Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

寄り道小道

<寄り道小道>
小林秀雄とホンモノを見分ける目

ムックマム代表 小林あゆみ

一人だけ好きな文筆家を挙げるとしたら、小林秀雄になる。
大学入試の評論文で、最も出題回数が多いらしい。
実際、長女のセンター試験のときにも出題され、
ああ、これでまた小林秀雄嫌いの日本人が全国に何十万人と
増えたなあと、苦笑してしまった。

かく言う私も、高校生の時は洟もひっかけなかった。
それが大学生になり、国文科の担当教官があんまり毎度毎度の
講義で小林秀雄批判をするものだから、
かえって小林秀雄に興味を持つことになり、
遂に本を手にとって読んでみることになった。

すると、いきなり面白い。
深いところで感じていたものを、まさに見事に言い表してくれていた。
雲は晴れ、さわやかな気分になったのを憶えている。

小林秀雄から学んだことは数え切れないけれど、
その後の人生において最も役立ったのは、
ホンモノを見分ける目を持つということだった。

「みんな違ってみんないい。」
たしかにそれはその通りだが、そのことと、
ホンモノとそうでないものがあるということは別問題で、
この世にホンモノと呼べるものは、やっぱりあると思う。

好き嫌いとか、正解不正解ではなく、
人間が深いところで共有している、
解釈や分析を越えたところにある何か。
正しい選択はないとしても、選択がホンモノであるかどうかはあるように。

「なんでもあり」、「答えはない」、「ゆるくていい」・・・。
いろんな考え方やいろんな物があっていい。
どれにも一理、一利はあるし、現実の場面で役立たせればいいと思う。

でも、しばしば私は自分に問いかける。
小林秀雄なら、これをどう捉えるだろうかと。
この出来事、この商品、この考え方、この風潮・・・
本質的な価値を見定められるのは、情報量でも分析力でもない。

ホンモノに触れ、感じること。
頭の中の余計なおしゃべりをやめ、知識ではなく感覚を磨くこと。
その体験の積み重ねから、
少なくとも「ニセモノ」は見えるようになる。

小林秀雄が教えてくれたこんなヒントから、
私は、雑然とした日々の中でふと、
「ホンモノだろうか?」と問いかける習慣を持つようになった。

そして30年近くたち、今ならわかる。
「ホンモノ」の対義語は、「ニセモノ」ではなく、「薄っぺら」なのだ。 
スポンサーサイト

寄り道小道 「好きなことをして生きる法案」

 もし、国策で、好きなことをして生きることが義務化され、それに従っていない人には懲罰が下ると議会で採決されたら、みんな何を始めるのだろう…なんてことを考えると、空想が拡がる。灰色のスーツに身を固めていた銀行マンが、ロン毛にアロハシャツでウクレレを弾き始めたり、カタブツの学校の先生が、キンキンの金髪にピンヒール履いて踊り始めたり、そんなことが起こらないかなあ。

 誰もが好きなことを始めたら社会は統制がとれなくなるだろう、と考える人もいるけれど、収まるところに収まってしまえば、案外うまくいくのではと想像してみたりする。地方で農業をやりたいという都会の人達は今や珍しくないし、例えば高収入が得られるなら漁業だって林業だって本当は楽しそうと思っている人は結構いるのではないかな。先日見たDVDでは、一流大学を出たインテリのお兄ちゃんが「本当は仙人になりたかった」という理由で山のキコリになり、炭を焼き、里に降りては環境問題を説いて暮らしていた。

 勉強も運動もダメだけれど、文化祭のクッキー焼きだけは大活躍でモテたという男子(今はオジサン)を知っている。彼は後に料理人になり、たくさんの人を喜ばせて毎日楽しそうに暮らしているが、もし会社員や公務員になっていたら、彼個人だけでなく職場やもっと言えば社会全体の損失になっていたことは間違いない。

 人間、好きなことをする時のパワーはすごい。周りから見ると、奴の頭の中どうなってるんだろう的な圧倒的質の差がある。ということは同じ時間の労働でも、このパワーが使われている方が生産効率もはるかに高く、品質やサービスもはるかに良い。ところがもったいなくも現実には、好きなことを仕事に選ぶ人は少なく、収入や安定など「条件」から選択することが普通になっている。

 好きなことをして生きる。よく考えたらこんなシンプルで簡単なことってない。自然の理にも適っている。それが難しいと感じるのは、子ども時代から「好きなことをして食っていくのは現実的でない」と思い込まされる言葉を限りなく浴びて育つからだろう。

 好きなことをした方がより社会に貢献できる。自分も楽しいし健康でいられる。もっと言えば、好きなことに打ち込んでいる人の方が人の足を引っ張らないものだし、陰口やら嫉妬やら無駄なことに時間を費やさない。好きなことをして生きるのは、人として義務と言っていいくらいだと思う。早く日本でそういう法案が通らないかなあ。

                                                        ムックマム編集長 小林あゆみ

寄り道小道 ブログ編その1 ムックマム編集長 小林あゆみ

『ムックマム』を始めたのは今から16年前。
始めたきっかけは?と、ことあるごとに聞かれたものだけれど…
実のところ成り行き、「行きがかり上」ってやつだった。
当時は玄米を食べたり、合成洗剤を使わないというライフスタイルは
まだ珍しく、ちょっと特殊な世界のように思われていた。

変人扱いに耐えながら細々とそういう暮らしをしている人は
それでもあちこちにいて、数が少なかった分、すぐにつながりあった。
そして、我が家にはそんな人物がぞろぞろ出入りをしていて、
一品持ち寄りの食事会やミニ料理教室をして楽しんでいた。

そんな中、ムックマム創立メンバーの一人となったEさんがある時、
「ここで話に出てくる情報を私達だけで占有するのはもったいない」
と言い出した。「集めて雑誌を出しましょうよ」と。
その手の自然派情報誌は既にあって私も購読していたし、
なにも私らが作らなくても…と、乗り気でなかったのに、気づくと始めていた。

作ってみると、私達が作ったものはやはり私達の色彩が出て、
以前からあった情報誌とはまた違ったものが出来上がった。
時々評される言葉を引用すると、ムックマムは「バランスがいい」らしい。
食生活も玄米菜食一辺倒ではなく、日本の伝統的な食文化をというあたりだし、
子育てやライフスタイルの提案も、お決まりの型というのがあるわけではない。
それでいて世間一般に広く取り上げられているスタイルとは根本的に違う。
そこらへんを好んで下さる方達が購読者となって読んで来てくれたようだし、
スタッフも価値観の近い人達が集まった。

でも、私達の態度は、時として判断の曖昧さと受け取られることもあり、
信念なき情報提供と指摘を受けたこともある。
ただ、これは私達の方針でもあった。
教条を掲げる情報誌にはしたくなかったのだ。

何事もそうだけれど、固定した物差しがあれば判断は容易になる。
これはいい、これは悪い。これは正しい、これは間違い。
目から鱗が落ちるような素晴らしい考え方に出会うと、
それを自分の物差しにしたい衝動にもかられる。
でもあえて自分の五感で感じ、自分の頭で考えることを選びたい。
最終的に、他の誰かと同じ考えに落ち着くにしても、
生身の自分を通して出した答えでなければ、どこにも行きつかないからだ。

ナチュラルライフとか自然派生活というのは、ともすると
「良し悪し」論に陥りやすい世界。そうでないと雰囲気だけのナチュラル、
あるいはファッションとしてのナチュラルで終わりがち。
そのどちらでもなく、幅を持った考え方やり方の中から一人ひとりが
自分の立ち位置を手探りで見つける、そういうものであって欲しい。

矛盾するようだが、「答えはある」と私は思っている。
ハンバーガーとラーメンばかりの食生活と、手作りされた伝統食との違いは、
嗜好の違いというだけで済ませられるものではない。
ただ、個人差も幅もあるその答えを、各自が自分の思考と体験を通して見つけ出して欲しい。
本当にいいものを感じられる五感と教条に飛びつかない知性を育てて…。
この両翼があってバランスは取れるのではないかと思う。

さて、これからはブログでのムックマム展開です。
読んで下さっている皆さん、
「インプット」ばかりでは自分の中が詰まります。
是非、「アウトプット」に、このブログをご利用下さい。
原稿のご意見、ご感想はもちろんのこと、日常のあれこれや
多くの人に伝えたいお話など、何でも歓迎です。
ブログ上でのコメントの他、投稿原稿も募集しています。
(投稿原稿についてはメールでお問い合わせ下さいませ)。
旅は道連れ、一緒に歩んでまいりましょう。
 | ホーム |  page top