FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

のりかうまれるなつ(父に捧ぐ)

山地 法香(やまじ のりか)
    1962年7月生まれ 55歳
明治大学短期大学部法律学科卒業 一男一女の母
趣味は登山と音楽 香川県高松市在住

庵治中学を皆勤で卒業後、私は高松第1高等学校に入学した。昭和53年のことである。
成田新国際空港が開港し、本四架橋くわ入、日中平和友好条約が正式に調印された1978年に高校生になった。
 希望に胸をふくらませ母の母校でもある一高に通うことになった。通学はバスと電車を乗り継いで約50分の道のりだった。電車に揺れながら、真由美ちゃんと前夜のザ・ベストテンに出演していた松田聖子の話で盛り上がった。フォークやロックを口ずさみ、エレクトーンを弾いた。
エレクトーンと言えば、小学校の時の尾島山上スカイレストランでの発表会では、母のお手製のパンツスーツを着て「おもちゃのチャチャチャ」を弾き、兄と父も見に来てくれたことを思い出す。
 高校は、自由な校風だった。それに加え、両親ものびのびと育ててくれた。学校に出す、家庭調査票の教育方針の欄に父が「自由主義・個性の尊重」と記入していたのを記憶している。
 高校時代はハンドボール部に所属し、汗を流した。兄の影響で旅行を始めたのも高校の時からである。周遊券で山口、東京、横浜を回り、ユースホステルにクラスメイトと宿泊し思い出を作った。
 短大は東京。山登りのサークルを選んだ。新人養生山行は、雲取山。班別山行は八ツ岳、夏合宿は南アルプス、尾瀬。新宿アルプス広場にキスリング(写真のような登山用のザック)を背負って集合した。今も山歩きが好きで、飯野山、香色山、剣山など友人と登る。サークルの同期・後輩とは現在もなお、家族ぐるみの交流が続いている。(風景写真は尾瀬に行った時の一枚)
キスリング
尾瀬3

「涼心炎空 のりかうまれるなつ」と、亡き父が作り、知人に送った和紙の暑中見舞いが手元に一枚ある。7月の終わりに産まれた、初めて女の子の父になった喜びが感じられる。

島津さんはがき (3)


幼い頃は、父が好きだったし、尊敬していた。大事にしてくれた。要所要所で道を作ってくれたり、アドバイスをくれたおかげで今の私がある。女は苦労したらいかん、パパみたいないい男と結婚するのが幸せだ、とユーモアたっぷりに話していた父。助けてもらった父、教えてくれた母、愛してくれた祖母、ひとつ上の兄に感謝しながら、今日から、ゆっくりと、丁寧に、少しずつ、着実に、歩んでいきたい。

私は、父からは堅物、先輩からは硬派と言われた。子宝にも恵まれた今は、夫と静かな生活を送っている。これまで大きな挫折や失敗もなく来られたのは、両親の愛があったから。周りの方々のお陰ではないか。父が亡くなった今、しみじみそう思う。

ミーン、ミーンとセミが鳴き始めた。夏が終わる。


スポンサーサイト

2018年は『ムックマム』20周年 第2回

20年たつと、スタッフも高齢化し、興味の対象も当時とは随分と違ってきました。子育てと言っても幼い子ども達ではなく、思春期や大人になった子ども達だし、どちらかというと、超高齢になってきた親たちが心配だったり、困っていたり。自分達のこれからの人生も、子どもとは切り離したところで考えるようになってきています。

なので、おのずと『ムックマム』の扱うテーマも広がってきて、いわゆる子育て世代のママ達の話題が中心ではなく、社会問題、健康、精神面などなど、生きること全般になりました。

発信の仕方も、16年目だったか、冊子をやめてブログ版に切り替えました。
今やネットで何でも調べられ、情報交換できる時代。
リアルにして稀少な自然派情報を発信しよう~!という気負いも必要なくなり、ご縁あった方に、それぞれの想いや、経験や、情報を伝えていただけたら…というノリに変化しています。

書く人がいて、読む人がいて・・・それをつなぐのが『ムックマム』。これからは少しペースダウンをして、ブログへのアップは不規則になりますが、細々とでも続けていけたらと思っています。

原稿を書いて下さる方はこれからも大募集していますので、初めての方も、過去に書いて下さった方も、どんどんお声を掛けて下さいね!
 

話は変わりますが、私の個人的なお知らせ。

2年ちょっと前に故郷のうどん県高松市に帰ってきました。31年ぶりの香川生活は、思ったより違和感ありません。
瀬戸内海の美しさと柑橘類の種類の多さ、うどんのコシ!小豆島産オリーブオイル、ああ、おいしいものがこんなにあったのか~と一通り感激し終え、1年前にお店をオープンして、あたふたと毎日を過ごしています。

お店は新潟時代を含めて10年目。最初の頃は、「お店出せていいですね~」と言われると、逃げ出したくなるくらい、経営初心者の私には大変なことだらけでしたが、これも、続けてきたことで、育てられました。

1つクリアすると、さらに大変なことが降ってきて、それをクリアすると、またさらに・・・という法則を聞いたことがありますが、自分の辿ってきた道を振り返ると、学生時代に部活を頑張れたから子育ても頑張れた。子育てを頑張れたから、ムックマム頑張れた。ムックマムを頑張れたからお店頑張れた。

と、その時、その時、とりあえず目の前にあることを頑張ってやっていたら、順々に大きな課題がやってきて、いつの間にか肚も座り、しぶとくねばれる力がついていた、という感じです。

なんでもかんでも頑張る必要はないけれど、今の自分にとってちょっと大変だな、責任が重いなと感じるくらいのことを頑張って続けていると、いつの間にか思いもよらなかった世界が広がっているっていうのは、あるみたいです。

面白い人とつながったり、わくわくするような出来事が起こったり。自分のことが前より頼もしく思えるようになってたりもしますね。何より嬉しいのは、子ども達から応援してもらえたりすること。あ、あと、悩んでるヒマもなくなって、あまり悩まなくなっていきます(私だけかな)。夫の協力も得られたりして・・・は、人によりますね。

『ムックマム』20年。続けてこられて本当によかった。皆さま、これまで本当にありがとうございます。これから21年目に入りますが、ゆるゆるとでも続けていけたらなと思います。皆さま、是非、ご投稿をよろしくお願いします。

原稿を書いてみようかな~と思われる方、こちらまでご連絡下さい。
↓↓↓↓↓↓↓
mukkumamu2014@gmail.com

ムックマム編集長 湯川あゆみ
 | ホーム |  page top