FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

お医者さん、教えて! 第1回

≪お医者さん、教えて! 湯川クリニック院長 湯川貴男先生に訊く≫

 世間で飛び交う健康話、どこまで本当?一面からしか見ていない情報、矛盾している情報などなど、素人にはなかなか判断がつきかねます。信頼できるお医者さんに単刀直入に聞けたら、すっきり納得のいく回答が得られるかも。
 ということで、3回シリーズでおたずねしてみました。
 ご回答いただくのは、ホリスティックなお医者さんで知られた湯川貴男先生です。



湯川 貴男(ゆかわ たかお)
西洋医学と自然療法それぞれの良さを活かした治療とアドバイスに取り組んで13年。
ライフスタイルの提案を含め、患者さんの自然治癒力を高めて、健康と生活の質の向上に貢献。新潟市生まれ、香川県在住。



第1回 ~マスクはホントに風邪予防になってる?~

Q 道産子さん

 風邪やインフルエンザの時のマスクは感染防止に有効でしょうか?
 自分が風邪の時は、マナーとしてマスクをしますし、乾燥予防にマスクを使うことがありますが、風邪が流行ってきた時に、自分が感染しないようにマスクをすることは有効でしょうか?

A 湯川先生

 風邪やインフルエンザの原因であるウイルスは、飛沫感染といって唾液、鼻水、喀痰と一緒に飛び散って感染します。せきやくしゃみをするたびに唾液、鼻水、喀痰に大量に付着したウイルスがまき散らされるわけです。したがって、自分が感染している場合はウイルスをまき散らさないという目的でマスクは有効です。

 一方、自分の感染予防になるかというと、こちらも予防になると考えられています。確かにウイルスの大きさはマスクの目を楽々と通り抜けられるほどに小さいです。しかし、マスクをすることで少しでも入ってくるウイルスの量が少なくなれば、自分の免疫力のほうが勝り、発症しない可能性が高まります。

 もう一点、重要なことは、風邪やインフルエンザのウイルスは、低温や乾燥した環境を好むということです。ということは、温度が高く、湿った環境では増殖が遅くなるということです。マスクをしていると、呼気に含まれる暖気や湿気を口の周りから逃がさない効果があり、マスクの内側は暖かく湿っています。その結果、ウイルスが増殖しにくい環境を作ることができるということです。

 あと大切なのは、マスクのつけ方です。鼻の上部にすき間を作らないことがポイントです。
 正しいマスクの付け方を覚えて、風邪やインフルエンザを予防して下さい。


第2回に続く>>


スポンサーサイト

コメント

なるほど〜
よくわかりました。
最近マスクをしている人が増えましたが
自分は息苦しいし、効果あるのかな?
って思っていたので、このお話を聞いて
よくわかりましたー
ありがとうございます!
2017-04-17 23:27 | まめっこ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/111-84de8058

 | ホーム |  page top