FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

子どものお習字   第2回

子どものお習字  第2回 鉛筆の持ち方
                                   小川 和恵
 
 鉛筆の持ち方を相談されることは多いのですが、私が思うに、その問題はもう初めてクレヨンを持った時から始まっています。
 シュタイナー教育では幼児に、弱い力でも面で描けるブロッククレヨンを使わせますが、このクレヨンは3本の指で持って握るのに好都合です。一般的なクレヨンでも、やはりグーで握るのではなく、先々を意識した持ち方を教えて見守ります。
 大切なことは、いくつの子に対しても、口うるさく言わないことです。本人の気持ちの中から湧き上がるようにしか、物事は身につきません。
 箸や鉛筆について、大人になっておかしな癖のついた持ち方をしているのは恥ずかしい、と我々日本人の多くは感じます。「書は人なり」美しい文字も美しい持ち方も、人としての財産です。姿かたちは少なからず中身を表します。理にかなった姿勢や持ち方、筆順から、しっかりした文字が生まれるのです。
とはいえ「正しい鉛筆の持ち方」は1つではありません。手の大きい子、力の弱い子、指先の器用な子、それぞれの子どもによって鉛筆の角度や持ち方に差が出て当たり前です。許容の範囲であれば、認め、励まし、とても悪い癖がついている場合は根気よく、より良い形を教えます。
箸や鉛筆の持ち方は手の器用さとも関係があります。赤ちゃんの指は小指から発達します。親はその頃、とても注意深く子どもの手の動きを見ているのに、成長とともに別の要求を始め、手先の発達への関心が薄れていきます。
絵の具の筆やお習字の筆を細やかに使いこなす力をつけることは、鉛筆の持ち方を治す助けになると思います。大きくなっても、持ち方は治せます。ただ、それは自分の意志によってのみ成されます。

教科書の図の通りの持ち方ではなくとも、美しい文字は書けます。活字の教科書体のような整った形でなくとも、魅力的な文字は、あります。実は、形以上に線の持つ力が大きいのです。だからこそ線を生み出す手に、更には文字を書く自分に、目を向けましょう。自分の書く姿を好ましく思えるよう、心がけていると、ある日、苦もなく思った通りできるようになるものです。

10B筆鉛筆1


スポンサーサイト

子どものお習字

子どものお習字  第1回子どもの筆の洗い方
                                小川 和恵
 現在、新潟大学非常勤講師。かな書道教室主宰。小中学校・高校・生涯学習講座講師。
子どものお習字教室、実用書教室、受験指導、など。


 お習字教室に通っていない子どもたちも、夏休みには宿題で筆を持つことがあるでしょう。
 小学校は3年生から国語科で毛筆を扱いますが、授業で使い終わった筆はバケツの水ですすぐ程度。次にカバンを開けた時には、カチカチに固まっていたり、カビが生えていたり。学校用の筆は、消耗品と割り切るしかなさそうです。小学校3年生で買った筆を中学生になっても使っている子がいますが、荒れた筆でこするような線を書き、本当にかわいそうです。
我が家では、面倒でも学校の書写でお道具を使うたびに持ち帰らせて筆を洗います。

 気持ちよく書くには筆が大切。ぜひ子どもの筆に触ってみてください。筆は、ため水で墨をもみだして洗います。水は何度も取り替えます。お水がたくさんいるわねえ、と思われましたか?よい筆洗法をお教えしましょう。

書き損じの紙を反故(ほご)紙といいます。
「約束を反故にする」という言い方はここから来ています。反故紙が足りなければ新聞紙などを用意します。まず、もしも硯に墨が残っていたら、全て筆に含ませて書ききります。反故紙の上に「一」の字でも練習するつもりで、墨が出なくなるまで丁寧に。次に反故紙で硯をきっちり拭き取ります。硯の海に水を注ぎます。筆を根元までひたします。また反故紙に点画の練習をします。硯の水分を拭き取ります。これを何度か繰り返すのです。
流し場へ行った時点で、ずいぶん墨は抜けていることと思います。

瓶で振り洗い1
コップやペットボトルの中で振り洗いをし、きれいになったら穂先の形を整え、根元にティッシュなどをまきます。これは残っている墨の粒子を水分と共に外へ出してやるためです。
  ティッシュを巻いた状態の筆2


最後に、風通しの良いところに吊るして乾かします。筆についている紐は、この時役に立ちます。流し場も汚れず、反故紙も使い切り、墨も流さない、環境に配慮した方法です。お試しください。
ちなみに、名前書き用の小筆は洗いません。濡れた反故紙の白いところで、墨を拭き取って下さい。根元までさばくこともありません。
全部崩れてしまった小筆は再び糊で固めるか、糸を巻いてやります。ただ、磨った墨ならばともかく市販の墨汁で先まで固まってしまった筆は、毛が傷んで使い物にならないと思います。子どもの小筆もやはり消耗品です。

子育ちについて 第三回(最終回)

原 萌萌子
 長年「家族・子との生活」をテーマとして活動をしている。
 当たり前のことが通りにくい世の中に、当たり前の提案をし続けている。


 生まれてから7歳ぐらいまでのお子さんと暮らしているかたたちと
話をしてみたいなあと思いますが、ここの延長で気軽に話せる場が
出来たらうれしいです。
 どなたかそういう場をしてみませんか。
もっと面白い話や、こうしたら充実した子との生活ができると思います。

 夜、子に寝てもらうことは難しいことではなく、習慣とすることで
解決することも大いにあると思います。
親が口うるさく寝なさいを言ったからとて眠るわけはないですね。
 
 興味がある方がいれば、詳しく話したいと強く思うこの頃です。



興味がある方がいらっしゃいましたら、ぜひこのブログにコメントを
いただけるとうれしいです。

子育ちについて 第二回

原 萌萌子
 長年「家族・子との生活」をテーマとして活動をしている。
 当たり前のことが通りにくい世の中に、当たり前の提案をし続けている。


子との生活をより充実するためには、
7歳以下で1歳ぐらいの子には、1日に12時間の睡眠が必要です。
夜8時に寝て朝6時に起き、お昼寝は2時間となります。
そこを中心に1日を組み立てていくとスムースになると思います。

次に歩くことが大切です。
散歩をしますが、自宅を中心に歩くコースを考えます。
子を前に歩いてもらい後ろからついて行きます。
子から目を離さずに危ないことがある時にすぐに対応できるようにします。
家の周りを歩いたら、近所に広げていきます。
公園は、使いますが歩いていける所にします。

このように生活の基盤ができるように時間を割り振りします。
実践してうまくいかないことがあるようなら、相談してくれたら、
一緒に知恵を出します。



実践してみたご感想など、ぜひコメントをお寄せください!


 | ホーム |  page top