FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

「ナチュラルワインに魅せられて」 第3回

「ナチュラルワインに魅せられて」 最終回
   ~良いワインは造り手の個性が見える~

       小竹 健文(こたけ たけふみ)
1966年高松市生まれ。大学卒業後東京で29年間大手電機メーカに勤務。2018年6月末に退職し、2019年1月高松市でワインバーを開業。既婚。子供2人。JSAワインエキスパート。

 2018年4月、日本海を渡るジェットフォイルで人生2回目の佐渡に降り立った。フランスのジュラでナチュラルワインの天才醸造家として名をはせたジャン=マルク・ブリニョに再会し、ワインバーを開くことを報告するのが目的だ。数年前にふとしたきっかけで佐渡に行き、ジャン=マルクを訪ね、飲ませてもらったワインが忘れられずに、気が付くとサラリーマンをやめてワインバーを開くところまで何かに導かれるようにやってきた。
ジャン=マルクは奥様の聡美さんとともに2012年、ジュラから新潟の佐渡に移住してきた。このニュースはナチュラルワインの世界で驚きとともに広がったそうだ。佐渡はブドウが栽培されたことはないため土壌が健全なうえに、朱鷺(とき)の再生のために田んぼにも農薬がほとんど使われておらず、貰い農薬のリスクが極めて低い。加えてジュラの気候風土と似ているところが多いらしい。子育てを日本で行うことを考えていた夫妻は、このような理由から移住先として佐渡を選んだ。まだワインを造るまでは至っていないが、ブドウ栽培もスタートしている。発想も行動も、過去の自分にとらわれることがない。自由なのだ。

この日、夫妻が営むレストラン「La Barque de Dionysos(ラ・バルク・ドゥ・ディオニゾス)」では、焼き鳥の料理人を招いて小さなイベントが開催されていた。参加者はほとんど地元の方ばかり15名ほど。新鮮な鶏肉だけでなく、地元の名人と呼ばれる方が採ってきた山菜や、参加者が持ち込んだ釣りたての魚も調理されテーブルに並ぶ。ジャン=マルクも上機嫌でどんどんワインを開けてくれる。彼が北海道のナイアガラというブドウから醸したワインである「くまコーラ」の初めてのヴィンテージも、たった600本の生産量の中の数本が抜栓された。沢山の美味しいお料理とワインで、参加者はどんどん盛り上がっていく。そう、ワインは楽しく飲むものなのだ。料理との組み合わせも難しく考える必要がない。

熊コーラ②
クマのような風貌のジャン=マルクが造る発泡ワインなので「くまコーラ」

ジャン=マルクに沢山話をすることができた。高松という街のこと、そこでワインバーを開くこと。ナチュラルワインへの思い、そして彼への感謝。彼は多くを語らず、ニコニコと優しく聞いてくれていたが、一瞬真剣な表情になってこう言った。
「商売なので簡単に売れるワインを置きたくなることもあるだろうけど、妥協してはいけない。本物のワインをきちんと選んで出し続けていれば、時間はかかってもわかってくれる人が必ず増えてくる。我々が、ここ佐渡の皆さんに受け入れられてきたように」
酔いも手伝って、少し泣きそうになるほど心に沁み入った。

ワイン ①
ジャン=マルク・ブリニョと筆者

客席の盛り上がりが最高潮に達したころ、ジャン=マルクが立ち上がり、お店の奥のセラーからごそごそと1本のワインを取り出してきた。彼が皆の前でしゃべり始める。聡美さんが流れるように自然に通訳する。
「みんな今日はありがとう。これは以前フランスで自分が造ったワインだ。何年かかるかはわからないが、日本で、この佐渡でこういうワインを必ずまた造る。それを改めて皆さんに宣言したい。なので、今日皆さんにもこの味を覚えておいてほしい」
そうして振る舞われたそのワインは、優しい味わいの中にはっきりと1本芯がとおっていて、ジャン=マルクそのもののようだった。

自然な農法により育てられたブドウから自然な醸造で造られたワインには、造り手の個性や人となりが見え、これが何者にも代え難い魅力となる。ジャン=マルクの言葉を胸に秘め、造り手の個性が感じられる本物のワインをこれからも高松で紹介していきたい。


小竹さんのお店「C'est bien(セビアン)」の情報はこちら↓
Facebook → https://fb.me/CestbienTakamatsu
Instagram → http://instagram.com/cestbientakamatsu


スポンサーサイト

ナチュラルワインに魅せられて第2回

「ナチュラルワインに魅せられて」 第2回
  ~ワインの酸化防止剤~

       小竹 健文(こたけ たけふみ)
  1966年高松市生まれ。大学卒業後東京で29年間大手電機メーカに勤務。
  2018年6月末に退職し、2019年1月高松市でワインバーを開業。既婚。子供2人。JSAワインエキスパート。

【ワインの酸化防止剤】
前回ナチュラルワインの定義で触れたように、ナチュラルワインは醸造において余計なものが極力加えられてない。
日本で売られているワインには国内産、海外産にかかわらず、裏側のラベルに「酸化防止剤(亜硫酸塩)」などの記載があるはずだ。ワイン醸造における酸化防止剤とは、硫黄化合物である亜硫酸塩(以下SO2)である。数千年前のワイン製造に使われたという記録もあり、人体に影響がない量が各国で規定されている。ワインを安定させる効果もあり、そもそもワインのアルコール発酵の過程で微量のSO2が自然に生成される。しかしSO2は確実に香りや味わいに影響を与える。これを良しとせず、ワインはもっと自然なものであると考えるワイン生産者はこれを重視し、SO2を極力もしくは全く使わない努力を行っている。ブドウの栽培においても、醸造においても、リスクが高いにも関わらず。
ナチュラルワインのラベル(エチケット)の例。エチケットにメッセージを表現する生産者もいる。アクセサリーにみえてSO2に×がつけられていたり(次の写真)、
    ラベル

ピエロの頭から出ているものはワインに不要なものが列挙されていて、その中にSO2も記載されている(下の2枚)。

    ピエロ2

ピエロ拡大2

SO2がほとんど使用されていないワインは、温度変化や振動に敏感で、扱いが悪いと本来の香りや味わいが損なわれる。そのため、良心的なインポータは、ワインの生産地から港、国境を越える船内、国内での港から倉庫、倉庫から一般消費者という流通のあらゆる場面で、天敵となる温度変化がない輸送手段を実現している。良心的な生産者、良心的なインポータが連携して、はじめて我々は生産者の手元とほとんど同じ状態のワインが飲める。製造にも流通にもコストがかかる。1本1,000円以内で販売というわけにはいかない。

ところが、日本のスーパーでは「酸化防止剤無添加」という国産ワインが棚に並んでいる。しかも価格は数百円。製造にも流通にも手間がかかるSO2無添加のワインが、人件費も高い日本で、こんな価格で販売できるわけがない。これらのワインは、海外から濃縮果汁を輸入し、日本で水を加えてジュースにしたものに砂糖と培養酵母を加え、加熱殺菌したもので、風味が不自然になり、さらに香料などで無理やり調整しているものもある。M社やS社といった、日本人ならだれでも知っている有名で上質なワインも造っている大手メーカがこういうお酒をワインとして販売しているので、さらに消費者を混乱させている。そして、実際に売れてしまっている。「酸化防止剤無添加」の商業利用だ。

こういったワインと正反対に、真摯なワインの造り手は、試行錯誤を繰り返しながらSO2をほんの少量使用したり、ゼロにしたりしている。結果として、不安定で管理の難しいワインが出来上がったものもある。しかし、こういうワインにこそ、造り手の個性や生き方が垣間見えるような魅力が生まれるのだ。

次回(最終回)は「良いワインは造り手の個性が見える」です。



ナチュラルワインに魅せられて 第1回

「ナチュラルワインに魅せられて」 第1回
  ~ナチュラルワインとは~

       小竹 健文(こたけ たけふみ)
      1966年高松市生まれ。大学卒業後東京で29年間大手電機メーカに勤務。
      2018年6月末に退職し、2019年1月高松市でワインバーを開業。
      既婚。子供2人。JSAワインエキスパート。


昨年6月末に東京で29年続けたサラリーマンを辞め、故郷の高松で小さなワインバーを開くことにした。たった6か月ですごく遠いところに来てしまったような気もするし、元々遠いところに行ってしまっていたのがあるべき場所に戻ってきた気もする。新しい環境に身をなじませながら、こつこつ準備を進めてようやく開店の目途がついた。

 そんな2019年の年明け、勝山晋作さんが亡くなったことをSNSで知った。勝山さんは日本に「ナチュラルワイン」を紹介した先駆者で、日本各地で一度に1,000人を超えるワインラバーを集めるイベントの主催者でもあった。東京の小さなスタンディングのワインバーで2度ほどお話させていただいたことがある。一番記憶に残っている言葉は、
「でもね、ワインを飲みながらワインの話ばかりしているなんてつまらない。」
 当時の自分は、職業としてのワインを意識し始めていたこともあり、ワインの情報を求めていた。いろんなワインの話を勝山さんから伺ったあとで、彼はこう言ったのだ。そう、ワインは難しく考えて飲むものではなく、楽しく飲むものだ。何人かで飲むときは会話を弾ませてくれるし、一人で飲むときは読書や思考を助けてくれる。
新年早々の訃報は、そういう初心を改めて思い出させてくれた。

縮小版5
 勝山さんの最後の著作「アウトローのワイン論」

 この度ムックマムさんより、ありがたい執筆の機会をいただいたので、3回にわたってワインの話を書いてみる。読んでいただいた方が、ワインを飲んでみたくなったと思っていただけたら成功というつもりで。

【ナチュラルワイン】
 そもそも自分がワインバーを開くほど、ワインに深入りしてしまったのは「ナチュラルワイン」に魅了されたからだ。
 ワインは本来、ブドウを搾ったジュースを置いておくと、勝手に発酵が進んでアルコールになったもので、すごくシンプルなお酒である。世界で最初のワインは8,000年も前にジョージアで造られたらしい。
そんな大昔からつい70年前まではずっとワインはシンプルなお酒だった。ところが戦後、農業は大量生産指向となり、ブドウ栽培にも除草剤などの農薬や化学肥料が使われるようになった。農薬により微生物が死んでしまった土壌で栽培されたブドウは病気に弱く、さらに農薬や化学肥料が使われる。農薬を使いすぎると発酵に必要となる酵母も死んでしまうので、人工的に培養された酵母を使うようになる。こういうブドウから造られるワインには力がなく、酸化防止剤もたくさん使われるようになる。悪循環だ。
「ナチュラルワイン」は、この悪循環を断ち切るワインの製造方法であるだけでなく、ある種の思想でありムーブメントだ。でも、もっとシンプルに、長いワインの歴史の本来の造り方に戻ろうというものでもある。つまり、「ナチュラルワイン」を定義すると(1)無農薬で化学肥料を使わず栽培したブドウから、(2)なるべく余計なものを加えず天然の酵母で醸造されたワインということになる。

次回は、ワインの添加物について書いてみたいと思う。

頑張らない生き方 第3回

「頑張らない生き方」③
 
榎田 博文
(えのきだ ひろふみ) 
 1973年 北海道函館生まれ 精神保健福祉士。
 自らが心の病に罹りカウンセリングによって「自分を認めること」 や「思い込みを変える」ことで救われた。
 以来「頑張らない生き方」や「人間関係を変える」ことをテーマに したセミナーや企業研修を各地で開催している。

前回、自身の思い込みにより「率先して苦労を選択」していたとお話しました。
しかしカウンセリングによって更に深い闇の部分が見つかったのです。微かに残る過去の記憶、そして意識していなかった事まで・・・。カウンセラーの誘導により、辛かったこと、悲しかったこと、その時々の年齢や状況に退行させてもらい、再び同じ気持ちや感情を味わいました。

 私の場合は、小学生の頃にいじめられた記憶。友達から馬鹿にされ、仲間外れにされた記憶。目を瞑り、その事を再体験した私はとても悲しくて・・・惨めで・・・横になったまま涙が止まりませんでした。
子ども時代の私は運動も勉強も得意ではなく、その劣等感から構ってもらいたい一心で誇大な嘘をいつもついていました。子どもの世界でいじめるに足る理由が私にはたくさんあったと思います。そして同級生から更に嫌われない為に別ないじめに加担もしていました。カミソリで自身の手首を切ったときの記憶・・・。 ずっと心の奥底に閉じ込めてきた悲しみや罪悪感などの想いが溢れ出してきました。
   
そしてその際、私の潜在的な想いが初めて口から発せられました。
   
「自分には自信がない。自分の価値を信じられない。だから人の2倍3倍頑張らないと認められない。頑張りを止めるのが恐い、止めると一人前として扱われなくなる。ずっと馬鹿にされてきた。いじめを受けた。すごく惨めだった。そんなのはもう嫌だ。もう惨めな思いはしたくない。だから馬鹿にされないために頑張らなきゃいけないんだ。」
  
私が必要以上に頑張ってしまう本当の理由がわかりました。それは「自身への無価値感」です。常に「頑張って」いないと周りから疎外されてしまいそうで恐くてたまらなかったのです。

「頑張り」にはポジティブな頑張りとネガティブな頑張りがあると思います。ポジティブな頑張りとは、自分を進歩させるために目標を持ち、それに向かって努力すること。ネガティブな頑張りとは、自分の中の不足を埋めようと必死になることです。私はネガティブな頑張りでした。しかし自分の無価値感を埋めるための頑張りには終わりが無く、いくら人に認められてその時は充足できても自分を認めない限り、すぐに枯渇してまた頑張り続けてしまうのです。
  
原因を自覚した私は生き方を変えました。まずは自分の気持ちを大事にすること。そして他人優先をやめ、いい人をやめることです。それは私にとって吐き気がするぐらい恐ろしい事でした。仕事を頼まれても心が苦しいなと感じたら「出来ません」と言う。困ったことがあって苦しくなったら素直に「助けて」と言う。全て今まで出来なかった事をしてみました。始めの内は「嫌われたらどうしよう」という恐怖感から呼吸困難になる程でしたが自分本位にした結果、不思議と周りに取り巻く人が逆に増えました。私のギブアップにたくさんの同僚や部下が助けてくれました。私の周りにこんなにも多くの素晴らしい仲間がいたのに、私は嫌われたくない一心から「いい人」の仮面を被り苦しい事も我慢し、認められたい一心から強気の鎧をまとって弱い自分を隠し、助けを拒み、人を寄せ付けないでいたのでした。

今 頑張っていて・・・でも心が苦しいあなた。我慢して自分の気持ちを後回しにしていませんか?
その我慢は周りが望んでいることですか?その我慢は本当に必要な事ですか?
「だって・・・」「~なんだからしょうがない」という気持ちが沸いて来たら一度その理由を疑って考えてみてください。その必要な我慢はあなたが創り出している「思い込み」や「執着」かも知れません。


長くなりましたが、頑張らない生き方とは、「自分を大事にする生き方」です。
苦しくなったら自分が今、どう感じているか?をそっと問いかけてあげてください。

「本当はどうしたいの?」

あなたの心の声に耳を傾けてみましょう。わかってあげられるのはあなただけです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

頑張らない生き方(第2回)

「頑張らない生き方」②
 
  榎田 博文(えのきだ ひろふみ) 
1973年 北海道函館生まれ 精神保健福祉士。自らが心の病に罹りカウンセリングによって「自分を認めること」や「思い込みを変える」ことで救われた。以来「頑張らない生き方」や「人間関係を変える」ことをテーマにしたセミナーや企業研修を各地で開催している。


前回お話しした、自分自身を苦しめてしまう「思い込み」とは一体どんなモノなのでしょうか?
 これを知るきっかけとなったのが、カウンセリングです。カウンセリングの基本は「本人が答えを導き出す」 ことなのでカウンセラーは一切アドバイスをしてくれません。ただただ自分の想いや悩みを傾聴し、「その時どう思ったの?」「どうしてそう感じたの?」と訊いてきます。これがとても大事で、初めは考えるのが面倒であったり、心の表面部分しか感じていなかったり、大抵は「わかりません」と答えます。
 それでもカウンセラーは話に対して何度も質問を繰り返します。そして当事者はその度にひたすら自分の気持ちと向き合うのです。不思議なことに、それを頭で考えているうちは答えが出ず、でも何故だか涙が溢れ出し、時には嗚咽するほど泣いてしまったりします。その感情表出をカウンセラーが温かく受け入れてくれて初めて抑圧から解放され、頭ではなく心から言葉が発されるようになります。

このカウンセリングによって私を縛っていた思い込みが分かりました。
私が持っていた常識は「世の中に楽な仕事は存在しない」「お金は苦労して稼ぐものだ」「働かざるもの喰うべからず」というもの。子どもの頃から何度も言われ続けてきた価値感らしく、それを私は「苦労しなければお金をもらう価値はない」という意味に変換していました。これは表面上では全く意識しておらず、カウンセリングで「なぜ?」「どうして?」と訊かれ続けてようやく出てきた答えです。自分のことなのに、「こんな事を考えていたのか・・・」と驚きました。世の中のスピードが早くなったことで私達は、自分の気持ちを感じ取る余裕を無くしているのかも知れません。

 この「自分の気持ちを感じ取る」ということがこの先の「頑張らない生き方」の大きなヒントとなります。

 さて先ほどの私の価値感「苦労しなければお金をもらう価値はない」。この思い込みにより私は率先して「苦労を選択」していたことがわかりました。そして価値感はその人にとっての正義でもある為、人にもそれを押しつけようとします。当時 苦労至上主義だった私は、定時で帰る同僚や「出来ません」と、いとも簡単に仕事を断る部下に対していつも腹を立てていました。「何でこんなに楽をしている人間が給料をもらっているのか・・・」とイライラ。私はそんな人間には仕事を任せられず、「自分がやるしかない」と大量の仕事をいつでも抱え込んでいました。全てを職場の体質や周りの人間のせいにして・・・。

 しかしカウンセリングではそれさえも表面上の理由でした。更に深いところに苦労を選択する本当の理由が隠されていました。次回はそのことについてお話を致します。 



 | ホーム |  » page top