FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

「ナチュラルワインに魅せられて」 第3回

「ナチュラルワインに魅せられて」 最終回
   ~良いワインは造り手の個性が見える~

       小竹 健文(こたけ たけふみ)
1966年高松市生まれ。大学卒業後東京で29年間大手電機メーカに勤務。2018年6月末に退職し、2019年1月高松市でワインバーを開業。既婚。子供2人。JSAワインエキスパート。

 2018年4月、日本海を渡るジェットフォイルで人生2回目の佐渡に降り立った。フランスのジュラでナチュラルワインの天才醸造家として名をはせたジャン=マルク・ブリニョに再会し、ワインバーを開くことを報告するのが目的だ。数年前にふとしたきっかけで佐渡に行き、ジャン=マルクを訪ね、飲ませてもらったワインが忘れられずに、気が付くとサラリーマンをやめてワインバーを開くところまで何かに導かれるようにやってきた。
ジャン=マルクは奥様の聡美さんとともに2012年、ジュラから新潟の佐渡に移住してきた。このニュースはナチュラルワインの世界で驚きとともに広がったそうだ。佐渡はブドウが栽培されたことはないため土壌が健全なうえに、朱鷺(とき)の再生のために田んぼにも農薬がほとんど使われておらず、貰い農薬のリスクが極めて低い。加えてジュラの気候風土と似ているところが多いらしい。子育てを日本で行うことを考えていた夫妻は、このような理由から移住先として佐渡を選んだ。まだワインを造るまでは至っていないが、ブドウ栽培もスタートしている。発想も行動も、過去の自分にとらわれることがない。自由なのだ。
この日、夫妻が営むレストラン「La Barque de Dionysos(ラ・バルク・ドゥ・ディオニゾス)」では、焼き鳥の料理人を招いて小さなイベントが開催されていた。参加者はほとんど地元の方ばかり15名ほど。新鮮な鶏肉だけでなく、地元の名人と呼ばれる方が採ってきた山菜や、参加者が持ち込んだ釣りたての魚も調理されテーブルに並ぶ。ジャン=マルクも上機嫌でどんどんワインを開けてくれる。彼が北海道のナイアガラというブドウから醸したワインである「くまコーラ」の初めてのヴィンテージも、たった600本の生産量の中の数本が抜栓された。沢山の美味しいお料理とワインで、参加者はどんどん盛り上がっていく。そう、ワインは楽しく飲むものなのだ。料理との組み合わせも難しく考える必要がない。

熊コーラ②
クマのような風貌のジャン=マルクが造る発泡ワインなので「くまコーラ」

ジャン=マルクに沢山話をすることができた。高松という街のこと、そこでワインバーを開くこと。ナチュラルワインへの思い、そして彼への感謝。彼は多くを語らず、ニコニコと優しく聞いてくれていたが、一瞬真剣な表情になってこう言った。
「商売なので簡単に売れるワインを置きたくなることもあるだろうけど、妥協してはいけない。本物のワインをきちんと選んで出し続けていれば、時間はかかってもわかってくれる人が必ず増えてくる。我々が、ここ佐渡の皆さんに受け入れられてきたように」
酔いも手伝って、少し泣きそうになるほど心に沁み入った。

ワイン ①
ジャン=マルク・ブリニョと筆者

客席の盛り上がりが最高潮に達したころ、ジャン=マルクが立ち上がり、お店の奥のセラーからごそごそと1本のワインを取り出してきた。彼が皆の前でしゃべり始める。聡美さんが流れるように自然に通訳する。
「みんな今日はありがとう。これは以前フランスで自分が造ったワインだ。何年かかるかはわからないが、日本で、この佐渡でこういうワインを必ずまた造る。それを改めて皆さんに宣言したい。なので、今日皆さんにもこの味を覚えておいてほしい」
そうして振る舞われたそのワインは、優しい味わいの中にはっきりと1本芯がとおっていて、ジャン=マルクそのもののようだった。

自然な農法により育てられたブドウから自然な醸造で造られたワインには、造り手の個性や人となりが見え、これが何者にも代え難い魅力となる。ジャン=マルクの言葉を胸に秘め、造り手の個性が感じられる本物のワインをこれからも高松で紹介していきたい。


小竹さんのお店「C'est bien(セビアン)」の情報はこちら↓
Facebook → https://fb.me/CestbienTakamatsu
Instagram → http://instagram.com/cestbientakamatsu


スポンサーサイト

冬の山で③

冬の山で ③(最終回)

              眞鍋 奈緒子

4歳の息子を山に連れて行くとよく遊びます。そこは斜面なので落ち葉で滑り台をしたり、竹を伐ったものを並べているところで竹にまたがって枝をギヤに見立ててトラックの運転してみたり。

時には竹を運んで火に入れてくれたりと、手伝ってくれます。
泥だらけで洗濯が大変ですが、それ以上にその経験がありがたいです。
友人が芋をホイルで包んでくれて最後に焼き芋したり、がまた楽しいです。
いつか竹飯を竹の火力でやってみたいです。

山という場にいると特に冬は日が短いと感じます。もう暗くなってきたと思って山を下りると平野はまだ明るかったりします。もちろん山にいると日当たりに差があるので余計に寒く感じます。

山に住むというのはやはり覚悟がいると思います。私はまだ山で作業を始めたのが冬に入ってからの2カ月ぐらいなのでこれからもっと寒くなってくるとこの作業ができるかどうかわかりません。
冬は風が強いので諦める日も多く、結局週に一度できればいいぐらいです。
私が住む場所では雪が積もらなくても山では雪が積もることがあるのでもしかしたら春までは山には入れないかもしれません。

つい先日も雪が積もったらしく、行く前には道の状態を確認しないとならない季節です。特に私は車のタイヤをスタッドレスに交換してないので。
そして、春はまだできると思いますが、夏には暑すぎてできないような気がします。その時期にならないとわかりません。

竹を燃やして整備することを覚えた私は車で走りながら竹林を見ながら燃やしたい!あっあそこなら穴が簡単に掘れそうとかそういう目で見てしまいます。

身近な荒れ放題の竹林をこどもと大人の遊び場に開放してくれるなら冬にお金をかけずに遊べるのになあ。私は今は片道車で40分もかけて通っていますが、近くでできたらいいのになあと思っています。
もちろん、友人の住む山ももっとよくなってほしいからまだまだ通いますけど。

子どもとの暮らしを楽しむ講座 ~シュタイナー教育の4つの気質~ 後編

子どもとの暮らしを楽しむ講座 ~シュタイナー教育の4つの気質~ 後編
白石深納子

白石深納子(しらいしみなこ)
栃木県在住。二児の母。栃木にて「クラフトひろば虹の風」を開いているおもちゃコンサルタント。「こもれびの森ライアーの会」創設者であり、仲間とともにライアー演奏や創作人形劇も手掛けている。

 前回はシュタイナー教育の礎となる4つの気質(地=憂鬱質、水=粘液質、火=胆汁質、風=多血質)についてお話ししました。また、ブレイクスルーをしていただいてご自身がどの気質に属しているのかを探っていただきました。
 ご自身の持っている能力や個性を伸ばし、人の役に立てていくことはとても大切です。今回は4つの気質を子育てにどのように生かしていったらいいのか考えてみましょう。

 前回のブレイクスルーでお気づきのように、私たちはどれか一つの気質だけを持っているわけではなく、誰でも4つの気質を持っています。だから、他の人の感情もわかるのです。他の人の気質を感じ取れれば、相手を肯定的に受け入れられるようになるので人間関係もよくなります。
 子育てにおいては子どもを理解する助けになります。まずはゆっくりとお子さんをみてみましょう。
 
○お子さんがほがらかな多血質だった場合
多血質の子どもは、まわりの環境があまりにも退屈でさえなければ、いつも楽しく過ごせて、のびのび成長します。ただ飽きっぽいので、問いかけを工夫し、飽きさせないようにしましょう。

○お子さんがのんびりの粘液質の子どもだった場合
粘液質の子どもはいつもマイペースということを理解しておくことが大切です。親が粘液質的になるようにすると、子どもが自分の粘液質的なかたよりに気づきます。

○お子さんがおこりっぽい胆汁質だった場合
胆汁質の子どもは自分が尊敬できる人を求めています。親もはっきりとした人生の目標を持って生きるようにしましょう。親も何か真剣に打ち込めるものを持つとよいでしょう。

○お子さんがきまじめな憂鬱質だった場合
子どもが悲しみを訴えてきたら、子どもの身になって受け止めてください。そして、その後で、この世にはもっと大きな苦しみがあることを話して聞かせましょう。
 
 「しょうなん 育自の会」の篠秀夫さんの冊子「子どもの育ちと大人の育ち」のNO4.気質の話にもこのようなことが書かれています。
 多血質の子どもを静かにすることを強制すると、不安定になります。見た目は大人しくなりますが、体の具合が悪くなったり、高学年になって荒れてきたりします。逆に「動いてもいいんだよ」という状況の中で育ててあげると思春期になって落ち着いてくるのです。落ち着かない子には無理に落ち着くよう強制します。じっとしている子には活動するように強制します。そしてそれがまた教育だと思っています。でもそれが有効なのは一時だけです。長い目で見ると子どもはますます意固地になってしまうばかりです。

子どもの性格は、気質と育て方と遺伝と環境と運(運命、前世からのつながりも含む)の複作用で決まります。
おかあさん一人で子どもの成長のすべてに責任をとる必要もないのです。また、そのように考えることが逆に子どもの生まれ持った気質を阻害してしまうのです。

 子育てに息詰まったら、まずはこの地上に一人として同じ人間はいないことを思い出しましょう。そして、深呼吸をして、コーヒーでも飲みながら、自分の子どもをゆったりと思い浮かべてみましょう。気質をヒントに客観的に子どもを見つめ、今までとは違った心で、子どもと向かい合ってみたらどうでしょうか。案外心がすっと、軽くなるかもしれませんよ。



子どもとの暮らしを楽しむ講座 ~シュタイナー教育の4つの気質~  前編


子どもとの暮らしを楽しむ講座
~シュタイナー教育の4つの気質~  前編
白石深納子

白石深納子(しらいしみなこ)
栃木県在住。二児の母。栃木にて「クラフトひろば虹の風」を開いているおもちゃコンサルタント。「こもれびの森ライアーの会」創設者であり、仲間とともにライアー演奏や創作人形劇も手掛けている。

シュタイナー教育の基礎:4つの気質とは
 まず、初めにシュタイナーの考えの基礎となる4つの気質についてお話しします。この4つの気質は古代人の基礎的な考え方、地・水・火・風―固体・液体・気体・熱という4つの働きが森羅万象を生みだしているということに基づいています。大自然の中では、一見、液体や気体や熱が全然存在しないように見える石や机や本のような固体の中にもこの4つの気質が入っていると考えます。そう考えて、大宇宙を構成する要素を地・水・火・風と呼びました。同じように人間一人ひとりの塊も地・水・火・風の4つによって成り立っていると考えます。
ヒポクラテスはこの4つの元素の存在を気質と結びつけました。
地=憂鬱質-きまじめ
水=粘液質-のんびり
火=胆汁質-おこりっぽい
風=多血質-ほがらか

4つの気質を学ぼう!
 それでは、4つの気質を学んでみましょう。自分がこの4つの気質のどれにあてはまるのか興味が出てきますよね。そうすると、必然的に私たちは自分に目を向け始め、自分自身を深く知ろうとするようになります。自分自身と向き合うことにより、自分の能力や個性に気づき始めます。そしてその能力や個性をどのように伸ばし、人の役に立てていくのかを考えるようになります。天から授けられた能力はこの地上で伸ばし、人のために使うことが大切です。ただ、持っているだけでは何の意味もありません。

 ブレイクスルー
 ここで一つみなさんの気質について探ってみましょう。
Q1>目の前に壁があったとして、その壁に行き当たった場合、あなたならどうしますか?
1. すごすごと引き返す
2. じっとそこに立ち止まったまま動こうとしない。
3. カッとなってその壁を蹴飛ばす。
4. その壁を平気で乗り越えていって向こう側へ行ってしまう。

Q2>公園のベンチで、自分の大切な帽子を横に置いて座っていたら、誰かがその上へ座ってしまいました。あなたなら、どうしますか?
1. 人生の悲劇を体験した気持ちになる。
2. 何事もなかったようにくしゃくしゃになった帽子をかぶる。
3. 犯罪者に食ってかかる。
4. とりあえずおかしくてたまりません。

シュタイナー1


 あなたはこの表のどの部分に表せますか?あなたがしるしをつけた場所があなたの気質を代表するものと思われます。

 子どもの気質を知ると、少し子育てが楽になるかもしれません。次回は子どもとの暮らしのなかで、気質をうまくいかす具体策を考えていきましょう。
 | ホーム |  page top