Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

正月に家族(子育て)について思う

正月に家族(子育て)について思う
 
                       ムックマムスタッフ 小野寺さゆり

晦日に帰省していた大学生の娘が、2日にはアルバイトがあるからと帰って行った。
お正月休み中の私は、特にすることもなく昔のアルバムなどをながめている。

娘は、中学を卒業してから家を離れて下宿していたから、両親と暮らしたのは15年、3歳下の弟と暮らしたのは12年ということになる。人生70年は生きるとして、そのうちの15年・12年が長いのか短いのかを考えてみた。娘たちに小さい頃の話をしても覚えていることは少ない。つまり過ごした年月よりはるかに短い記憶だけしか残ってはいないことになる。息子は姉のアパートには一度も訪問していない。春には、息子も家を出るから、娘のたまの帰省の日に息子が帰省しているとも限らない。きょうだいは、両親が亡きあとも交流はするであろうが、一生のうちに一緒に過ごす時間は、仲の良い友人や職場の同僚などと比べるとかなり短いのではないか。

そう考えると家族って一緒にいる時間が短いな。
子育て真っ最中のころの写真を見ると、くったくのない笑顔の娘や息子がいる。こんなにもかわいらしかったのだ。
この頃の私は今よりずっと若く体力もあった。いつも一緒にいた子どもたち。お母さんお母さんと、まとわりついてきた。子どもはその愛らしさで3歳までに一生分の親孝行をすると言われるが本当かもしれない。

今、もしこれまでの人生の中で好きな時代に戻れるなら、娘5歳・息子2歳の頃を選ぶだろう。毎日が大変だった。睡眠時間も短く、お昼寝もできない。友人と遊ぶこともできなかった。一日に何度となく、大声を出した。イライラしたり、泣き出したかったこともあった。それでも、毎日が幸せだったと今なら思える。かわいい笑顔の子どもたちがすぐそばにいたから。

児童虐待という言葉をよく耳にするようになってしまった。赤ん坊が生まれると赤ん坊中心の生活になる。お母さんはそりゃあ大変で、もっと自由が欲しいと思うだろう。でも、一生のうちでわが子と過ごせる期間は、思ったよりはるかに短い。と、いうことをその頃は気づくことができない。

子育てがしんどいと思っているお母さん、子どもと離れる時間が欲しいと思っているお母さん、頑張っているのに、毎日が辛いお母さんもいるでしょう。でもね、今が一番幸せな時かもしれませんよ。愛するこどものそばに居られるのは今だけ。
10年後、15年後のあなたは今のあなたが一番うらやましいと思っているよ。たぶんね。

さあ、10年後の私はどうなっているかな。孫にお年玉を用意しているかな。将来の自分の姿を楽しみにアルバムを閉じよう。
スポンサーサイト

コメント

ほっこりした気持ちになりました

よくわかります。子育て真っ最中に「たいへん」と思ってたことも、今では何でもなかったことのように感じられ、当時の自分に「だいじょうぶ」と言ってあげたくなるのも、祖父母を含めた家族や友人、時には公的私的サポートもあってのことだったなって。それで何とか親育ちできたと思います。
2017-02-02 14:37 | ほこ #- | URL [ 編集 ]

ほこさんコメントありがとうございます❗️
子育て中の自分はよく頑張ってたなあって思いますよね
私は仕事をしてたので、子どもともっと一緒にいたいと思っていました。
子どもが病気の時は自分が二人いれば良いのにと思いましたね。面倒見てくれた両親に感謝しています。
回りのサポートなしでは乗り切れませんでした。
2017-02-02 23:23 | ムックマム小野寺 #- | URL [ 編集 ]

なんだかしみじみ読ませていただきました。うちの子どもたちももう大きいのですが、今振り返って思い出そうとしても、当時は無我夢中でしたので、どうやって子育てしてきたのか思い出せないほどです。懐かしい記憶を思い出させていただき、ありがとうございました。
2017-02-02 23:50 | えびす #- | URL [ 編集 ]

えびすさんコメントありがとうございます
今は、イクメンとか、イクボスとか言われるようになりました。
子育て中の環境ってどんどん変わって行きますね。
地域社会を含めてみんなで子育てを応援する必要がある時代となったように感じます。
2017-02-12 15:24 | ムックマム小野寺 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/103-4523d9b5

 | ホーム |  page top