FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

クオリティーオブライフを考察してみる⑥(最終回)

クオリティーオブライフを考察してみる⑥(最終回)
              柔道整復師 谷 弘誠

三条健康堂の谷です。本日は心のくせについてお話します。最後までお付き合いください。

かつて「症状ではなく人間をみる」と教えられました。症状の勉強はできても人間の勉強はできないものです。しかし思想家の岡野守也先生の講義をうけて、「人間をみる」ということを「あらゆる言葉」で教えていただいています。かつての高僧たちは、言葉では説明できない人間という感覚、自然や宇宙という感覚を、言葉にする努力を欠かしませんでした。現在、母国語でそれらを学べることに感謝しています。

病は生活のクセからはじまります。生活のクセは心のクセが原因です。心のクセは「思い込み」「信念」が大きく影響しています。(論理療法など参照)また、バーストラウマと言われる、母親の胎内から外に出てくるときの「苦痛」「恐怖」などに誰しもが影響をうけているようです。さらに、その前段階は「カルマ」と呼ばれるものが関係しているようです。カルマとは「残存的行動影響」とでもいいましょうか、平たく言うと「かつての行いは、すべて記録されていて、それが今に影響しているんだ」という思想です。

このカルマにも「良いカルマ」と「悪いカルマ」があるようです。唯識学派の高僧たちは大昔からそれらを見抜き、さらには学問(唯識)として体系化していたようです。それをさらにわかりやすく岡野守也先生の講義で教えてくれるのでこれはラッキーとしかいいようがありませんでした。

そんなカルマは「蔵」にしまいこまれている。と唯識学派の高僧は考えたのです。それを「阿頼耶識」(あらやしき)と呼びます。現代でいう深層意識、潜在意識の一番深いところ。と言うことですね。

阿頼耶識にある「悪いカルマ」の記憶が「心のクセ」を作り出す原因となっていると考えたのです。そこで、阿頼耶識を浄化する方法を高僧たちは発明していくわけです。

それが「六波羅蜜」とよばれる日々の修行方法です。このなかにある「無財の七施」は簡単にできますので、クライアント様に紹介しています。さらに、とっさに使えるのが、アルバート・エリスの論理療法です。この方法は潜在意識ではなく顕在意識をすばやく』変容させてくれますので、おすすめです。(『いやな気分の整理学もしくは、唯識と論理療法』 岡野守也著がおすすめ)

岡野先生の講義で、QOL(=クオリティーオブライフ)の向上に欠かせない「生きる目的」を教えていただいたのです。それは「自利利他円満」という大乗仏教の思想でした。自分が潤い、その余力で利他を継続せよ。という思想です。世界がよりbetterになるための小さなアクションですね。

釈尊は「縁起の理法」を悟ったといわれます。ようするに「すべてとつながっている」「私が独立して存在なんてできないんだ」「するとなにやら感謝の気持ちがわいてきた」「その感謝が慈悲に変容した」「慈悲を動機に利他を継続しよう」という具合です。それを般若後得知というのかもしれません。(大乗仏教がいうところの悟ったあとのこの世での在り方)

QOLの向上とは、自然の摂理に沿ったものでなくてはなりません。体が元気になっても、成功をおさめても、心が自然の摂理に沿ってなくては、やはり苦しいのです。

自利利他というと、どうしても「裕福」を想像しますが、「無財の七施」にあるように「心の裕福を利他する」という方法もあります。(大乗仏教には、餓死しそうな人に説法するより、おにぎりを与えなさいという現実的な部分もあるので参考までに)

まずは体によい生活実践をして、その気になったら「心のクセ」を浄化する生活実践をして、自然の摂理にそった心構えをゆっくりと創ってみる。すると人生の質が向上するのかもしれません。




スポンサーサイト

クオリティーオブライフを考察してみる⑤

クオリティーオブライフを考察してみる⑤
             柔道整復師 谷 弘誠

三条健康堂の谷です。本日も生活実践体験についてお話しさせてください。最後までお付き合いよろしくお願いします。

さて、毎日神社でお参りしたり、気功や太極拳などをすることもおすすめしています。私は自転車通勤ですから、毎日どこかしらの神社に寄ってお参りします。どうやら神社のある土地は炭素含有量が多いようです。田んぼもそうですが、おいしいお米ができる土地とそうでない土地があるように、土地にもそれぞれチカラがあります。先達は「イヤシロチ」「ケガレチ」という2つの呼び方でそれらを見分けていたようです。神社は現代でいうパワースポットですから、その土地のチカラをいただくためにも、気功や太極拳などをするといいと思います。

また、水脈なども関係します。旦那様は元気なのに、奥様は病気になった。同じベッドで寝ている。もしかすると水脈の影響かもしれません。水脈の影響はベッドの左右でも変わります。ほんの少しずれるだけで、危険を回避できますから、専門家に調べてもらうことも良い方法ですね。

また、電磁波は大きな問題です。その対策も様々です。アーシングという方法で体に帯電した+の電気を抜く事はかなり有効です。本当に肩こりが改善します。現在はさまざまなアーシンググッズがありますが、数年前は商品も限られていました。宇宙ロケット用に開発された特殊アルミシートを20メートル購入して、それを当院のクライアント様にお分けして、アーシングした事もありました。これがすごく効きました。

また、エプロンのように電磁波をカットするタイプのものもありますが、私が使用しているのは、電磁波に別の周波数をぶつけて混乱させて、無害にするタイプのものが好みです。WIFIルーターやスマホに張り付けて使用しています。

さて、次号で最後になります
最後のテーマは心のくせです
あと少しお付き合いください

次号につづく

クオリティーオブライフを考察してみる④

クオリティーオブライフを考察してみる④

             柔道整復師 谷 弘誠

 

香川県高松市で三条健康堂という施術院を開院していらっしゃる柔道整復師、谷 弘誠さん。

前回の3回連載では、なぜクオリティーオブライフ(QOL)を実践しようと思われたのか、またどんな風に実践しておられるのかについて執筆していただきました。さて、今回の連載では

 

 

お久しぶりです。三条健康堂の谷です。本日も生活実践の続きをお話ししたいと思います。最後までお付き合いください。よろしくお願いします。

 

今回は身体の歪みについてお話しします。これは私の本業でもあります。つい先日、同業者からこんな質問をされました。「足の歪みを治すと背骨もまっすぐなりますよね」という質問です。私はその言葉に違和感があります。何か身体が止まっているような気持ちになるのです。身体はそこに居つかずに、動き続けようとします。

そこに居ついて執着し続けた身体部位は自然の摂理から逸脱しています。施術家はそれを感じとって調整していくわけです。

 

調整するとまっすぐになるのか?と問われるとそうでもなく、子どもが運動場に到着した瞬間のように、犬がドックラン施設に到着した瞬間のように、動きたいように動き回るのです。ですから、なるようになるとしかいいようがありません。動き回っても、美しい状態に収まるように動くので、それをまっすぐと表現してしまうようです。

 

施術後の質感の変化は見逃してはいけません。

私は「さわやかに」「すっきり」したようになると感じています。

 

身体を施術しても、すぐに元にもどります。禅で数を数えて煩悩から離れるのと同じで、瞬間は煩悩から離れても、また煩悩に覆われてしまい、またそれに気づき煩悩から離れる。ただそれの繰り返し。施術もそれに似ています。

 

しかし、「しないよりはした方がいい」と言えます。風邪や痛みや痺れ、ストレス、身体的疲弊、精神的疲弊などに効果的です。そしてそれを習慣にしていると、意識的な成長が起きます。

 

意識の成長は緊張からは生まれずに、リラックスから生まれるようです。

術者にリラックスさせてもらうことは、クライアント様にとって非常に有効なようです。

 

これは人生のカギになるポイントです。LSD実験で有名なグロフ博士は、その実験のなかで人知をはるかに超えた体験を目の当たりにします。そしてホロトロピックという造語を作りそれらを形容しました。「全体性に向かう」という意味です。実は日本でもホロトロピック「クライアント様の意識の成長を陰からサポートする」という医療思想に賛同し実践しているクリニックが増えています。そこには「こうなれば幸せだ」というような器質的で、ねじを締めればいいんだという思想ではなく、居つかずに、執着せずに、動き続けることこそ、QOLの向上につながるのではないか?ということのようです。

 

そのような思想を持った医療者と提携し、統合医療の一端をになえる時代にあることに、整体をしていてよかったなぁ。と思うようになりました。

 

次号へ続く

 

 

 

旅行記 台湾母娘の旅③

 おじさんが下りてしまい、少しするとあるバス停に止まり、何気に周りの景色を見ると、あれ?この看板、野柳でバスを待っていたときに見た看板と同じだ!しかもバス停もまさにそこ。1時間以上乗ってたけど、同じバス停に戻ってる。どういうこと?パ二くる私。娘もちょうど起きていて、あの看板見たよね?見たけど、まさか戻ってないよと娘。同じ看板に同じような風景なだけ?でも、心配になって、そのバス停から乗車してきて、おじさんの座っていた席に座った女性に英語で話かけると、私は日本人です。という答え。で、彼女にバスの行き先を尋ねると「淡水」行で間違いないという。ほっとするもわけがわからない。必死に頭と地図を見ながら考えると、どうやらこういうことらしい。

 台北と、野柳と、淡水は三角形のような位置関係。しかし、途中は山があって道がなく、私は勝手に野柳から淡水にはいったん台北方向に戻って途中分岐すると思っていた。しかし、実際は台北方向に戻らずに海沿いを走るのが淡水行きだったようだ。ぐるっと一周するので、野柳で下車した場所から乗るのが正解だったのに、淡水から来た反対側のバスに乗ってしまったので、終点まで行って折返してきたようだ。この一時間が全く無駄になったというわけ。行き先は淡水となっていたのではなく、バス会社の名前に「淡水」と入っていてそれが電光掲示板に出てたらしい。バスに乗るときは、行き先を運転手に確認するのが鉄則だといつも思っていたのに、悔やまれる。娘はあと一時間30分バスに乗れば着くんでしょと平気な顔をしてる。

 しかし、これからまた事件が起きるのでした。

 しばらくして運転手がマイクで大声でまくし立て始める。乗客は知らん顔。私も知らん顔。だってわかんないもん。ところが、先ほどの女性が私に、カードを通していない女性二人組がいると言っているよと、教えてくれる。彼女は中国語ができるらしい。バスの中を見渡すと女性二人組は私たちだけ。でもバスカードは二人とも通している。ただし、反対方向に向かっていた時に。焦る私。でも、運転手もそのうち何も言わなくなった。お金を追加で取られるならそれでもいいよ。淡水で降ろしてくれれば。でも、隣の彼女は、席を立って運転手に話しに行ってくれようとした。しかし、運転は荒っぽい。かなり揺れるので、降りるときに私たちの事情を運転手さんに話してあげるからねと言ってくれたので、かなり心強かった。

 時間を無駄にしたことが悔しいし、下車時も心配だったが、外の景色はきれいに晴れ渡った海。まあ、何とかなるさ。
 そして、ようやく淡水の街へ、想像よりもずっと都会であった。いよいよバスを降りる。ドキドキしながらカードをかざす。すると残金も足りていて無事にバスを降りることができた。くだんの女性にはお礼を言って別れる。でも、考えてみれば、中国語が分かる日本人の彼女がいなければ、私は、運転手の言ってることを理解していないので、一時間以上心配することもなかったのではないかな。まあ、いいか。

 この街でしようと思っていたことは、滞在時間が少なくなってしまったため、予定変更で、遅い昼食と、娘のスニーカーを選んだ。ちょうどこの日、長年履いていたスニーカーに穴が空いたのだった。台湾では日本の半額くらいで購入できてラッキーだった。
 
 そして、淡水を離れ台北に戻る。ここからMRTで40分くらいの台北101へ。95階からの眺めを見てから、86階のレストランでディナーである。台北101は休日だし、かなりの列。それでも、ここにはやっぱり来て正解だった。お天気はいまいちだけど、台北の街に夕日が沈む時間と重なり、素敵な眺めであった。そうそう、床が透けて見える場所、確かに下の階や上の人が見えたけど。同僚メモのお陰でスカート持っていかなかったけど、スカートで全然問題なしだったねと娘と話していた。

 その後の夕食は量が多すぎて食べられない。奮発して、窓際を予約したけど夜景も北海道の函館の夜景のほうがきれいかなという感じ。まあ、雰囲気だけは、ゴージャスだった。
 そうして、台湾の3日目も過ぎて行った。ハプニングあったけど、なかなか楽しい旅でした。台湾は、沖縄の共通点が多い気がします。沖縄も大好きなところなので、私は台湾にも住めるかも。
最終日は、6時20分にはホテルを出発。そのまま空港へ。あっという間の3日間。今度はもう少し涼しい時期に行ってみたいな。


<おまけ> 
台湾お土産事情など。
 台湾は結構、お菓子がおいしいです。買って来たお菓子はみんなおいしかった。でも、なぜか、ハンカチやタオルといった類いの物がどの店にもなかった。こんなに暑い国なのに、ハンカチ持たないのかな。空港で、お土産に悩んだ時、無難なのは男女ともにハンカチなのにね。物価はそんなに安くない。まあ、地元の人がいくスーパーなどに行けなかったので、観光客の相場かもしれないけれど。それにしても、コンビニの飲み物と交通料金は格安。MRTに40分乗っても170円くらい。バスに一時間30分乗っても330円。しかも、カードで2割引。私たちはタクシーには一度も乗らなかったけど、黄色いタクシーが走っていて、メーターで料金を払うので、4人とかの移動だとタクシーがお得だと思う。

 同僚メモで必要のない情報は、ポケットティシュを大量にと、滑らない靴。雨が多い地方なので、日傘と雨傘兼用の折り畳み傘は必要。それより汗拭きにタオルハンカチは必須。外をたくさん歩いたときは、汗で髪を洗ったみたいになった。

 娘との旅はあと何回行けるかわからないけれど、帰国後に娘から台湾で買ったカードでメッセージが。「旅行楽しかったね。ありがとう。しっかり稼げるようになったら、私がお母さんを旅行に連れてってあげます。ただし、観光ルート決めはお母さんお願いします。」と、いう内容。バスに乗り間違ったけど、やっぱり私に計画を立てさせるんだね。
娘に旅行に連れてってもらえる日を楽しみにしていようと思う。


*小野寺さゆり*
今年の春には娘と息子も、社会人になり子育て終了。早く孫の顔が見たい北海道に住むムックマムスタッフ53歳。


 | ホーム |  page top