Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

風邪とインフルエンザ対策について(前編)

風邪とインフルエンザ対策について(前編)

  ミワディ(ペンネーム)
普段は、「健康でいられるにはどうしたら良いか」をテーマに骨格調整法や、食の知識、心と身体のつながりについてお伝えしています。27歳と24歳の息子を持つ母ですが、息子達が小学生のころからサッカーを始め、中学生位からその練習のハードさからケガや痛みが多くなり、「どのようにしたら、強靭な身体をつくれるのか、彼らの持っている能力を最大限に出させてあげたい」と思ったことがこの仕事を始めるきっかけとなりました。

こんにちは!
今日は、風邪とインフルエンザ対策についてお話したいと思います。
風邪の原因は80~90%ウイルス感染によるものです。
インフルエンザもウイルスが原因で発症する風邪の一種です。ウイルスは、菌と違い単体で生きられないため、人や動物の鼻やのどの奥に侵入し、細胞にとり付き、栄養やエネルギーを吸いつくし、次の細胞へと移動していきます。
その時、体内では免疫細胞である白血球たちが兵隊となり、ウイルスの侵入を防ぐために、その状況に合わせて兵士の種類を変えて戦っているのです。

≪第1段階≫
普段は鼻の粘膜で洗い流されるウイルスも空気の乾燥等で粘膜が乾くと体内に侵入してきます。それを追い出す為にくしゃみや鼻水を出させるのです。この時、活躍するのは、粘膜免疫の主役IGA抗体です。この働きを活発にする食べ物は
ビタミンA(レバー・うなぎ・たまご・人参などの緑黄色野菜等)
ビタミンB2( 〃 ・〃  ・〃  ・さば・カレイ・納豆など)
ビタミンB6( 〃  ・ニンニク・マグロ・とりもも等)です。

≪第2段階≫
更に粘膜上皮に侵入されると、せきやたん・のどの痛み等の症状が出てきます。
この時NK(ナチュラルキラー)細胞が戦います。
この働きを活発にする食べ物は
きのこ(Bグルカン)生姜(ジンゲロン)・ニラ・ニンニク等で、粘膜の再生を助け、免疫力を高めます。

≪第3段階≫
更にリンパ管に侵入されてしまうと、身体のだるさ、関節の痛み等の症状が出てきます。この時T細胞が働きます。この働きを活発にするする食べ物は
牡蠣・みそ(亜鉛)等は、免疫力を高め、みかんの小袋やスジに含まれるビタミンPは体の痛みを和らげます。

≪第4段階≫
更に侵入されると、B細胞が働き、発熱させてウイルスを攻撃します。
ウイルスが好むのは、35~36℃なので、それ以上に熱を上げて38~39℃で、B 細胞が働きやすい状態を作ります。

このように風邪をひいたときに熱が出るのは、免疫細胞が脳に働きかけ脳から熱を上げる指令を出し、ウイルスをやっつけようとしているためです。
ですから、むやみに解熱剤や薬を使うと、この免疫力の働きを妨げることになるので、自分自身の免疫力を高めることが重要になります。
安静にして水分をしっかり摂り、ミネラル・ビタミンCで免疫力を高めましょう。

注意するのは、白砂糖の過剰摂取です。免疫細胞の白血球が弱まります。
スポーツドリンク500㎖のペットボトルには、約50gの白砂糖が入っています。体重1㎏につき1gが、一日に体内に摂り入れてよい摂取量の目安なので、体重50㎏に満たない子が一本飲み干すとこれだけでも糖分過剰になり、免疫細胞の白血球が働けなくなります。
それにおやつを食べたりすると更に白血球は弱まります。

 風邪やインフルエンザに備えて、白砂糖や食品添加物の摂取を控え、バランスの良い食事と、十分な睡眠をとり、免疫細胞を最大限に働かせましょう!


  ※次回は風邪の時に食べたいお料理レシピを紹介します。


スポンサーサイト

日常に使えるプラーナのちから 第3回

「ヒーリングでできること」
                瀧澤 加奈江

プロフィール
 瀧澤 加奈江
アロマ講師として学校や地域で教える傍ら、プラーナ“気”を用いて心身を癒す現代のヒーリング(治療法)を推進するプラニックヒーリングⓇ認定講師。“一家にひとりプラーナによる癒し手”をキャッチフレーズに日々活動中。
MCKSプラニックヒーリングスクール
http://pranichealing-school.info/

 プラニックヒーリングのレベル1(基礎)コースでは、身体とオーラ、経絡、チャクラの関係や、ヒーリングの原理、基本技術について学びます。このヒーリングの特長は、身体に触れないこと、気のエネルギーを入れる前にクレンジング(浄化)を行うこと、汚れたエネルギーを処理することなどです。先に滞りを取り除いてから浄化を行う方が、清浄な気のエネルギーが入り易くなります。11の主要チャクラについても学びます。
 レベル2(上級)コースでは、色のプラーナ(カラープラーナ)を用います。これは、とてもパワーのある技術であり、より難しい病気に対処できます。色のプラーナを使いこなすことができると、食べ物や飲み物を浄化できます。浄化の前後で味がどう変わるかを実験してみると、おもしろい変化があります。酸味の強い果物の味がほどよい味になったり、お料理の味がまろやかに感じられたりします。同様に、薬やビタミン剤、トリートメントオイルなども浄化してから使用するとより効果が得られます。
 レベル3(サイコセラピー)コースは、主に心理的な問題をより高次のプラーナを用いて癒します。うつや中毒といった難しい症状にも対処できる高度な手法です。思い出したくないようなトラウマ的な出来事など、話したくなければ無理に話す負担なく施術を行うことができ、それによって感情の解放が起こります。
 その他、クリスタル、自己防御、瞑想やヨガのコース、ビジネスや風水、クリヤシャクティという豊かさのコースなどもあります。
 健康であるためには、健康的な衣食住を得ることが必須です。着心地のよい自然素材の衣類、プラーナをたくさん含んだ栄養価の高い食べ物、衛生的で居心地のよい自然な住環境など、物質的にもエネルギー的にも、きれいな産物や資源を得るためには、清浄な土地、澄んだ空気と水が不可欠であることは、いうまでもありません。そのような地球環境を守り、あるいは改善するために、母なる地球の子供ともいえる人間一人ひとりが何を選ぶのか、その一つひとつの選択に結果と責任がついて回ることを忘れないようにしたいものです。よりよい結果を導く原因となる種を蒔かなければなりません。
 多くの人が健康でいることによって、地球への負担軽減と貢献になります。積極的に健康づくりをする人々の自己治療法として、家庭で行える自然治療法として、あるいは応急処置法として、現代医学と補完的にも利用可能なプラニックヒーリングは、どなたでも2日間で学ぶことができます。これを世に出したマスターチョーコクスイは、“一家にひとりプラーナによる癒し手”そんな未来を思い描き、教えが純粋に永く後世に伝わるように20冊の教科書を書き残しました。人間だけでなく動物や植物、すべて存在の健康と幸福に向かって、一人ひとりが善きことを願い、語り、行動していくことは、地球の健康つまり環境保護や平和にも繋がっていきます。ヒーリングとは、惑星レベルでの健康と癒しをも意味するものなのです。

プラニックヒーリング®レベル1(基礎)最新ワークショップ情報
http://pranichealing-school.info/event_ws.html#0326

ハスの花

日常に使えるプラーナのちから 第2回

「ヒーリングとの出会い」
                瀧澤 加奈江

プロフィール
 瀧澤 加奈江
アロマ講師として学校や地域で教える傍ら、プラーナ“気”を用いて心身を癒す現代のヒーリング(治療法)を推進するプラニックヒーリングⓇ認定講師。“一家にひとりプラーナによる癒し手”をキャッチフレーズに日々活動中。
MCKSプラニックヒーリングスクール
http://pranichealing-school.info/


 プラニックヒーリングとは、ひとことで言えば、いわゆる“気”治療法であり健康法です。肉体的な身体と同時に、一般的には見えないエネルギーの体(エーテル体)つまりオーラやチャクラに対して働きかけ、人が元来持っている自然治癒力を加速させて回復を速め、あるべき健康な状態に戻します。
 このヒーリングに出会ったのは、子供が生まれたときから病弱で、よく風邪を引き、しょっちゅう通院や入院を繰り返していた際に、身体全体の状態を整えるために、親として家庭で行えることはないだろうかと模索していた頃でした。これは、身体に触れない点で一見風変わりな施術法ですが、触れないというのが不思議だけれどもすごいと思い、興味を持ちました。まるで料理レシピを見ながら調理するかのように、決まった手順で行うことによって、誰でも人や自分を癒すことができるというのです。それならできるのではないかと思いました。実際に、風邪を引くと喉の痛みや咳、鼻水や鼻づまりのためのレシピ、熱が出たときは解熱のレシピ、お腹をこわすと胃腸系のレシピ、インフルエンザのためのレシピ等というように、様々なレシピを試すうち、それぞれに効果を感じ、プラーナというもののパワーを実感していくようになります。医師の診断は大切にしながら、薬や機器がすぐに手元にない場合でも、ひとまず自分で施術を行うことで夜中に救急外来に駆けつけたり入院したりすることがなくなりました。
 こうして、子供の多くの症状に対処できるようになっただけでなく、施術を行うことで“気”の流れが良くなって、自身が健康になっていきました。それまでは、腰痛やストレス性の不調、解決すべき課題に取り組んでいましたが、心身ともに健康になり、よい出会いや人々との関係、やりたい仕事を得る、課題が解決する、などのことが起こってきました。そうすると、気持ちに余裕ができ、これからの人生で何をやりたいのかを考えるようになります。
 ちょうどその時、東日本大震災が起こったことがきっかけとなって、自分が癒されたプラニックヒーリングを通して、人を癒したり手法を伝えたりしたいと思いました。周囲の協力もあって、海外での上級クラスの受講やトレーニングを受ける機会にも恵まれ何より先生と仲間に出会ったことが大きな転機だったといえます。こうして、子供が人生の方向を示してくれたのです。このように、ヒーリングとは身体の癒しだけでなく心の癒しを伴う、人生の様々な側面を癒してくれるものでした。
 次回は、プラニックヒーリングで何ができるのかについてお話ししたいと思います。

アメリカのCBS2ニュースで紹介されたプラニックヒーリング®
https://www.youtube.com/watch?v=Vx6wvo7Jd28

日常に使えるプラーナのちから 第1回

「プラーナという観点から見た栄養」
                瀧澤 加奈江

プロフィール
 瀧澤 加奈江
アロマ講師として学校や地域で教える傍ら、プラーナ“気”を用いて心身を癒す現代のヒーリング(治療法)を推進するプラニックヒーリングⓇ認定講師。“一家にひとりプラーナによる癒し手”をキャッチフレーズに日々活動中。
MCKSプラニックヒーリングスクール
http://pranichealing-school.info/

 今回は、プラニックヒーリングの上級(レベル2)コースで学ぶ内容の一つ、食べ物や飲み物の浄化法に関連して、栄養とプラーナの関係について、お話ししたいと思います。
 美味しく栄養のある食事には、実際にはプラーナが沢山含まれています。プラーナとは生命力や生命エネルギーという意味のサンスクリット(語)で、日本や中国で言う“気”、ハワイでは“マナ”と呼ばれるものです。氣と書く場合には、内側に米という字を含んでいます。これは気が米粒のように小さいものという意味を表していますが、同時に、プラーナとは米(食べ物)つまり栄養であり、私たちが食事をする本当の意味は、実は食べ物の中のプラーナを摂取することにあります。    
 身体の健康のために、どう食と向き合ったらよいか、プラーナという観点から見た5つのポイントについて述べてみます。

1. 物質的にもエーテル的(エネルギー的)にもきれいな食べ物を食べる
 きれいな食べ物とは、汚れ、菌、化学的毒素が殆ど含まれておらず、食べ物自体のエネルギーが美しく輝いているものを言います。野菜や果物に含まれているエネルギーは、一般的にきれいで、保存食に比べると新鮮な食べ物には、はるかに多くの生命力が含まれています。沢山のプラーナのエネルギー、つまり生命力を含んだ新鮮な野菜や果物は、病気にかかっている人の回復を助けます。

2. 食事を作る人は、健康に留意しながら、喜びをもって調理する
 食べ物は、できるだけ健康な人によって、幸せな気持ちで調理されると、食べ物に良いエネルギーを移すことができ、美味しく仕上がります。

3. 調理し過ぎないようにする
 調理し過ぎた食べ物は、その化学的な栄養素のいくつかが壊されるだけでなく、長く温めることによってそのプラーナの多くが放出されてしまいます。適度な調理が重要で、できれば生で食べる方がよい場合もあるでしょう。

4. 病気や病後など食欲がわかないときは、無理に食べずに食事を控えめにする
 食べ過ぎると、身体が治癒するために必要なプラーナが消化のために消費されてしまいます。身体はその状態によってプラーナの使い道を使い分けるので、身体の声に従うことが大切です。

5. 食べ物に宿るプラーナすなわち生命力に感謝していただく
 これらの留意点は、一般的に言われてきたことですが、エネルギー的な観点から見ても、理にかなっていることなのです。

 次回は、プラーナを用いて身体を癒したり、食べ物や飲み物を浄化したりするヒーリングというものについて、お話したいと思います。
参考文献:Master Choa Kok Sui著 Advanced Pranic Healing

プラーナ1

 | ホーム |  page top