の専門家からは医療の情報を得つつ、健康に関連する食とか心のこと体のこともについての情報も同時に得ることができたとしたらいいなと思っています。情報も人も、点が線になり、面になったらいいですよね。

そしてそれが同時にオフライン(リアル)の繋がりをより深められるものであれば一番いいのではないかと思っています。
どんな治療をどんな人がどんな想いで行なっているのか、それを知ることが出来たらユーザーはとても心強い安心感を得られますよね。

フリーエネルギーが実現したらこの世の中は一変するでしょうし、逆にもしかしたらインターネットが使えなくなる可能性や欲しい情報が全く手に入らなくなる可能性だってあります。
これからはAI技術が進んで人がやってることはどんどんロボットがやってくれるでしょう。

その時に残るのはなんだろう?人にしかできないことはなんだろう?って考えると肌と肌の触れ合い、心を通わせること、先を見通すことや、イマジネーション、インスピレーション、クリエイティビティなど。
そのために手を伸ばせば差し伸べてくれる距離に専門家がいていつでも相談できる究極の安心感を得られる社会。こういった医・衣・食・住の専門家がいるコミュニティが全国でできあがったらいいなと思っています。

僕が今知り合った方だけでももっとこの人をみんなに知って欲しい人が本当にたくさんいます。
人にしかできないこと。そしてその人の想いが詰まった情報を必要としている人に届くものを創りたい。
今はただの夢物語だと思ってもらっていいんです。でも製薬会社を辞めた今、そんな未来を目指して活動しています。


スポンサーサイト

僕がMR(製薬会社の営業)を辞めたわけ⑤

僕がMR(製薬会社の営業)を辞めたわけ⑤

こんにちは。
あっつです。
「僕が製薬会社を辞めたわけ」を③と④で簡単にお話させてもらいました。

辞めた理由としては、薬そのものが本当の意味で健康にしてくれるものではないということ。
そしてもう一つの大きな理由は自分の子どもたちやこれからの未来を担っていくたくさんの子どもたちに胸を張っていられる自分でいたいということ。とてもシンプルな理由です。

今回と最終回で「これから目指す未来について」をお話しますね。

それは

・・・

「元MRが教える!現代医療の裏側!」「危険!ワクチンの作り方3分クッキング!」を広める活動!

・・・

みたいな啓蒙的なことを考えた時期も一瞬ですがあります。笑

でもそれって目を引くけど、ただ単に不安を煽るだけですよね。
そして根本的な解決にならないだけじゃなく、僕が望んでいることでもなかったんです。

西洋医学に対して東洋医学があり、代替医療、民間療法というものがあります。
呼び名も分類も様々でどれがどれなんだ?と興味がない人は思っちゃいますよね。

余談ですが昔々は5大療法と呼ばれるもの(分類の仕方も解釈も様々です)を使い分けていました。
自然療法(ナチュロパシー)、整体療法(オステオパシー)、心理療法(サイコパシー)、同種療法 (ホメオパシー)、そして現在の西洋医学にあたる対症療法 (アロパシー)を組み合わせていたんです。
なぜならどの治療においても得意不得意があるから。
全てを兼ね備えた最強があればいいんでしょうがそれはないですよね。
例えば対症療法の得意分野は何と言っても緊急性と即効性!
手術が必要とか骨が折れてしまったとかそういった時にはとても効果的。
その対症療法を慢性的に使うのは無理がある。でもその対症療法が極端に増えた理由は③で少し触れたように薬はビジネスとしてとてもお金になるからなんです。
そういう意味では今は極端にバランスが悪い状態だということが何となくイメージできますか?

薬が悪いのではなく、薬が必要な体になってしまっていることをまずは認識することが大切ですよね。
「医食同源」「食医は最上位」という言葉が昔からありますが、本当の意味での健康を考えた時には様々な治療法を知るというだけでなく、日々の食事でどんなものを取り入れるのか、どんな考え方をするといいのか、そういった情報も必要です。もちろん僕も含めて。
そして様々なジャンル、流派を超えた活動や働きかけを広めている点の人たちがもっと繋がり合っていけると健康になり、本来の生き方ができる人がもっと増えていくんじゃないかと思っています。
それが僕の目指す未来の原点になります。


私が映画を好きなわけ


『最強のふたり(日本公開2012/9)』はフランスの映画だ。この映画を見たとき、フランスにアフリカから移民がたくさん流入していることを知った。そして、そういう人は貧しく、家庭環境はあまりいいようには描かれていない。2012年当時はまだ、今みたいにヨーロッパへの移民のことがニュースになっていなかったので、「へえ、そうなんだ。フランスにこんなに移民の人がいてはったら、生粋のフランス人は、仕事あんのかな?」と思う程度だったが、同じ監督の作った『サンバ(日本公開2014/12)』という映画は、アフリカからの出稼ぎ、移民の実情などフランスの社会事情が描かれていた。

ビザ更新の失念により、国外退去処分となった主人公。でもアフリカで仕送りを待っている家族にはそのことは言えず、とりあえず、なんか仕事をしなくてはいけないので、違法に偽造身分証明書を買って、その身分証明書の人になり切り、日雇いの仕事をする。仕事をあっせんしてくれる紹介所の女性職員も「あれ、この人この前と違う名前やけど、まあおおめに見といたろか~~」みたいな感じで、職をあっせんする。

ところが建築現場で働いている時に一斉摘発があり、逃げ惑う。捕まれば、強制送還というきわどいシーンだ。この映画を見て移民を極端に受け入れていない日本ではまったく想像できない人種の混在、言葉の通じなさ、社会の混沌に、「フランスという国は今こんな風になってんのやなあ」とすごく驚いた。



ブラジルが舞台の映画『トラッシュ‼~この街が輝く日まで~(日本公開2015/1)』はアメリカ人牧師が支援するごみ山に暮らす少年たちが主人公だ。警察はわいろや悪に手を染めていて、守られねばいけない少年が警察に撃ち殺されかけたりするシーンがあり、この国は一体何が正義で何が正義でないのか、「一体どうなってんねん」、とびくびく、ドキドキしたりした。



『ライオン~25年目のただいま(日本公開2017/4)』は主人公の青年の幼少期の舞台がインドであった。インドでは州によって言葉が全く通じないことが描かれており、また、主人公が家族とはぐれ孤児となり、たいへんな思いをして生きて行くことになるのだが、一つの国で言葉が通じないなんて日本に暮らす私にはまったく想像のつかないことだった。孤児となった主人公に食事やベッドを提供してやさしくしてくれる人が現れたが、実はその人は人身売買(臓器売買)をする人で、危うく売られそうになる。その後、主人公が収容された劣悪な環境の孤児院では児童への性虐待も描かれており、被害を受けた少年が精神を病んでいく場面も描かれていた。



こんな風に映画って脚色はあるだろうが、日本に居ながらにして、私の知らなかったその国の文化や社会問題などを示してくれるのでとてもためになるし興味深い。また今月も面白そうな映画ないかな~~と新聞広告やインターネットで調べてみるのである。

( ムックマムスタッフ すぎっち)

僕がMR(製薬会社の営業)を辞めたわけ④

『僕がMR(製薬会社の営業)を辞めたわけ』④

こんにちは。
あっつです。
僕が製薬会社を辞めたわけの続きです。

そもそも僕が製薬会社に入ったのは幼少期の父の死が大きく影響しているんです。
大きい会社は
いい薬を扱っているはず。
いい薬を売れば父のように死んでしまう人が救われるんじゃないか、そんな気持ちから製薬会社を選びました。
ただみんなの健康を願って仕事をしているのに、逆に健康を妨げる手助けをしているという事実。

あ、でも勘違いしないで欲しいのは薬そのものが悪いわけじゃないってこと。
薬で命が救われた人だってたくさんいるし緊急を要する時にはすごい威力を発揮しますから。

その命に関わるものかどうかや頻度の問題ということです。
薬に頼るんじゃなくて、薬が必要ない健康な体を作るというのが大切ですよね。

だからショックもありつつずっと抱えていた違和感の理由がわかって妙に納得したんです。

やっぱりなーって。

世界的に有名な会社だから将来安泰なんだろうし何の心配もいらない。

・・・

のはずなのに僕の心は入社以来一度も満たされなかったんです。

病院やクリニックを回り、飲んだこともない薬を宣伝する。
自社の薬に触れることなくデータを元にいい薬だと謳う。
大量に処方してもらうためにどうしたらドクターに気に入られるか考える。
もっと早い段階から処方してもらえる方法について会議を重ねる。

会社という枠の中で決められたことをやり続ける虚しさ。
自分を表現することができない不完全燃焼感。

麻痺していく感覚、埋没していく感覚、考えない方が楽だという感覚・・・

10年以上仕事を続けてもやりがいを全く感じられなかったのはそういうことかと。

僕の魂が訴えていたのはもっとクリエイティブなことをしたいってこと。
そしてもっと他に命の使い道があるという漠然とした、でも確かな感覚。

・・・

とは言え製薬会社、その営業がどうかではなく、僕の価値観に照らし合わせた時にやりがいや満足感が得られなかっただけですから誤解しないでくださいね。

僕が会社を辞めた最大の理由は「子どもたちが胸を張って自慢できる大人」「かっこいいと言ってもらえる父親」になりたいと思ったからです。

それが僕なりの7th Generation(セブンスジェネレーション)の解釈でもあります。

その感覚に従うことにしたのが今から約2年前。
何も決まっていないのに文字通り見切り発車で家族で日本一周の旅に出ました。笑

魂が進みたい方向と逆のベクトルで生きしていた時は死にたくないと思っていたのに、いつ死んでもいいと思えるようになったのはこの時からです。

最後にお伝えしたいのは自分の心はいつもどうしたいか教えてくれるということ。
自分らしく生きているか日々問いかけてみてくださいね。


 
※※しばらく間が空きますが、次回はこれからやろうとしていることについて、お話ししていただきます。楽しみにお待ちくださいませ。※※



僕がMR(製薬会社の営業)を辞めたわけ③

『僕がMR(製薬会社の営業)を辞めたわけ』③


こんにちは。
あっつです。
『製薬会社を辞めたわけ』と言いながら前回はそのわけを一切話していませんでした。

今回はいよいよ本題です。
僕は外資系製薬会社で12年勤務していました。
医療用医薬品の営業(MR)という職業です。

製薬会社って結構給料いいんじゃなかったっけ?って思われた方はよくご存知で。
そうなんです、給料はサラリーマンの中でも割といい方だと思います。
30歳そこそこで高級車を毎年買えるくらいのお金はもらってましたから。

でも、「じゃあなんで辞めたの?」ともし興味を持ってもらえたならこのまま読み進めてくださいね。



まず、ここで一つ質問です。
世界に50億人以上いる中で日本人は約1億2千万人。
その日本は世界の医薬品市場で売上は何番目でしょうか?

・・・・・・

・・・・

・・



簡単でした?笑

正解は世界第3位です。
日本は世界の人口の50分の1の人数で世界のマーケットシェアの3番に位置する、超がつくほど薬を飲んでいる薬大好き国民なんです。
とは言え数年前までは2位でしたし、1位の北米や2位の中国との人口比で考えると大変な量ですよね。
薬の服薬量で言えばおそらく世界トップです。

何でそんなにたくさん薬を飲むのでしょう?
まさか日本人だけが薬に頼らなければならない虚弱体質だったとか?笑

違いますよね。
そこに製薬会社の人が給料がいい理由も、僕が製薬会社を辞めたヒントも隠されています。


それではもう一つ質問をしますね。
医療用医薬品のメインとなる原料はなんでしょうか?

・・・・・・

・・・・

・・



これも簡単だったかもしれませんね。
正解は石油です。
病院やクリニックで処方されるいわゆる西洋薬のメインは石油から合成されています。
そもそも薬は余った石油を高く売るために作られたという歴史があるからです。

どんな商品だって売れなかったら市場に出回ることはなくなりますよね。
どこの世界でもそうですがニーズがあるから商品が作られ売られるわけです。

患者:治りたい→病院に行く

ドクター:患者を治したい→薬を処方する

製薬会社:薬を売りたい→薬を製造開発する

患者、ドクター、製薬会社のそれぞれがうまく噛み合っているビジネスモデルなんです。
うまくできていますよね。

だから薬を売るためには病気が必要なんです。
世界の50分の1の人数で世界で一番せっせと石油を体に取り入れている日本。
そしてそれを知らなかったとは言え助長するように薬を売っていた自分。
子ども達にもよかれと思って薬を飲ませワクチンを打たせていました。

そんなことを知ってしまったからというのも辞めた理由の一つ。
そして会社を辞めた決定的な理由がもう一つ。
それは次回お話ししますね。


★みなさまへお知らせです★
現在ムックマムでは、スタッフとして一緒にムックマムを作成してくださる方、または執筆していただける方を募集しております。ご興味のある方はぜひご一報をお待ちしております。mukkumamu2014※gmail.comへお問い合わせください。(※を@に変えてお送りくださいませ)
募集の詳細はメールでお問い合わせをいただいた方にお伝えいたします。
お気軽にお問合せ下さい!

 | ホーム |  » page top