FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

歯の治療相談Q&A 第3回(最終回)


小学3年生のお子さんを持つお母さんが、歯科医師の黒沢誠人先生に質問をしました。
他の方にもお役に立つと思い、記事として紹介させていただくことになりました。
今回で最終回です。


回答者 黒沢誠人先生(くろさわ歯科院長)

●先生
もし、本当にだらだら食べていないとすれば、ひとつだけ、思い当たることがあります。お口の中を拝見していないので、確かなことは言えませんが、もしかしたら、乳歯と乳歯の間に空隙ができていて、そこに食べ物が詰まりやすくなっている、ということはないでしょうか。

永久歯へ生え替わる時には、アゴが大きくなってきますから、乳歯と乳歯の間に隙間ができてくるのが普通です。隙間が中途半端だと、ちょうど食べ物がはさまってしまいます。食べ物がはさまって、とれない状態で放置することは、その場所が、常時「食事中」となってしまっているのと同じです。

学童でおやつに出るお菓子が、乳歯と乳歯の間にはさまって、そのままになっていたら、むし歯になっても無理はありません。その場所は、お菓子をだらだら食べ続けているのと同じことになりますから。お母さんからみて、その点はいかがでしょうか。

◆質問者
乳歯のすきまは、ほとんどないように見えます。うちでは、だらだら食べていませんが、習い事やお友達といる時間にそういうことがあるのかもしれません。もう少し注意して様子を見るようにしたいと思います。デンタルフロスは続けた方がよいでしょうか?

●先生
もし、歯と歯の間に、食べ物がつまってしまうようなら、デンタルフロスを使うことをお勧めしますが、あまり神経質になる必要はないでしょう。永久歯に生え替われば、自然とつまらないようになりますから。

◆質問者
ありがとうございました。

●先生
こちらこそ、なんだかピントはずれの回答しかできず、申し訳ありません。いずれにせよ、今までむし歯にならなかったのですから、それほど大きな問題はないでしょう。もうすぐ、すべての歯が永久歯に生え替わると思いますので、引き続き食習慣に気をつけて生活を続けてくだされば、と思います。


スポンサーサイト

歯の治療相談Q&A 第2回


小学3年生のお子さんを持つお母さんが、歯科医師の黒沢誠人先生に質問をしました。
他の方にもお役に立つと思い、記事として紹介させていただくことになりました。

回答者 黒沢誠人先生(くろさわ歯科院長)

●先生
飲食の回数が、どうしてむし歯の発生に関係があるかと言うと、カロリーのあるものを飲食すると、口の中の細菌に栄養が補給され、活動を始めるからです。細菌の中には酸を出すものがいて、これらを総称して「むし歯菌」と呼んでいます。この「むし歯菌」は、飲食後、30分程度活動を続けますので、なにかしら飲食をすると、その後30分間は、歯の表面が酸性となって、歯の表面からカルシウムが溶け出してしまう状態が続きます。
30分程度経過すれば、活動は止み、今度は唾液によって、歯の表面はアルカリ性に戻ります。アルカリ性になると、カルシウムが歯の中に入り込み、歯の表面は、再び堅さを取り戻します。

頻繁に飲み食いしていると、歯の表面はずっと酸性のまま、ということになり、むし歯が多発してしまいます。逆に、間食が少なければ、歯の表面がアルカリ性になっている時間が長いので、むし歯にはならない、ということになります。

歯を磨いても、むし歯菌の活動を止めることはできません。いったん、活動が始まれば、30分程度は活動を続けます。「甘いものを食べても、すぐに歯を磨けば大丈夫」というのは、誤りです。なにを食べればよいか、ということではなく、どう食べればよいのか、ということのほうがずっと重要です。息抜きに、おやつを食べることがあっても、ダラダラとさえ食べなければ、大丈夫です。たまにスポーツドリンクや炭酸飲料を飲んでも、それだけでむし歯ができるということはありません。

◆質問者
歯が弱い体質とか唾液の量が少ないという可能性はないでしょうか? 

●先生
歯が弱い体質という人は、基本的に存在しませんが、もし仮にそうだとしたら、今までも、頻繁にむし歯になっていたでしょう。唾液の量には、確かに個人差がありますが、病気でない限り、唾液の量が少ない人でも食生活の習慣に誤りがなければ、むし歯に苦しむことはないと思います。

第3回(来週)につづく


歯の治療相談Q&A 第1回


小学3年生のお子さんを持つお母さんが、歯科医師の黒沢誠人先生に質問をしました。
他の方にもお役に立つと思い、記事として紹介させていただくことになりました。

回答者 黒沢誠人先生(くろさわ歯科院長)

◆質問者 
娘の相談です。小学3年生です。永久歯が1本、乳歯が6本むし歯と診断されました。
学校の検診ではひっかからなかったのですが。
食生活はとても気をつけている方だと思います。ただ児童館に通っているので、
そこでのおやつは、ちょっとよくない物も食べているかもしれません。
治療をした方がいいかどうかと、今後、何に気をつければいいのか教えて下さい。
かかりつけの歯医者さんの勧めでデンタルフロスも使い始めました。

●先生 
学校の検診ではひっかからなかったのに、歯科医院に行ったら、むし歯と診断されたのですね。だとすれば、それほど重症ではない、ということになりますね。
小学3年生だと、乳歯はまもなく生え替わるので、積極的には治療しなくても大丈夫なことが多いです。具体的には、穴が空いていたら、そこだけ詰める。穴があいたままだと食べ物が詰まり、むし歯はどんどん進むことになりますから、それは治療しておいたほうがいいでしょう。

でも、穴があいてない乳歯は、3年生だと詰めなくても大丈夫なことが多いです。でも、経過観察は必要ですよ。もっと言うと、歯科医師との信頼関係が大切です。信頼していない先生に、「むし歯だけど大丈夫」と言われても、不安がいっそう強まるだけでしょうし。責任感のある信頼できる先生に、きちんと経過観察をしてもらうことが理想です。でも、永久歯のむし歯は、きちんと治療したほうがいいでしょう。

むし歯になったのには、理由があります。理由がわからないと、またむし歯になってしまいます。頻繁になにか飲み食いしている、ということはないでしょうか。デンタルフロスは、歯と歯の間に詰まった食べ物をとるには有効ですが、それだけでむし歯を予防することは難しいと思います。

◆質問者
頻繁に飲み食いですか…。家ではそんなことはないと思いますが。夕飯が長くなっても1時間以内です。食後は、果物を食べることが多いのですが、それは関係ありますか?
学童では、甘い物を食べますが、ダラダラ食べさせてはいないと思います。学童の遠足や子ども会の行事の時にはダラダラと食べている可能性はありますが、行事の頻度は少ないです。ただその時に、ペットボトルをもらうことがあり、いつもは飲まないスポーツドリンクとか、たまに炭酸とか飲んでいます。

●先生
飲食の回数が多いと、いくら歯を磨いても、むし歯はできてしまいます。逆に、飲食の回数さえコントロールできれば、歯磨きをおろそかにしていたとしても、むし歯はほとんどできません。永久歯が1本、乳歯が6本ということですから、なにかしら、食習慣に問題があるのでは、と考えます。

第2回(来週)につづく


宮下農園 野菜通信 その2 大根編

宮下農園 野菜通信 その2 大根編
自家製で一年中食べられる野菜は、何でしょうか?うちの場合は、さつまいも、じゃがいも、かぼちゃ、加工したものを入れると、ずいき、山菜、タケノコ、そして大根。

 春が来るといつもこの夏から秋に作る野菜の種を注文します。大根は二種類。生食や煮る用の青首とたくあん用の干し大根。お盆過ぎに、一箇所に付き5個くらいの種を落とし、保湿と雨よけに茅をかぶせます。最終的に、青首は100本、干し大根は400本になるくらい植えます。

 今年は、本葉が出てしばらくした頃、義父母が旅行で留守にしていました。それを狙ったかのように、虫が大量発生しました。手で取ってはつぶしていましたが、2、3日どうしても見に行けない日があり、その時にだいぶ食べられてしまい、苗がすごく弱りました。帰ってきた義母が消毒して虫がいなくなると、次の日から葉が生き生きと元気になりました。その後は順調に成長し、少しずつ間引きし最終的に二本立てにしました。

11月の中旬過ぎ、家族総出で大根を収穫しました。一人がスコップで掘り一人が抜く。もう一人は、悪い葉をとり、泥を落とす。もう一人は、それを15本ずつしばり車庫まで運びざっと水をかける。たくあん用の大根は、細長く折れやすいので注意して扱わなくてはいけません。ところが、義父が外回り掃除に使う強力なクリーナーで水をかけてしまい、泥はよく落ちるけど、大根に横ヒビがたくさん入ってしまいました。畑では縦ヒビはあったけど、横ヒビは無かったからクリーナーはやめて普通のシャワーにしてほしいと頼んでも、義父は、大根の実が入っているからだと満足そうでした。私や義母は、それを聞いて、もうこれ以上言っても聞かないとあきらめました。

 午後は、一人が水をかけて、一人は本格的に洗い、もう一人は2~4本で縛り、もう一人が干し場まで運び、順々に干していきます。それは見事な連携プレーです。5時を過ぎればだいぶ暗くなるので、のんびりとはできません。ご飯係でもある私は、お昼は簡単なものを用意し、夜のために前の日からおでんを仕込んでおきます。こうして、全ての大根を干し終わった様子はさながら、大根ラインダンス。壮観です。

大根(宮下農園)


10日から2週間経つとだいぶ乾いてきて、漬け頃になります。では、我が家のレシピをご紹介します。大根10㎏・ぬか1,7㎏・塩(3%)300g・砂糖50g・ホワイトリカー420cc・酢400ccをたらいの中で混ぜ合わせます。それと、大根を交互に重ねていきます。これ以外にも、柿の皮、なすの葉やへたを干した物、とうがらしも間に入れます。全部入れたら、大根の葉でふたをして、重しをしっかりかけます。こつは、漬ける前に大根の鬚根を取ったり、もんで大根の繊維を柔らかくしておくことです。水が上がったら一度重しを外し、一時間後に又かけます。一ヶ月くらいしたら食べられます。二月くらいが一番美味しいです。梅雨はそっとしておきますが、一年中食べています。美味しい漬け物があると幸せを感じる日本人の一人です。
                                                    kaori
 | ホーム |  page top