Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

宮下農園 野菜通信 その3 食えない野菜たち

 6月半ば過ぎ。そろっと蛍が舞い、梅の収穫時期を相談するこの頃、夏野菜の苗がいきいきしてきます。今年は義父母と別に野菜を作ることになり、畑を2場所借りることになりました。

 今までは義母が何をどこへ植えるか決め、私は義父母の言われるままお手伝いをしてきました。今年は自由!さあ、何を植えようかとわくわくしていましたが、息子の幼年野球も娘の中学の部活動も今年で最後となり、練習試合や試合が多く、春の土日はほとんどつぶれてしまい、なかなか時間がとれないことが予想されました。私としても、なるべく子ども達のために時間を取ろうと決めていたので、とにかく手のかからないものにしようと思いました。

 そこで、きゅうりは種を5場所に落としました。その横には、コンパニオンプランツ*(以下cp)の葱。ナスは苗を2本、ピーマンは1本植えました。その周りには同じくcpのパセリ。ミニトマトは苗を3本、その横にはcpのピーナッツの種を落としました。にんじんは種を落とし、その横にはcpの枝豆。それと、ジャガイモ、サツマイモ,友人からもらったアマニ、バジル、オクラ、ズイキ、こぼれ種から芽の出たカボチャ、糸瓜、ゴーヤを植えました。 そして、以前ムックマム53号に「ガンジーに学ぶ手仕事のある暮らし」という原稿を書いて頂いた片山先生から頂戴した綿花。作れない年もあったけど、今年もなんとか芽を出してくれました。それと、藍、コスモス、ひまわりを畑で育てています。
*コンパニオンプランツとは、共栄作物または共存作物とも呼ぶ。農学、園芸学上の概念であると共に、近傍に栽培することで互いの成長によい影響を与え共栄しあうとされる植物のことを指す。(ウィキペディアより抜粋)


150620_132706-1.jpg
なすとパセリ


150620_133125-1.jpg
虫に食われたかぼちゃ


150620_132817-2.jpg



 今年の目玉は、アトランティックジャイアンツ!強そうな名前だと思いませんか?これはコンテスト用のカボチャで食べても美味しく無いそうです。上手に育てると50~100㎏になるそうです。以前長岡で見かけたことがあり、また妙高でも見てぜひ作りたかったのですが、食えない野菜は作らない主義の義父母の反対で断念していました。肥料喰いで場所を取りおまけに食べられないとは確かに最悪です。
 
 今年は,堂々と食えない野菜も作れて楽しい(^_^)/。さらに無農薬無肥料の自然栽培でやろうと思っていました。これも、義父母と別にすることになった原因の一つです。義父母は、大体1回は、除草剤をまきます。土中にはネオニイコチノイド系の農薬を少ないけれど入れます。アブラムシや手で取りきれないほどの虫がつくと、2~3回ほど農薬を散布します。売っている野菜はもちろんそれ以上使用しているだろうから、買うより安全と思ってきました。でもどうせ作るならより安全な物を、足るを知る、つまり自分たちの食べる分だけ作りたいと思ったのです。

 今までのやり方でついつい雑草を抜いてしまったり、無農薬だからかあっさり虫にやられる弱い苗を見て、多少の菜種かすや発酵鶏糞などを入れましたが、さてどうなるかお楽しみ(o^^o)。

kaori

スポンサーサイト

クルマ鈑金塗装屋のエコ活動のススメ

クルマ鈑金塗装屋のエコ活動のススメ
(株)青柳車体工業 青柳 亜弥子

旧巻町・新潟市西蒲区漆山団地内で創業43年になる 「青柳車体工業」という自動車鈑金塗装屋を営業。 二代目として3年前に入社しました。今は会社の宣伝 と営業に力を入れています。
自動車修理工場のイメージとして、「入りにくい、 聞きづらい」などがあるかと思いますが、女性の方に も分かりやすく丁寧な対応と説明を心がけています。

 1

当社では自然と環境にやさしいエコ活動をススメています。 ひとつは「次世代水性塗料」で、今年に入り自然環境の配慮に遅れを取って
いる自動車業界において、いち早く導入しました。
もうひとつは、修理の際にリサイクルパーツを利用することです。
次世代水性塗料とは、ナノテクノロジーと呼ばれる極小世界の技術を駆使し て使用することで、次世代の環境対策塗料の開発をめざす思いから生まれた水 性高性能エコ塗料。有機溶剤を使用しないので、環境問題などの観点から も次世代の塗料です。

IMG_3708.jpg

クルマをぶつけたりキズを付けてしまった自動車は修理して仕上げに塗装を していますが、その塗料の中にもいろいろな種類があります。

塗料の多くは溶剤やシンナーなどの揮発性有機化合物が主流になっています がそれは光化学スモッグ等の大気汚染や地球温暖化をはじめとする環境汚染を 引き起こす原因とされ人間の健康に重大な悪影響を及ぼす恐れがあります。(過 去には印刷屋さんの従業員に胆管ガンなど発症しました)環境対応の取り組み として、有機化合物排出量の削減を行うことが緊急の課題となっています。
欧米諸国を中心に環境規制の動きはますます強化されている中、日本では平 成 18 年 4 月から大気汚染防止法が施工されています。
次にリサイクルパーツの使用ですが、自動車事故などで歪んだりへこんだり したクルマの部品を取り入れる際、できるだけ修理費を抑えるためリサイクル パーツを採用しています。
価格の面では純正新品部品の50%~80%程度の価格でお客様にご提供で きますし、外装パネル部品などは、上手く色が合えば塗装せずに使用できる場 合もあります。流通が少ない高年式車種や外車の部品でも、タイミングによっ ては見つかります。新品部品を入れるよりもかなりお得で、仕上がりも変わら ないのでお客様にとても喜ばれております。
その他、鈑金塗装修理の価格を抑えたご提案として「車両保険も入ってない し簡単な修理でお願いしたい!」という自損事故のお客様のために、修理の時 間と手間を省いた「軽板金」も承っています。通常修理を100%とすると、

2.jpg名称未設定 3

C:キズそのままで塗装のみ
B:キズを削り塗装のみ A:キズ削りと塗装+クリア塗装仕上げの 3 コースで
C:40% B:60% A:80%の修理価格に抑えることができます。

自動車鈑金塗装屋という存在は、一般ユーザー様には認知度がまだまだ低い と思われますが、「クルマのことはよく分からないからディーラーさんにおま かせ~」という方など、まずは、お近くの板金塗装屋さんにご相談されてはい かがでしょうか。環境にやさしくお財布にもやさしい管理の仕方が見つかるか もしれません。
 | ホーム |  page top