Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

オオウラのおすすめ本 3

活字中毒のオオウラです。
 あと数日で今年も終わりですねぇ。
 なんか年々年が過ぎるのが早くなってきている気がする~、と言っているそこのアナタ!
これから先、何年桜を見ることができるのか、あと何回自分の誕生日を迎えることができるのか、と考えると、何かせずにはいられない気分になってきませんか?まあ、そうは言っても何をどうしたらよいか悩んだり、いろいろ諦めたり。
 しかし、今回は、そんな気分をも蹴飛ばされる勢いのこの本をおススメいたします。

「自分の中に毒を持て あなたは“常識人間”を捨てられるか」 岡本太郎著(青春文庫)
~本の帯より~
いつも興奮と喜びに満ちた自分になる 当たり前の人間なんて屁の役にも立ちゃしない

この本、ずいぶん前に読んだ本なのですが、当時、あまりに面白すぎて周りの人に配りました(笑)。
 私は面白い本を見つけると、
・私が読む用
・貸し出し用
・プレゼント用
と、数冊買うことが多いです。
そしてこの本は私が読む用まで配っちゃって手元になくなってしまったので、電子書籍で再度購入しました(笑)。なので今度は貸せません。私の周りの皆様ごめんね!

もう、目次見ただけですごい。シビレル。

迷ったら危険な道に賭けるんだ
らくに生きる人間は何を考えているか
成功は失敗のもと ←失敗は成功のもと、じゃないですよ!
きれいになんて生きてはいけない

かなりアブナイにおいがするでしょ?(笑)
「自分らしくある必要はない。むしろ、“人間らしく”生きる道を考えてほしい。」
人間らしくって?昨今では「自分らしく=オンリーワン」がかなり定着してきた感があるけれど、太郎さんはもっと厳しいことを言っています。
「自分に忠実に生きたいなんて考えるのは、むしろいけない。そんな生き方は安易で、甘えがある。ほんとうに生きていくためには自分自身と闘わなければ駄目だ。」「自分に忠実と称して狭い枠のなかに自分を守って、カッコよく生きようとするのは自分自身に甘えているにすぎない。」と。
そして
「生きる―それは本来、無目的で、非合理だ。われわれはこの世になぜ生まれてきて、生きつづけるのか。それ自体を知らない。」「自分を認めさせようとか、この社会のなかで自分がどういう役割を果たせるんだろうとか、いろいろ状況を考えたり、成果を計算したり、そういうことで自分を貫こうとしても、無意味な袋小路に入ってしまう。今、この瞬間。まったく無目的で、無償で、生命力と情熱のありったけ、全存在で爆発する。それがすべてだ。」
と言っています。

私などは何か問題にぶち当たっても「この出来事には意味がある。自分にとって必要な出来事だ。」などと安易に意味づけをして問題の根本を棚上げし、ただその出来事を体験するだけにとどまりがちですが、太郎さんに言わせるとそれは逃げであり、自分自身と向き合っていない=自分自身と闘っていない、ということになるのではないかと思いました。改めて、自分自身と闘うことの難しさを考えさせられました。
この本には、これからの人生を自分はどういうふうに生きていったらよいのか、真剣に考えるためのヒントがたくさんちりばめられています。ぜひお読みいただき「人間らしく生きること」とはいったいどういうことなのか、皆様それぞれに答えを見つけていただければ幸いです。

  *   *   *

2016年ももうすぐ終わりを迎えようとしています。
本年もムックマムをご愛顧いただき誠にありがとうございました。
2016年は皆様にとりましてどんな年でしたでしょうか。
過去を振り返り、未来を思い描くこともとても大事ですが、今この瞬間が愛にあふれたものになることを願って、今年最後のムックマムをお届けしたいと思います。
2017年も皆様にとりまして味わい深い年になりますように。

文責:ムックマムスタッフ 大浦恵美子
スポンサーサイト

プラニックヒーリング体験③

第3回 父の病気と奇跡?

 レベル1を受講して3週間ほど経った日曜日、実家の母から電話が入った。「お父さんが喀血して入院した!!」父は数年前に検診で肺ガンが見つかり、治療を続けていた。2か月に1度の検診を受けながら自宅で生活していたのだが、急に悪化したのだろうかと思った。プラニックヒーリングを習ったばかりということもあり、とりあえず、基本のヒーリングを試みた。
 夕方になり、続報が入る。まだ出血が止まらないこと、このまま止まらない場合は気管切開が必要になるかもしれないこと。(病院は私の居住地から車で1時間半くらいの所にあるが)私があわてて駆けつけると、父は自分の容体が重篤だと思ってしまうから来ないように、とも言われた。
 プラニックヒーリングで他にできることはないかと思い、加奈江先生に電話をする。幸いにも電話が通じた。初級者の私にもできる範囲で、相手が離れている場合に行う方法を教えてもらった。父が良くなる姿を思い描きながら、祈るような気持ちでヒーリングを行った。その夜、病院で付き添っていた母から電話が入った。出血が止まったようで父は落ち着いている。検査のためにしばらく入院する、と。

 そして、次の土曜日、父の入院する病院へ見舞いに行くと、思ったよりも元気そうな父の姿があった。「検査の結果はどうだったの?」と聞くと、「どこにも異常が見当たらないって言われたんだよ。もう、何もすることがないから、退院していいって。」
 両手で受け止めなければならないほどの血を吐いていたのに、どこにも異常がないなんて、一体どういうこと?跡形もなく治ってしまったというのか・・・。
 後日、お礼かたがた加奈江先生に報告すると、「よかったですね。あゆみさんのヒーリングの力ですよ。自信をもって。」と言われた。

 私は混乱した。何年も研修を重ねた人が病を治癒に導いていくことは納得できる。でも、まだ習いたての私が、そんな大それたことができるのだろうか。確かに必死だった。父の出血を止めたいという強い思いはあった。でも、本当にヒーリングの効果なのだろうか。・・・ただ、他に納得できる答えを見付けることはできなかった。

 もしも、本当にヒーリングの効果だとしたら、教えられた手順通りに行えば、誰でも効果をもたらすことができるとしたら、これはとてもすごい方法だ!もっともっとプラニックヒーリングを学びたいと思った瞬間だった。

※(注)プラニックヒーリングは、医療を否定するものではない。
必要な検査や治療を受けながら、プラニックヒーリングを併用することで、治癒を促進
できると考えられている。

***あとがき***
 「プラニックヒーリング体験」を読んでくださった皆様、ありがとうございます。
 執筆のきっかけは、ムックマム編集長とのメールのやり取りでした。「最近、すごい体験をした。」という話から、あれよあれよという間に原稿掲載の話になりました。これも、ご縁ですね。

 私自身は、プラニックヒーラーとして駆け出しです。自宅で行うと、うまく集中できないこともあるので、研修会や復習会、瞑想会などに参加して、先生や仲間たちと一緒に練習する時間を大切にしています。学べば学ぶほど奥が深く、大きな可能性を感じる療法です。
 まずは、自分自身の健康と家族の幸せのために日常的に使えるようになりたいです。そして、もっと多くの人にプラニックヒーリングを知ってほしいし、これらの情報を必要としている人に届いてほしいと願っています。

※MCKSプラニックヒーリングスクール http://pranichealing-school.info/

プロフィール~八幡 あゆみ(やわた あゆみ) 新潟県新発田市在住。夫と息子の3人暮らし。ムックマムの愛読者。以前から、健康、食、環境問題に関心があったが、子育てを通してパワーアップ実践中。


プラニックヒーリング3

プラニックヒーリング体験②

第2回 幸せな体験~レベル1のワークショップ
                   八幡あゆみ

 初めての研修会、初日。ドキドキしながら、会場のドアを開ける。室内には、花が飾られ、アロマのいい香りがした。参加者は5名。大きなスクリーンとプロジェクター。椅子に座って話を聞いて、実習をして体験し、感じたことをシェアする。実習の時間がたっぷりあり、体験すること、感じることを大切にして進んでいくスタイル。
 プラニックヒーリングとは、私なりの解釈でまとめると、「体のエネルギー(氣、プラーナ)を整えることで不調を改善し、より健康になる方法」。
 目には見えないエネルギー(=氣、プラーナ)を扱うので、初めは、よく分からなかった。「自分の手のひらから出ているプラーナ(エネルギー)を感じる」練習では、手のひらを向かい合わせてみても、「何かあるような気もするけれど、どうなのかな?」という感じだった。それが、体操をして体をほぐしたり、いろいろな実習をしたりしていくうちに、「もしかして、これなのかな?」という感覚が自覚できるようになってきた。2人組の実習では、指示されたようにイメージをして、相手の手のひらに手をかざすと、相手の方が「温かくなってきたよ。」と言ってくれた。反対に相手の方に手をかざしてもらうと、温かさが伝わってきたり、場合によってはパワーが腕の方や胸の方まで伝わってきたりすることもあった。 
 2日目の最後のツインハート瞑想での体験。目を閉じて、CDから流れる音楽と英語のメッセージを聞いた。その指示に従って、体を動かしたり、イメージを思い浮かべたりする。英語は聞いてもよく分からないので、加奈江先生が日本語に訳してメッセージを伝えてくれていた。ところが、ある瞬間、頭の上の方がパカッと空いた気がした。「えっ、何?」と思ったら、「クラウンチャクラを・・・。」と加奈江先生の声。クラウンチャクラは頭頂にあるエネルギーセンターである。どうやら、日本語で意味を理解する前に、英語のメッセージを聞いて体の方が先に反応したようだ。そして、瞑想は続く・・・。背中に翼が生えて(天使のような、大きな翼)空を羽ばたいていくイメージが全身を包む・・・。それは、言葉ではうまく表せないがとても幸せな体験だった。
 ヒーリングの基本的な方法を教えてもらい、2日間の研修が終わった。立派な終了証ももらい、「今日からヒーラーですよ。」と言われた。しかし、実感はなかった。まだまだ分からないことばかりで、誰かのために役立つなどとは思っていなかった。あの出来事に出合うまでは・・・。(次回に続く)
※(注)いつも同じ感覚が得られるわけではない。その日の体調、心の調子によってうまく集中できな いときもある。午前、午後を通しての研修会では、ヒーリングを十分にできるので、集中しやすくエネルギーも受け取りやすいように思う。

※MCKSプラニックヒーリングスクール http://pranichealing-school.info/

プロフィール~八幡 あゆみ(やわた あゆみ) 新潟県新発田市在住。夫と息子の3人暮らし。ムックマムの愛読者。以前から、健康、色、環境問題に関心があったが、子育てを通してパワーアップ実践中。


プラニックヒーリング2
 | ホーム |  page top