FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

我、達成感と挫折から学ぶ(第3回)

我、達成感と挫折から学ぶ(第3回)


香川武毅(かがわたけき):パチンコ店勤務(ホールスタッフ)
昭和48年生まれ(46歳)香川県高松市在住。愛媛大学農学部中退。中学3年生の夏前まで玉藻水泳会(水谷浩明コーチ主宰)に所属。1984年1月開催の新年フェスティバル四国ブロック10歳以下の部にて優秀選手賞獲得。200㍍自由形は全国ランキング13位(後に同種目の日本記録保持者となる前田泰平選手よりこの時点では自分の方が速かったことは今でも自慢の種ですが、前田選手は当時私より約2歳年下でした)





 アルバイト生活を送るうちに、自分は社会で生き抜くために必要なものを何一つ持っていないのではないか? と感じるようになりました。世間で言われる生産性の低い人間というやつです。
 
子供の頃の競泳競技の体験から、お金では心は満たされないということだけは実感としてありました。一方で達成感のあとの挫折は自分の中では対のようなところがあり、ひたすら心の喜びを追求することに恐れもありました。
 
当時の自分がたどり着いた結論は、時給の高いアルバイトをやってみようという考えでした。パチンコ店のアルバイトは高時給でしたので、パチンコを打ったこともないのに思い切って働いてみることにしました。当時21歳でしたが、パチンコ店はいきなり怒鳴るような怖い人がたくさんいるイメージしかなく、怖くて入ったこともありませんでした。水泳を始めたきっかけと近い感覚もあったのかも知れません、苦手の克服がテーマです。
 
パチンコ店の最初のアルバイトは1年もたずにお客さんのなかに怖い人がいて辞めてしまいました。高校生の頃、私の子供の頃を知っている方に、水泳はもうやらないのか? と声を掛けられることがありました。大学は先生の頭の良さについて行けずに早々に逃げ出していました。

やがて、水泳も大学の研究職も、継続していればどうなっていたのだろうか? と考えるようになり、このまま逃げてばかりもいられないという気持ちで、28歳のときにパチンコ店である今の会社に入ることにしました。31歳で正社員となり、今年で16年目です。
 
出世して店長になってという大半の男性スタッフの目指す目標と違う目標を持っていたので、周りとはかみ合わず、叩かれることの連続でやってきて、正社員の中では一番格下の一般社員のままですが、現在、私は社内ではホール業務に必要なすべてを、新入パートスタッフに指導できる唯一の存在だという自負を持ち、毎日過ごしています。

今では、あんなに苦しかった「『達成感と挫折』を日々繰り返すこと」が当たり前で楽しいという感覚にたどり着きました。
            ~ 完 ~     
スポンサーサイト

我、達成感と挫折から学ぶ(第2回)

我、達成感と挫折から学ぶ(第2回)


香川武毅(かがわたけき):パチンコ店勤務(ホールスタッフ)
昭和48年生まれ(46歳)香川県高松市在住。愛媛大学農学部中退。中学3年生の夏前まで玉藻水泳会(水谷浩明コーチ主宰)に所属。1984年1月開催の新年フェスティバル四国ブロック10歳以下の部にて優秀選手賞獲得。200㍍自由形は全国ランキング13位(後に同種目の日本記録保持者となる前田泰平選手よりこの時点では自分の方が速かったことは今でも自慢の種ですが、前田選手は当時私より約2歳年下でした)




 小学校4年生のときに四国で決勝に残れるレベルとなり、小学校5年生の正月に行われた大会では、四国で優勝することもできました。
 クラブの落ちこぼれから努力の末に得た結果でしたが、子供だったので慢心が生まれました。謙虚さも失い、練習で手を抜くようになりました。

元々才能があったわけではなく、豊富な練習量でつかんだ結果だったので、練習で手を抜けば結果など得られるはずもないのですが、過程を忘れ、理由も忘れてしまいました。
練習などしなくても自分はそうなるべき存在だったと、過去の栄光が繰り返されるような錯覚に陥っていたのです。
 
スポーツの世界なので、錯覚したところで結果はすぐ出て、自分の勘違いを思い知らされることになりました。
 四国チャンピオンだった私は中学生の大会では四国大会への出場権すら得られずに、中学校3年生の夏前に強い挫折感だけを抱き、引退しました。
 
高校生になっても挫折感を引きずりながら、周りと打ち解けることもなく過ごしていました。高校生の頃は大学に進学してしっかり学べば何かつかめるに違いないと、現状の自分と向き合うよりも偏差値基準でそれなりの大学に進学することだけを考えていました。

1年浪人した後に自分の学力では良く頑張ったという感じの愛媛大学農学部に入学しました。大学に進学したからにはしっかり勉強して、大学院にも進学して研究職に就くことを夢見ていましたが、東京大学や京都大学卒業のエリートと呼ばれる先生方の講義を受けるうちに、自分はあんな風にはなれそうにもないと早々に諦める気持ちができました。

大学そのものに見切りを付けて社会人としていきなり走り出す勇気がなかったので、アルバイトで自分が世の中で通用するようなことはないだろうか? と考えながら過ごすようになりました。大学は籍だけ置いているような状態で留年を繰り返し、8年間在籍しました。                               
~つづく~


我、達成感と挫折から学ぶ(第1回)

我、達成感と挫折から学ぶ(第1回)


香川武毅(かがわたけき):パチンコ店勤務(ホールスタッフ)
昭和48年生まれ(46歳)香川県高松市在住。愛媛大学農学部中退。中学3年まで玉藻水泳会(水谷浩明コーチ主宰)に所属。1984年1月開催の新年フェスティバル四国ブロック10歳以下の部にて優秀選手賞獲得。200㍍自由形は全国ランキング13位(後に同種目の日本記録保持者となる前田泰平選手よりこの時点では自分の方が速かったことは今でも自慢の種ですが、前田選手は当時私より約2歳年下でした)





 子供の頃の私は、引っ込み思案で人見知りがはげしく、あがり症でした。家族や慣れた人の前では、図々しいことを言ったりやったりするのですが、慣れない人がいると借りてきた猫のようになるところがありました。
 
こういう性格を矯正するために水泳を習い始めました。小学校1年生で入ったスイミングクラブでは、周りより劣っているという気持ちからなじめないところがあり、いやいや通い、行きたくないと抵抗することも多く、1年足らずで辞めることになりました。
 
その後、小学校2年生になり、指導者だけがいるプールを持たないチームに所属することになりました。今は指導者の方が亡くなったためにチームもなくなりましたが、玉藻水泳会というチームでした。最初に所属していたスイミングクラブでのアドバンテージがあったおかげで、周りと比較して自分が落ちこぼれているということがないと自信が持てたので、週1回練習の育成コースでは楽しく過ごしていました。
 
一緒に通っていた2つ年上の姉が大会出場を目指す競技者指向の選手コースに移ることになり、同じタイミングで選手コースに移りました。選手コースというレベルではありませんでしたが、週6日練習の選手コースの方たちに混じって週3回練習するようになりました。自分と年齢が近い方は2,3名で、あとは年上の方ばかりに混じっての練習で、長い距離を泳ぐようなトレーニングでは何度も追い抜かれて邪魔になっているのは明らかでしたが、周りが自分より年上だったので、ここでも落ちこぼれという意識を持つことなく続いたように思います。

 自分より高いレベルの年上の方に混じって練習していたので、小学校4年生になると、四国の大会で決勝に残れるレベルになっていました。

 また、厳しい練習をこなすうちに引っ込み思案の性格は治っていき、学校生活では誰とでも自然と打ち解けられるように変わりました。
  ~つづく~


継続は心の筋トレ(3)

【継続は心の筋トレ(3)】


菰淵佳緒里(こもぶち かおり)

8歳の長女と4歳の長男を育てる主婦。香川県在住。結婚10年目。
好奇心にまかせて身体や心を整える知識を探すハンター。
200回以上のコーチングやセラピーを受けたことをきっかけに
「自分らしく生きることが誰かのためになる」という信念のもと
Twitterなどで情報発信し、オンラインの勉強会も開いています。
大好きな家族、仲間とともに充実した時間を共有するのがしあわせです。

今日から何かを始めよう!と思うと、ついつい気合が入りますね。
なりたい自分になるために何が必要なのだろう?

目的を達成するには、何をすればいいのだろう?
あれもこれもたくさん出てきますよね。

よ〜し!気合を入れて〜!
やるぞ〜〜!!(お〜!)

とやるとたいがいコケてしまいます。
一時的にモチベーションを上げても、失速…
では、どうすれば良いのでしょうか?

その答えのひとつが本当に必要だと思うことを
拍子抜けするほど簡単なルールでやることです。

例えば、オイルプル。
これをマジメにやろうとするとちょっと面倒だったりします。

ごま油を口に含んでいる20分間はしゃべることもできません。
以前は、家族が起きてくるより20分早く起きてやろうとしていました。

そうすると
朝寝坊すると自動的にできなくなる。そして、そのうち忘れてしまう。
そんなことをもう何年も繰り返していました。
けれど、ある事情で、どうしてもオイルプルをもう一度やりたくなったのです。

目的は、髪のアンチエイジング。
耳の後ろあたりの白の勢力を弱めたい。できるだけ長く、黒髪を維持したい。

そこで、ルールを変更して再チャレンジすることにしました。
・時間はいつでも良い。起きて気が向いたらやる
・10分でも5分でも、オイルを口に含んだらOK
・家族が話しかけてきたら、ジェスチャーで対応する

450gの大きなボトルを、作業台の上にどんっと置きました。
いざ始めてみると…
一度口に含んだらもったいないので時計を見て、20分はかるようになりました。

「ママ〜!」と呼ばれた時に身振りを大きくして対応すると、
案外おもしろがってくれています。
オイルプルの時間に、文章を読んだり書いたり、家事をしたりして、
生産性も上がっています。

めんどうだと思っていたオイルプルも意外に続けられているのです。
特に「続けよう」と思わなくてもなんとなく続いている。

このように、なんとなく続いていることを、ひとつひとつ数え上げていくと、
実は「続けられる人」だったのではないか、ということに気付いてきます。

そう、私は確実に習慣化のスキルを手に入れつつある…

もうすでにお気付きの方もいらっしゃると思いますが、
これまでの一連の文章は、「私は物事を続けられる人です」
という前提で書いています。

物事が続く人と続かない人の違い。
それは、自分自身が「続けられる人」というイメージを持っているかどうかです。

今まで、たくさんのことを途中でやめてしまった。
あれだけはりきって始めたのに、いつの間にか忘れてしまっていた。

だから
「何も続かない…」と思っていませんか?本当に、そうですか?
正確には「続かないこともあった」です。

諦めたこと、忘れてしまったことチャレンジして失敗したことを
大きく大きくふくらませて過度の一般化をしていませんか?

私も、続いていることを過小評価して
「できていない」ことばかりを悔やんでいました。

だから今こそ「続けられた」ことを探して、
しっかりと認識する必要がある。
そう思って書き綴ってみることにしました。

継続するということは挫折や失敗を繰り返しながら
成長するプロセスも含んでいるのだと感じています。
傷ついて超回復して強くなる。
そう、まさに筋トレのようなもの。

途中でつまずいてもあきらめずに何度でも始めれば
少しずつ強くなって続ける体力がついてきます。

Wawaさんでの加圧トレーニングをきっかけに、今までの行動を振り返ってみると
筋トレ以外にもたくさん続いていることがあったことに気づきました。

途中でやめてしまっても、忘れ去られてしまっていても、
私の人生に必要なことは、何度でもやってくる。

そのたびに、また始めれば良い。
「今日だけ」やってみよう。
「今日だけ」は、続けてみよう。

ハードルは低く低く♪

ちょっとずつ新記録を伸ばしていく。
そんな気持ちで物事に取り組んでいます。
あなたの今も続いていること続けていきたいことは何ですか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。




継続は心の筋トレ (2)

継続は心の筋トレ (2)


  菰淵佳緒里(こもぶち かおり)

      8歳の長女と4歳の長男を育てる主婦。香川県在住。結婚10年目。
      好奇心にまかせて身体や心を整える知識を探すハンター。
      200回以上のコーチングやセラピーを受けたことをきっかけに
      「自分らしく生きることが誰かのためになる」という信念のもと
      Twitterなどで情報発信し、オンラインの勉強会も開いています。
      大好きな家族、仲間とともに充実した時間を共有するのがしあわせです。


私は長年、疑問に思っていたのです。
「やればいい」とわかっているのにどうしてサボってしまうのだろう?

必要に迫られると、やる気になるのに普段は面倒なことを避けようとしてしまう。
このままだと、いつまで経っても「困った状態」を抜け出せない…

そんな時、あるきっかけで
京都にいる師匠から『疲労撲滅ドリンク』のレシピを手に入れました。

そうだ私、疲れてるんだ…
だから思い通りに体が動くようになれば、良い習慣を維持して、生まれ変われるはず!

…あぁ、またこのパターン。

生まれ変わりを夢見て挫折して、落ち込んで今度こそはと立ち上がって
ヒーロー気分を味わうこのパターン。
でも、一度脳が走り出したら止まらないのです。
その日のうちにヤフオクでゴーヤを探し出し、2kgの箱入りを即決。

ワクワクしちゃうんです。こういうの。
良いと思ったこと、成長につながることならなんでも試してみたくなるのです。

食器棚にずらりとサプリやハーブを並べて
使い切れずに期限が切れてしまったこともあります。
飽きずに実験を繰り返していてトホホな経験もたくさんあります。

でも、今回はきっと大丈夫!

ゴーヤ以外は
もともと家で持て余していた健康食品とスーパーで調達できるものだったので
取り組まない理由がありません。

GO!GO!ゴーヤ!

そして、届いた箱を開けると…巨大なゴーヤが、7本。
「こんなにたくさん、どうしよう…」

早速レシピ通りにジュースを作ってみました。
切ったゴーヤと青汁パウダー、春ウコン、
りんご、バナナ、豆乳を入れてミキサーにかけました。

出来上がったジュースを一口飲むと…
おぉ!目の覚める強烈な苦さ。一瞬、心が折れました。

けれど、だんだん、体がシャキッとしてきて、脳がクリアになる感覚。
「これは、続けてみるしかない」覚悟を決めました。

まず、ゴーヤの保存。

全部のゴーヤを縦半分に割り、種とワタを取り出して、
ラップをぴっちり包んでチャック袋に入れました。

これで2週間くらいは大丈夫。

そして、バナナを買い足し。りんごは野菜室に8個もあるから大丈夫。
切った具材を入れるのは、息子の役目。

ジュースを飲みたがっていたのでバナナの分量を多くして、飲ませてみると
「おいしい!」

…少しびっくり。一緒にジュースを飲む仲間が増えました。

ゴーヤが傷んでしまう前に全部飲みきる、と決めて
あとはひたすら毎朝ゴーヤジュースを作りました。

だんだんアレンジが増えておいしい飲み物になってきて、
3週間でゴーヤを腐らせることなく使いきりました。

自分で決めたことが続けられた。これは大きな自信になりました。

大量のゴーヤが届いたことが良い意味でプレッシャーになり、
続けることの後押しをしてくれました。

次回は、地味に毎日続けている習慣その③についてお話しします。


 | ホーム |  » page top