Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

スタッフ対談 (前編)  健康寿命の分かれ道

ムックマムスタッフ対談(前編)
~健康寿命の分かれ道~

ムックマムのスタッフは、複数の人に同じメールを配送できるメーリングリスト機能を使っての制作会議を行っています。そのメールでのやりとりの中で、時々一つのテーマで盛り上がることがあります。
今回は、そんな中から「健康寿命についての話」が出てきましたので、スタッフ対談としてブログでご紹介いたします。
長寿はいいけどボケたり寝たきりにはなりたくない。でも既に親の世代は、とか、自分だってならないとも限らない、とか、話は尽きませんでした。

A子
健康長寿の分かれ道はなんだろう?って、40歳を過ぎてから考えるようになりました。 

O子
その気持ちよくわかりますね。
私は仕事で老人福祉にも関わっていますが、長寿の秘訣は、幸せなこと。経済的余裕、医療や食事、人間関係や余暇活動の充実していることは関係ありますね。
あんまりお金がなくても仕事にあくせくしていなくて、充実した人生を送っている人も長生きしてる。
くよくよしないのも大事ですよね。
些細なことでも幸せと思えて、感謝して生きることも大事。
まあ、長生きがすべてでなく、幸せだったと死ねる人生を送ることが大事ですけどね。

E子
私が義母と30年近く一緒に暮らしてきてわかるのは、老いきてからの姿って、それまでの信念とか生き様が滲み出るというか、その人となりの集大成なんだなということです。
うちには近所のお年寄り仲間が集ってお茶をしていくのですが、一番元気なのは、とても前向きな93歳のおばあさんです。今でも2キロ離れたスーパーに大人用三輪車に乗って出かけるんですが、自分より年下のおばあさん仲間に声をかけて注文を取ってまわり、みんなの分まで買い物してきてくれるんですよ。お礼を言うと「いや、自分の(健康の)ためだから」と。

うちの義母は人をアテにしてばかりで、メガネ(老眼鏡)をかければ自分で読める文字も、「めんどくさい」と人に読んでもらうような人でした。この性分は今も変わらず、日々何もしようとせず、毎日テレビの前にじっと座っているだけの人生です。楽しいか聞いたことがありますが、楽しくないって。温泉や買い物に連れて行っても、「誰かのお世話にならないと生きられないんだから当たり前」と思っているようす。
私は義母みたいには絶対にならないと決意させてもらって、そういう意味では私にとってとてもご縁のある人であることには間違いないですね。(笑)

O子
一人暮らしの高齢者は元気な人が多いですよね。それは、なんでも自分でしているからかもしれませんね。
でも、一人暮らしでもやっぱり認知症にはなります。
小さいことでも幸せに思って、楽しく、感謝して暮らすことは大事だけど、認知症には負けちゃうのかなといつも考えます。
私にとってはやっぱり認知症にならないことが人生のテーマだなあ。

S子 
私も認知症にならないことがテーマだな。よく笑う人、おしゃべりな人は認知症になりにくいと聞くので、私も最近それを意識するようになってきたよ。よく笑うこと、おしゃべりすることって私にすごく足りないことだと危機を感じていて・・・。
今までは何の気なく人と会話出来ていたんだけれど、その内容を振り返ってみると、噂話であったり、愚痴ではなかったかな?と思うようになって。そういうのってマイナスなことだから、やめようと思ったら、何を話したらよいのかわからなくなってしまって。

あと、そもそも人とあんまり話さないもんだから、大爆笑をすることもほとんどなく・・・で、仕方がないから、落語でも聞いてみるか~~という心境になっているかな。
会話については、意識しすぎて何話そう??となるので、ほんまに年老いたら、人工知能のロボットでも居間に置いて話し相手をしてもらうしかないか・・・と考えたりしている次第です。

前編はまず、この辺で。次回もお楽しみに


スポンサーサイト

ありのままコミュニケーション 第3回(最終回) 

ありのままコミュニケーション講師 井上裕香

人にとって、共感はそれなしには生きていけない酸素のようなものかも知れません。共感がない時、人は苦しくて、そこから逃れようとありのままの事実、感情やニーズを見つめる余裕を失い、暴力的な言葉や冷たい態度で接してしまいます。私は、共感と同意を別のものだと考えられれば、共感はもっと簡単になると思っています。

例えば、Aさんと二人でお花見に行ったとします。冷たい風が吹く日でした。あなたは寒さには強いので風は気にならず、美しい満開の桜に感動しています。一緒に行ったAさんは顔をしかめて「寒い~!」といいました。そこであなたはどう言い返しますか?
①共感するし同意する そうだよね、風が冷たいし、寒く感じるかもね。大丈夫?
②共感するが同意しない 風が冷たいから寒く感じるのかな?でも、桜が満開だよ、一緒に花を楽しもうよ。
③共感しないが同意する 桜が満開できれいだよ。せっかく来たんだから楽しもうよ。でも風は昨日より冷たいかもね。
④共感も同意もしない   これくらいで寒いとか言わない。ほら桜が満開できれいだよ。気にしないで花を楽しもうよ。
Aさんは、実は体調が悪かったけど無理して来ていたとして、①~④までを言われたとしたらどうでしょう。①なら安心して体調が悪いことを言えますね。②では体調の悪さを説明し、あなたの気持ちも分かってくれるかもしれません。でも③④では我慢して、早めに切り上げて帰ろう、という気になるかもしれません。③では一応寒いという言葉に同意はしてもらっているけれど、やはり冷たい感じをうけてしまいませんか?③④の返答は、Aさんの言葉が自分の気持ちを否定している、もしくは無視していると、無意識の中で評価/解釈していると考えることもできます。

①②ではまず相手の言葉をありのまま受け止め、その言葉がなぜでてきたのかを想像しています。ありのまま受け止め、そのありのままがどうしてそうなったかを想像することが、共感だと私は思っています。①の返答は相手と親密な関係でないと難しいでしょう。でも、②の返答は、まず自分に共感し、ありのままの感情とニーズ(例えば、喜びを共有することを大切にしたい)に気がつけば、多くの場合で可能だと思うのです。
よくコミュニケーションはキャッチボールといいますが、私たちは、キャッチボールをしているつもりで、いつの間にかドッジボールのようなやりとりをしていることがよくあるのではないでしょうか。そして無意識の判断での、すり替わった感情を相手にぶつけることは、ドッジボールになってしまうのです。
激しい感情が起こっている時にも、自分のありのままを受け止め、どうしてそうなったのか想像できれば、自分がやろうとしているゲームがドッジボールかキャッチボールかを判断することができます。もしそれがドッジボールなら、相手が場外に消えてしまったり、相手から激しい球が返ってくるのはむしろ自然なことでしょう。自分に対してもドッジボールのような球を投げて、凹んでなかなか立ち上がれなくなってしまうこともよくあることかもしれません。 

 コミュニケーションのキャッチボールも、実際のキャッチボールと同じく、練習しないと上達しません。受け取りやすい球や、ミットを用意する必要もあるかもしれません。時々変な方へ飛んで行く球や、変な方向から飛んでくる球を楽しみながらやりとりできるようになるために、自分の使っている道具の種類や、力の入れ方を分かるようにするのが、ありのままコミュニケーションの4ステップの使い方の一つです。

※ありのままコミュニケーションの連載はひとまず終了いたしますが、また不定期で連載を掲載する予定です。どうぞ楽しみに。


ありのままコミュニケーション 第2回(3回連載) 

ありのままコミュニケーション講師 井上裕香

今回はありのままコミュニケーションの4つのステップについて説明させていただきます。

①観察   ありのままの出来事に、無意識に自分なりの評価/解釈を重ねており、それについて腹がたったり、悲しんだりしていることがよくありませんか?例えば話しかけても返事がなかったという事実に対して「私を大切に思っておらず注意を払っていない」とか「私を見下しているから、それを思い知らせようとしている」というふうに。人は、常に言葉や態度に対してその原因を自動的に判断しており、注意しなくてはそれに気づけないという思考の特性があります。

②感情 ありのままの事実をみることができれば、ありのままの感情が、いつも自分が感じていると思い込んでいるものと違う時があると気づくかもしれません。返事をしてくれなかったことにムカッとした、と思っていたけど、実はもっと自分に注意をはらってほしくて悲しかったのかもしれない。相手に見下されたことが悔しいと思っていたけど、実は見下された自分に自信が持てなくて不安、だったのかもしれない。意外なほど、ありのままの感情が「すり替わった感情」として感じられていることがあるのと思うのです。

③ニーズ NVC(Non-Violent Communication=非暴力コミュニケーション)では人のすべての言動は、満たしたいニーズがあること、または満たされたニーズがあることを表現するために行われているとされています。そしてニーズはありのままの感情の源となっています。例で、注意を払ってもらいたい、悲しいと思うのは、「尊重」や「思いやり」というニーズを大切にしたいからかもしれません。自信が持てなくて不安なのは、「信頼」や「サポート」というニーズを大切にしたいからかもしれません。

④リクエスト
 言葉かけや行動の段階です。普段はここで、すり替わった感情にふりまわされていることがよくあるのではないでしょうか。ムカッとしていると感じている自分に「なんでムカッとしたんだろう。そのニーズは何か教えてくれる?」と聞けると、ありのままの事実とありのままの感情に気がつけるかもしれません。そうできれば、相手を一方的に非難することをしないですむでしょう。相手に、「返事をしてくれないと信頼されてないと感じて不安になるんだけど、あなたは今やっているゲームを楽しむことを大切にしたい?」と声をかけることができたら、返事をする、しないで対立するのではなく、あなたの感じていることについて、話し合う時間がもてるかもしれません。

簡単に4つのステップを説明しましたが、これを読んで「理想はわかるけど、腹が立ったり悲しいときに、そんな冷静なかかわり方ができるわけない」「自分はそんなできた人間じゃないから難しい」などと感じていませんか?私は、その大きな原因の一つが「共感」が足らないからだと思っています。次回はその共感について説明させていただきたいと思います。そして、「ニーズ」の小さなリストをあげておきます。ニーズはもっとたくさんのものがありますが、揺れ動く自分のこころが、ありのままの状態ではどんなことを大切にしたいと願っていて、どんな感情を味わっているのか、そして自分を揺れ動かす他人のこころの中にあるのがどんな感情で、どんなことを大切にしたいと思っているのか、それを考えることができれば、世界がちょっと違った見え方をするかもしれません。

◎ニーズのリスト
愛情・思いやり・気づかい・尊重・平等・サポート・遊び・喜び・貢献・成長・参加・学び・信頼・理解・安全・安心・誠実さ・嘆くこと・独立・選択・自由など

◎感情をぶつける前に、ニーズを言葉にする
「私が(怒り・悲しみ・喜びなど)を感じているのは、○○を大切にしたいから。」


もしかしたら人生は あべこべ

もしかしたら人生は あべこべ②                 佐々木康行

せっかくの人生ですから自分らしく生きて行きたいと皆さん思われていると思いますが、多くの場合、自分の中に話す自分と、行動する自分と、本音の自分が存在していると思います。この3名が同じ方向で働いている時は自己矛盾が無いので良いのですが、それぞれがバラバラに行動すると、その不調和から体調を崩してしまう方がいます。例えば みそラーメンが食べたい時にラーメン屋へ行き、みそラーメン下さいと言えば みそラーメンが食べられます。ところが友人から「ハンバーガーショップへ行こう」と言われて「チーズバーガー下さい」と言えば、食べられるのはチーズバーガーです。ここには自己矛盾が発生しています。

自分が何をするためにこの環境に生まれて来たのかを知るためには、自分探しをする必要がありますが、その答えはスマホを使っても探せません。評判の良い占い師やヒーラーから教えてもらう事を欲する方もいると思いますが、その時に得た情報を信じるかは、最終的に自身の感性になるかと思います。私はそれよりも、答えを外に求めず、静かに自分の内なる声を聴けば、自然とわかる事かと感じています。

自分と向き合う時、それを妨害するものは、これまでの生活の中で自分を守るために身につけている鎧や武器や仮面です。これらの道具をその時々に使い分ける事で、現代人は上手な世渡り術を身につけています。例えば、親の前ではこの仮面をつけているような感じでしょうか。自分探しをする時には、他人から邪魔されない絶対的な安全地帯となる場所と時間を作らなければ、怖くてこれらのものを手放す事は出来ません。そして自身の役割がわかったら、それに集中するだけです。

例えば、オーケストラのバイオリンの役割は、指揮者の合図に合わせて、その時に出来る最良の音を最適なタイミングで奏でる事だけに集中したら良いのですが、チェロの音がズレたとか、フルートが間違えたとか、指揮者の能力が無いとか他人の事を気にする事で、自身のパフォーマンスへのパワーロスとなります。本来ならばチームメイトの事を信じ切る事で、自分の事だけに集中出来ます。その結果、最高のハーモニーがつくり上げられます。

自身の役割がわからない時は、目の前の事を一つ一つ誠実に対応して行けば必ず道は開けます。例えば、自分はハンバーガーショップの店員としましょう。自分の前にお客様が100名並んでいたとしても、後ろのお客様が「早くしろ」と怒鳴ったとしても、レジでの応対は、目の前のお客様へ普段通り誠実に接するだけです。あとは時間が解決してくれます。

私達は生活していく中で、良い事も悪い事もお互いに影響を与え合います。目の前で起こる体験の中には、その方にとって気づいて欲しいと思われる様々な課題が必ずそこに隠れています。人生に無駄な事などひとっつも無く、全てに意味があります。全てが必要、必然、最良のタイミングで起こっています。そして転びながらでも気づく事が出来れば良いのですが、転んでも気づけなくてその場から脱け出せない時や、同じ場所で何度も転んでしまうこともあります。そういう時は、結果に惑わされないで、原因の根っこのところを見極めると理解する事が出来るのかと感じています。 

 他人の痛みを我が事として感じる事が出来る方々は、他人の経験を通しても気づく事が可能です。そしてそんな方々には、自分と他人との分離感も無いのです。

第3回(最終回)につづく・・。

 第3回 肌からココロに伝わるメッセージ 

子どもへのマッサージとオキシトシン

高野義隆 たかのよしたか
理学療法士。市内の病院でリハビリ業務に従事するかたわら、『ふれる』ことの大切さやカラダのケア方法をセミナーやブログで発信中。小学6年生と1年生、2人の娘の父親。
ブログ:オキシトシン・マッサージ  ~肌からココロに伝わるメッセージ
http://ameblo.jp/koharu5088



親である僕は特に意識せず、食べて、動いて、寝ていても、子どもって勝手に成長していくでしょ。そう思っていました。
だって自分自身がそうだったから。
でも違うんです。何が違うか?
一言でいえば環境なんです。

温度管理された環境。歩かなくても・動かなくても済む環境。危険がないように管理された遊び場。夜20時を過ぎても営業しているお店たち。安価ですぐに手に入る食べ物。
こういう環境で子ども達は生活している。そう意識することが大切なのだと気づいたのです。
家を一歩出たら自然環境があった30~40年前とは違うということなのです。
じゃあ気づいて、何をしたか?
無理にやっても自分がストレスだって分かってましたから。
まず、子どもの寝る時間を一定にしようと決めました。
睡眠の大切さはいろんなことで言われてますが、カラダとココロの修復には、睡眠以上にベストなものはないと思っています。
食べ物や運動も大切ですが、まずは睡眠を重視しました。
でもね、子どもって全然寝ないんですよね(笑)。
寝ようと言っても、【あそぶ、ぐずる、さわぐ】・・・・。もう、大変でした。

そんなある夜、僕は妻にマッサージをしてました。
そしたらそれを見た長女。『ママばっかりずるい。私にもして』と。
う~ん。めんどくさいなあ。と思いながら、いいよ、じゃあ布団に寝てみそ。と言って、ゆるゆるっとマッサージしてあげました。
2~3分程度。そしたら・・・・。あれ・・・・・?
寝てるし(-_-)zzz (こらこら、歯磨きまだですよ)。
これは、使える!!

それからです。毎日『さあ~、マッサージしますよ~』と言って、寝かしつけが始まったのは。
長女が寝る前に帰宅できた日は、毎日マッサージをしてあげました。
そして、おおよそ同じ時間に寝ることができてきたなぁと思ったある日、ふっと気づくのです。『あれ、なんか長女とすごく仲良くなっている!』
どうして?と思って調べてみると、マッサージによって、【オキシトシン】というホルモンが分泌されるということが分かったのです。
オキシトシン。
従来より、妊娠と出産を促進するホルモンとして、産婦人科領域ではメジャーなホルモンでした。陣痛促進剤として使われています。
それが21世紀に入って、【オキシトシン】は他人との信頼関係や社会性の維持に役立っていると相次いで報告されたのです。
今や、【オキシトシン】は愛情ホルモン・絆ホルモンとして注目されています。
そしてその【オキシトシン】。マッサージによって、受ける側だけでなく、マッサージする側にも分泌されることが分かっています。
同じ時間に子どもを寝せるために始めたマッサージ。実は親子の関係を密接にする効果があったのです。

さて、肝心の長女の肩コリ。どうなったか?
小学校2年生になった春くらいに、
僕『あれ、最近肩痛いって言わなくなったね』
長女『そうだっけ』・・・・・。完治。
けろっとしたもんです。
いまだに、何が効果があったかは分かりません。
寝る時間が一定になったからか?
マッサージしたからか?
たまたま治る時期だったか?
いずれにせよ、肩コリのおかげで親として、いろいろ考えることができました。
その点では、感謝しています。

近年、カラダに『ふれる』ことには、様々な良い効果があることが分かってきています。この連載によって、子どものカラダに触れることって、すごく大切なことだと気づいてもらえたら、とっても嬉しいです。
ありがとうございました。
 | ホーム |  » page top