Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

No Book, No Life

「趣味は?」と聞かれると大抵「読書です」と答える。間違ってはいないが、毎日ご飯を食べるのと同じような感覚で本を読んでいるので、心の中で「趣味以上の存在ですけどね」と付け加えている。

 決まった時間に読んでいるわけではない。通勤、家事、色々な合間合間に読む。気分転換だったり、時には現実逃避だったりする。新聞の書評や広告で目についた本を図書館で予約して借りることが多いけれど、最新刊の本は予約が集中してなかなか読めない。そこで同じ作家の過去の作品や、予約数が減ったころを見計らって借りたりする。

最近はイーユン・リーさんという中国出身アメリカ在住の方の小説をいくつか読んだ。登場人物は皆なにがしかの心の傷を負っており、やるせない人生の苦みのようなものを感じさせるものが多い。私も年相応の経験を経て、ハッピーエンドでもなくアンハッピーでもない結末が自分にとってリアルであり、作者のまなざしに共感を覚えてしまう。去年出た「独りでいるより優しくて」をそろそろ読もうかなと思っているところだ。

図書館とは別に、我が家から自転車で少し行ったところに面白いカフェがある。そこは大きな壁面本棚を備えていて、単行本を1冊持っていけば読みたい別の本を1冊持ち帰ってよいのだ。実のところ、交換目的に集う人はそう多くはないようだが、私は時々寄ってはコーヒー片手に物色している。やはり手放された本ばかりとあって、少し前のベストセラーが多い。或いは、過去の事件を取り扱ったノンフィクションなども。そうして私の「半歩遅れ」ないしは「周回遅れ」の読書は続く。

最近そのカフェでは朗読のイベントを始めた。昔はまっていたが最近は手に取ることもなくなった藤沢周平の時代小説や、私の書棚の片隅に鎮座し続け数年に一度衝動的に読み返す坂口安吾の「桜の森の満開の下」を改めて役者さんの肉声で聴くと、不思議とすっとその世界に入っていける。キーボードによる生演奏付き、役者さん達も時代小説には着物など内容に合った衣装で登場し、贅沢な空間だ。子どもへの絵本の読み聞かせは多いけれど、こんな、大人への朗読ももっと盛んになればいいと思う。

文責 ムックマムスタッフ もなか
スポンサーサイト

子どもとの暮らしを楽しむ講座 ~シュタイナー教育の4つの気質~ 後編

子どもとの暮らしを楽しむ講座 ~シュタイナー教育の4つの気質~ 後編
白石深納子

白石深納子(しらいしみなこ)
栃木県在住。二児の母。栃木にて「クラフトひろば虹の風」を開いているおもちゃコンサルタント。「こもれびの森ライアーの会」創設者であり、仲間とともにライアー演奏や創作人形劇も手掛けている。

 前回はシュタイナー教育の礎となる4つの気質(地=憂鬱質、水=粘液質、火=胆汁質、風=多血質)についてお話ししました。また、ブレイクスルーをしていただいてご自身がどの気質に属しているのかを探っていただきました。
 ご自身の持っている能力や個性を伸ばし、人の役に立てていくことはとても大切です。今回は4つの気質を子育てにどのように生かしていったらいいのか考えてみましょう。

 前回のブレイクスルーでお気づきのように、私たちはどれか一つの気質だけを持っているわけではなく、誰でも4つの気質を持っています。だから、他の人の感情もわかるのです。他の人の気質を感じ取れれば、相手を肯定的に受け入れられるようになるので人間関係もよくなります。
 子育てにおいては子どもを理解する助けになります。まずはゆっくりとお子さんをみてみましょう。
 
○お子さんがほがらかな多血質だった場合
多血質の子どもは、まわりの環境があまりにも退屈でさえなければ、いつも楽しく過ごせて、のびのび成長します。ただ飽きっぽいので、問いかけを工夫し、飽きさせないようにしましょう。

○お子さんがのんびりの粘液質の子どもだった場合
粘液質の子どもはいつもマイペースということを理解しておくことが大切です。親が粘液質的になるようにすると、子どもが自分の粘液質的なかたよりに気づきます。

○お子さんがおこりっぽい胆汁質だった場合
胆汁質の子どもは自分が尊敬できる人を求めています。親もはっきりとした人生の目標を持って生きるようにしましょう。親も何か真剣に打ち込めるものを持つとよいでしょう。

○お子さんがきまじめな憂鬱質だった場合
子どもが悲しみを訴えてきたら、子どもの身になって受け止めてください。そして、その後で、この世にはもっと大きな苦しみがあることを話して聞かせましょう。
 
 「しょうなん 育自の会」の篠秀夫さんの冊子「子どもの育ちと大人の育ち」のNO4.気質の話にもこのようなことが書かれています。
 多血質の子どもを静かにすることを強制すると、不安定になります。見た目は大人しくなりますが、体の具合が悪くなったり、高学年になって荒れてきたりします。逆に「動いてもいいんだよ」という状況の中で育ててあげると思春期になって落ち着いてくるのです。落ち着かない子には無理に落ち着くよう強制します。じっとしている子には活動するように強制します。そしてそれがまた教育だと思っています。でもそれが有効なのは一時だけです。長い目で見ると子どもはますます意固地になってしまうばかりです。

子どもの性格は、気質と育て方と遺伝と環境と運(運命、前世からのつながりも含む)の複作用で決まります。
おかあさん一人で子どもの成長のすべてに責任をとる必要もないのです。また、そのように考えることが逆に子どもの生まれ持った気質を阻害してしまうのです。

 子育てに息詰まったら、まずはこの地上に一人として同じ人間はいないことを思い出しましょう。そして、深呼吸をして、コーヒーでも飲みながら、自分の子どもをゆったりと思い浮かべてみましょう。気質をヒントに客観的に子どもを見つめ、今までとは違った心で、子どもと向かい合ってみたらどうでしょうか。案外心がすっと、軽くなるかもしれませんよ。



子どもとの暮らしを楽しむ講座 ~シュタイナー教育の4つの気質~  前編


子どもとの暮らしを楽しむ講座
~シュタイナー教育の4つの気質~  前編
白石深納子

白石深納子(しらいしみなこ)
栃木県在住。二児の母。栃木にて「クラフトひろば虹の風」を開いているおもちゃコンサルタント。「こもれびの森ライアーの会」創設者であり、仲間とともにライアー演奏や創作人形劇も手掛けている。

シュタイナー教育の基礎:4つの気質とは
 まず、初めにシュタイナーの考えの基礎となる4つの気質についてお話しします。この4つの気質は古代人の基礎的な考え方、地・水・火・風―固体・液体・気体・熱という4つの働きが森羅万象を生みだしているということに基づいています。大自然の中では、一見、液体や気体や熱が全然存在しないように見える石や机や本のような固体の中にもこの4つの気質が入っていると考えます。そう考えて、大宇宙を構成する要素を地・水・火・風と呼びました。同じように人間一人ひとりの塊も地・水・火・風の4つによって成り立っていると考えます。
ヒポクラテスはこの4つの元素の存在を気質と結びつけました。
地=憂鬱質-きまじめ
水=粘液質-のんびり
火=胆汁質-おこりっぽい
風=多血質-ほがらか

4つの気質を学ぼう!
 それでは、4つの気質を学んでみましょう。自分がこの4つの気質のどれにあてはまるのか興味が出てきますよね。そうすると、必然的に私たちは自分に目を向け始め、自分自身を深く知ろうとするようになります。自分自身と向き合うことにより、自分の能力や個性に気づき始めます。そしてその能力や個性をどのように伸ばし、人の役に立てていくのかを考えるようになります。天から授けられた能力はこの地上で伸ばし、人のために使うことが大切です。ただ、持っているだけでは何の意味もありません。

 ブレイクスルー
 ここで一つみなさんの気質について探ってみましょう。
Q1>目の前に壁があったとして、その壁に行き当たった場合、あなたならどうしますか?
1. すごすごと引き返す
2. じっとそこに立ち止まったまま動こうとしない。
3. カッとなってその壁を蹴飛ばす。
4. その壁を平気で乗り越えていって向こう側へ行ってしまう。

Q2>公園のベンチで、自分の大切な帽子を横に置いて座っていたら、誰かがその上へ座ってしまいました。あなたなら、どうしますか?
1. 人生の悲劇を体験した気持ちになる。
2. 何事もなかったようにくしゃくしゃになった帽子をかぶる。
3. 犯罪者に食ってかかる。
4. とりあえずおかしくてたまりません。

シュタイナー1


 あなたはこの表のどの部分に表せますか?あなたがしるしをつけた場所があなたの気質を代表するものと思われます。

 子どもの気質を知ると、少し子育てが楽になるかもしれません。次回は子どもとの暮らしのなかで、気質をうまくいかす具体策を考えていきましょう。
 | ホーム |  page top