Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

僕がMR(製薬会社の営業)を辞めたわけ⑥

僕がMR(製薬会社の営業)を辞めたわけ⑥

こんにちは。
あっつです。
「僕がMRを辞めたわけ」いよいよ最終回です。
これから僕がしたいことは【医・衣・食・住】×【心・体・魂】といったものをコンセプトにしたサービスを作りたいと思っています。
オンライン上に学校があり、図書館があり、病院があり、ショップがあり、オフライン(リアル)でも繋がり合えるというイメージ。

例えば【医療】だけ見ても本当にたくさんの治療法がありそれぞれの特徴がありますが、僕も詳しく知りません。そして患者さんを含めた一般ユーザーが必要なのは自分にはどの治療が合っているのか?必要なのか?です。
だからそれぞれ治療家・セラピストは一般の人に知ってもらう努力が必要だし、治療家・セラピスト同士でもジャンルや流派を超えて理解し合う時に差し掛かっているんじゃないかと思っています。

僕たちも病気になったら病院・クリニックに行くではなく、なぜその症状になったのか考えたり自分で対処する術を知る、どんなものを食べたらいいのか、どこでそれを買えるのかを調べる場所があるというのは安心ですよね。
今は1つの知識を手にすることができたとしても、それは全体の一部だったり断片的なものでしかなく、残念ながら全体像を理解することはできません。
医療の専門家からは医療の情報を得つつ、健康に関連する食とか心のこと体のこともについての情報も同時に得ることができたとしたらいいなと思っています。情報も人も、点が線になり、面になったらいいですよね。

そしてそれが同時にオフライン(リアル)の繋がりをより深められるものであれば一番いいのではないかと思っています。
どんな治療をどんな人がどんな想いで行なっているのか、それを知ることが出来たらユーザーはとても心強い安心感を得られますよね。

フリーエネルギーが実現したらこの世の中は一変するでしょうし、逆にもしかしたらインターネットが使えなくなる可能性や欲しい情報が全く手に入らなくなる可能性だってあります。
これからはAI技術が進んで人がやってることはどんどんロボットがやってくれるでしょう。

その時に残るのはなんだろう?人にしかできないことはなんだろう?って考えると肌と肌の触れ合い、心を通わせること、先を見通すことや、イマジネーション、インスピレーション、クリエイティビティなど。
そのために手を伸ばせば差し伸べてくれる距離に専門家がいていつでも相談できる究極の安心感を得られる社会。こういった医・衣・食・住の専門家がいるコミュニティが全国でできあがったらいいなと思っています。

僕が今知り合った方だけでももっとこの人をみんなに知って欲しい人が本当にたくさんいます。
人にしかできないこと。そしてその人の想いが詰まった情報を必要としている人に届くものを創りたい。
今はただの夢物語だと思ってもらっていいんです。でも製薬会社を辞めた今、そんな未来を目指して活動しています。


スポンサーサイト

コメント

あっつさんの活動を応援したいです。
結局、人が求めるようにしか社会は動かないので、今の社会は自分たちが求めた通りになっていると思います。あっつさんのような人たちの頑張りによって社会は変わっていくと思うので、人任せでなく自分も同じ方向へ向かって頑張りたいと心を新たにしました。
ためになるお話をありがとうございました。
2017-08-21 00:42 | らりん #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/123-6ec444a2

 | ホーム |  page top