Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

娘からのメッセージ

今年で下の子も成人となる子育て終了ママ  はるかぜ


★このお話は、あくまで私の個人的体験、感想です。このやり方や考え方が、全ての人に有効であるとは言えないと思いますが、私にとって印象的な出来事でしたので、ご紹介させてもらいたいと思い、書かせていただきました。



 一人暮らししている娘とは、ほぼ毎日LINEでやり取りしている。

 ほとんどは、一日の終わりに私からメッセージを入れ、それに娘が返信してくる。

 

 ある日、珍しく娘からこんなメッセージが届いた。

「なんか小さいときに(私が)アトピーだったこと思い出して、完全に治ったのって完璧母の力だね。ありがとう。」

 

 そう、娘は小学校5年生くらいまでアトピーだった。かなりひどい時期もあって、毎日たくさん患部から液が出ていて、下着や服が汚れてしまうほどだった時期もあった。身体検査や、友達のいるところでの着替えなど、かなり辛い思いとしただろうと思う。

 私は、対処療法で治療しようとは思っておらず、根本治療をしないと治らないといろんな方法を試した。アレルギー体質で、アトピーの人が持っていることの多い喘息もあり、これも辛かっただろう。

 

 私がやったのは、まずは食事療法、添加物の入っていないものを選んで、乳製品を控えたり、酸性食品をやめたり、いろんな本などを読んでは試した。何が正しいのかわからなかったが、とにかくやってみた。

 ホメオパシーにもお世話になったし、漢方による湿布も試してみた。ワサビ治療というのもやってみた。特別な水を飲んだり、ノニジュースを飲んでいたこともあった。これが効いたというものはなかったけれど、急性的な症状にはホメオパシーで改善された。

 

 でも、娘本人が頑張ってくれたおかげで、今はきれいな肌をしているし、どこにもアトピーの痕はない。喘息も治ったし、今は好きなことを何でもできる体になっている。

 今になって、娘に感謝されようとは思ってもいなかったので、このメッセージはすごくうれしかった。

 

 病院に行かない、痒み止めも飲ませない。ステロイドも塗らない。辛そうな様子を見ている夫には度々、病院に連れて行けと怒鳴られた。だから、病院には何度か行ったが、もらってきた薬は一切使わなかった。娘も、私の気持ちをわかってくれていて、自分から薬を飲むとは言わなかった。

 大きくなって体力がついたのか、免疫力が上がったのか、体質改善されたのか理由はわからないが、中学に上がるころには、完治したと言っていいと思う状態になった。本当に感謝しかない。

 そして、娘は本当に丈夫に育っている。風邪はほとんどひかないし、熱が出てもすぐ下がる。鼻水や咳が出ても2.3日で治ってしまう。病院知らず、薬いらずだ。

 

 実は息子も同じように、喘息を持っていたし、アトピーもあった。息子の方は、薬を飲みたがったので、痒み止めなどは時々服用していた。こっそり、塗り薬も塗っており、幹部はどす黒く変色していた。そして、息子は体の一箇所だけがずっと治らずに成長したが、高校を卒業後に治ったと本人か言って来た。ただ、長年アトピーと戦った来たからか、皮膚は黒ずんで象の肌のようになっているので、これから少しずつきれいな肌になるのではないかと期待している。息子もかなり長い間辛かったと思うし、頑張ったなあと思う。

 

 痒みというのは本当に辛いと分かっていても、子どもたちがぼりぼり掻いて血が出ている様子を見て「掻くんじゃない!」と声を荒げてしまったこともある。ごめんね、辛かったのはあなた達なのにね。

 その罰が当たったのか、この歳になってから、手足が痒くて、いてもたってもいられなくなることがある。そして、喘息のような症状も。寒い時に走ったり、ほこりっぽい所に入ると、ゼイゼイするようになってしまった。

 私も頑張らないといけないなと思う。

 

 さて、娘へは、「頑張ったのはあなただよ。お母さんこそ感謝してる。辛い思いしても頑張ってくれてありがとう」と返信した。

 

 あきらめなくてよかったなと今しみじみ思う。そして、今思うのは、もし、娘や息子に子どもができたら、その子たちにも私がしてきたように育ててくれたらうれしいなと思っている。


スポンサーサイト

どたばた子育て続行中

                                                                                     H.K

「お母さん、時間やばいよ。」この春高1になった長男の声に飛び起きて、時計を見ると、なんと7時40分。・・・7時40分?!いつもだったら、小5と小3の息子たちが登校している時間です。連休中、我が家に帰ってきていた現在単身赴任中の夫は、朝早くに自分で起きて出勤した模様。残された母と息子3人、アラームにも気づかず(というか、アラームを設定しているスマホを別室に置いたままだった)寝坊してしまったのです。しっかり者の次男も、今日は起きられなかったようで・・・。いつもぎりぎりまで寝ている長男が起きる時間になってしまっていたのでした。 おまけに今日に限って小学校がお弁当の日。(長男には食堂で食べるから今日はお弁当いらないと言われていたのがせめてもの救い・・・)夜中に下準備していた唐揚げを揚げる時間もない!野菜もキュウリだけだけど仕方がない!もうバッタバタで卵焼きを作り、あり合わせのものを10分で詰め込みました。水筒やらなんやらは子どもたちに準備してもらい、最後は車で小学校まで送りましたが、着いたのは登校完了時間の8時ギリギリ(正確には2分ほど遅刻)。でも20分でよくやった! そんなこんなで大変だったのですが、子ども達は、母のへマっぷりにもすっかり慣れてしまったのか、それとも諦めているからなのか、母を一言も責めることなく「あー、急がないと遅れる~」と元気に登校していきました。私も「間に合ってよかった~」と安堵の気持ちで帰宅。で、一人反省会。

相手が失敗するとついつい「何やってるの!だからいつも言ってるでしょ!」と怒りたくなります。家族だと特にそうです。でも、まずは問題解決のために一緒に協力することが大事で、落ち着いてから、今後失敗しないような対策を練ればいいのかも・・・と、今朝のドタバタを振り返って思いました。もし子どもたちに「何でお母さんちゃんと早く起きなかったの!何でお弁当作ってくれてないの!もーーー!遅刻するじゃん!」と責められまくっていたら、私は冷静でいられなかったでしょうし、なんなら逆ギレしていたかもしれません。強く責められなかったことで、逆に素直に反省、それから子どもに感謝することが出来たのではないかと思うのです。子どもにしてもらって嬉しかったことは、ぜひ子どもにも返さなくては。強く叱咤することが必ずしも反省を引き出すとは限らない。むしろ逆効果のような。叱り方、気をつけてみよう。

子育ても16年目に入っていますが、こんな感じで今でも学びの日々を送っています。子どもたちはどんどんしっかりしてきて、反対に私はどんどんボケボケしてきているので、教えられることは増えるばかり。でも息子たちが頼もしくなっていくのを見るのは、母として何よりも幸せなのです。
 | ホーム |  page top