Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

ありのままコミュニケーションPartⅡ 第2回(3回連載)

井上 裕香 
プロフィール:大阪出身、新潟、香川を経てこの秋には岡山へ移住予定。時々災害ボランティアや高線量地域の子供たちの保養支援もするさすらいの看護師。「ありのままコミュニケーション」勉強会の出張講師します。お声かけ下さい。



 

ムックマムブログ読者の皆様こんにちは。今回は誰かへの非難・否定の中に、希望やさやしさのニーズが隠れていることを感じてもらいたいと思います。

 

では、何か一般名詞を使って、それを非難・否定する文を一つ、書いて下さい。例えば「政治家は嘘つきで怠惰だ」「女性はすぐ感情的になる」などです。

 

次はその非難・否定がどんな時に感じられたのか、少し集中して思い出してみてください。そして「○○が××しているのを見た時(○○が××と言うのを聞いた時)、△△と感じた。私は『ニーズをあらわす言葉』を大切にしたいから」という形に書き換えをしてみて下さい。

 

「国会議員が国会で他の議員が議論している最中に居眠りをしていたり、選挙前と選挙の後で言っていることが変わっているのを見た時、強い怒りを感じた。私は勤勉さと正直さを大切にしたいから。」

Aさんに仕事のミスを指摘したら泣かれた時、とても困惑した。私は仕事を効率よく進めることを大切にしたいから」

 

「政治家」「女性」など一般的なものへの非難・否定も、多くの場合、そういう思いを持つに至った「個人的な経験」があります。非難・否定しているだけでは解決や改善に至る道は見えにくく、自分はその問題に対して無力だと感じることが多いのではないでしょうか。でも「個人的な経験」と「ニーズ」とつながることができれば、その問題に対して自分ができることが見えてきます。

 

勤勉さと正直さを大切にしたいということがわかれば、選挙の時に、もっと候補者の実際の行動や政策を調べるようになるかも知れません。勤勉でない、正直でない政治家の実際の画像や映像をあつめてネットで公表する、なんてこともできる時代です。

Aさんには「あなた個人を非難しているように感じたのならすいません。そうではなく、私は仕事上の効率を大切にしたいのですが、それは理解してもらえるかな?」と声をかけることができて、話し合いの糸口が見つかるかもしれません。

 

非難や否定の態度は、怒りや悲しみ、困惑などの感情から生まれてきます。そして、そこには、もっと理解したい(されたい)、大切にしたい(されたい)、成長したい(してほしい)、などの、誰でもが持っている優しさや希望のニーズが隠されていることが多いのです。

 

そして「個人的な経験」や「ニーズ」がなかなか思い浮かばない時は、他人の言葉やメディアの記事などの非難・否定の言葉や態度を「あたりまえ」と思い込んでいるかも知れません。またもやでてくる「ありのままコミュニケーション」の対極となる「あたりまえコミュニケーション」です。

 

あたりまえという思い込みを根拠に、誰かを、何かを非難・否定するのはもったいないし、時には危険なことだと私は思いますが、自分の気持ちや態度の根拠がどこにあるか、人はなかなか気づくことができません。

人の気持ちや態度は、思い出しやすい代表例(例えばテレビで繰り返し報道されていたり、親から何度も言われているようなこと)によって容易に操作されてしまうということが、最近の認知心理学の実験からも言われています。

 

人間心理の特性からも、ニーズとつながることは難しい時も多いのですが、考えながら書くのは、とても良い練習になると思います。一般的なものにだけでなく、特定の個人や団体に対する非難・否定も同様に「個人的な体験」と「ニーズ」につながることで、本当は自分がどうしたいのか、どうして欲しいのかが見えやすくなります。

 

そして、今回は公開練習の場としてコメント欄を使用したいと思います。コメント欄に非難・否定の言葉を書いていただければ、私があなたのニーズを推測して書き換えをやらせていただきます。ぜひ書き込みをしてみて下さいね。




★ムックマムよりこの記事をお読みの皆様へ★
「こんなこと言わなければよかったなぁ」「もう少し他の言い方にすれば良かったかな」など、日頃いろいろご経験されているかと思います。この機会にぜひコメント欄に書き込みをしていただき、気持ちよいコミュニケーションのご参考にしていただければと思います。
講師の井上様と一緒にお待ちしております!


スポンサーサイト

コメント

日頃思っていることは、いつも仕事を押し付けてくる上司は、仕事中にスマホをしている。ことに腹が立ちます。
スマホしてる時間があれば、自分でやれと思うのですが、そういう個人的なことではなかったですよね?
つまり、偉い人は、仕事を押し付ける。人にやらせる。と、言うことなんですが、ズレてたらごめんなさい。
2017-09-10 19:35 | ほおずき #- | URL [ 編集 ]

意外と難しい!

うーむ、せっかくの機会なのに、いざ考えると思いつかない。人を批難したりしたことがない…はずないのに、どんどん忘れて暮らしている自分が怖い。
それはさておき、内なる声として、昔の職場で何度も叫びそうになったコトバを書きます。
「貴女(達)が仕事が早くて良く出来るのはわかるけど、自分より遅い他の人(達)の悪口を声高に言うのはやめて欲しい。そんなこと言ったって、遅い人が早くなるわけではないし雰囲気が悪くなるだけだよ」
2017-09-10 23:28 | くりきん #- | URL [ 編集 ]

つい、思ってしまうこと。これかな。


無責任な人ってどういう感覚なんだ?!なんで平気なんだ?!


克服方法としては、ま、いっかと呟くこと。心の中で、あの人には2度と頼まないと思いつつ。

もっと前向きな捉え方、したいものです。

2017-09-11 22:14 | 島湖たん #- | URL [ 編集 ]

ほおずきさんありがとうございます

ほおずきさん
早速のコメントありがとうございました
ずれてないです。バッチリです。
この「非難」の裏にあるニーズを推測させてもらいますね
ほおずきさんのありのままの感情とニーズはこんな感じかもしれません。

〈上司に向かって)あなたが仕事中にスマホをしているのをみると、とても気になり、腹が立ちます。私は仕事をする上で、もっと上司としてあなたを尊敬したいのです。
もし私が仕事中に頻繁にスマホを触っていたら、あなたはどんな風に思われますか?
 
上司、偉い人、であれば、尊敬に値するひとであってほしい。相手を尊敬することができれば仕事へのモチベーションも上がるだろうし、もっと仕事を頼まれることに抵抗がなくなるかもしれない。

どうでしょうか?
2017-09-12 20:14 | 井上裕香 #- | URL [ 編集 ]

くりきんさんありがとうございます

くりきんさん
昔の職場で叫び出したいような思いを何度もされたんですね。ちょっと辛い思い出だったかもしれませんが、シェアしてくださってありがとうございます。
感情とニーズを推測させていただきますね

○○さんと××さんが、2人で△△さんのことを「あの人は仕事が遅くてこちらが迷惑するんだよね」「そうよね」と話しているのを聞いた時、私はとても悲しい気持ちになりました。
私は助け合うということを大切に思っています。
本当に迷惑なら、△△さんがもっと仕事を早くできるようにするにはどうしたらよいか、一緒に考えてもらってもいいですか?

こんな感じでいかがでしょう?
噂話をする人たちにこんな提案をすることはすごく難しいと感じられるかもしれません。
でも自分が「助け合う」ということを大切にしたい、と気づいたとしたら、くりきんさんが△△さんを助けることができたとき、○○さんと××さんへのいやーな気持ちが少しやわらぐかもしれません。

叫びだしたくなった時に、どんな会話が聞こえていたのかが具体的になってくると、その時の感情や、自分が何を大切にしたかったのかがはっきりしてくるかも知れません。
2017-09-12 20:26 | 井上裕香 #- | URL [ 編集 ]

島湖たんさんありがとうございます

つい思ってしまう、でももっと前向きになりたいのに、と希望をもっていらっしゃるんですね。
コメントありがとうございました。
具体的な体験がありませんが、二度と頼まない、とあるのでやはり仕事がらみでしょうか
出来事と感情、ニーズを推測させていただきますね

あなたが自分から〇日までに仕上げると言った仕事をまだやっていないと知った時、私はとても困惑しました。
私は信頼や責任を大切にしたいと思っています。
あなたの言葉を信頼して仕事を依頼したのだけれど、あなたにとって責任を果たすということはどういう意味をもっているか教えてもらえますか?

これはもちろん教科書的というか、定型的な文章なので、これをそのまま相手に言うことは難しいし、自然ではないと思います。
でも、あなたはなんて無責任なんだろう、と思っていると、どんなやさしい言葉をつかっても、批判・非難の気持ちが相手に伝わると思うんですが、私は責任感って大事だと思うんだけど、あなたはどう思う?って流れで話ができると対話になりやすいと感じています。

いかがでしょうか?
2017-09-12 20:45 | 井上裕香 #- | URL [ 編集 ]

井上さん
すごーいです。そうなんですよね。上司には尊敬出来る人であってほしい。
それでないと、仕事を頼まれてもやる気が起きない。
この人なら付いていこうと思える人。
これは自分に置き換えると、部下には尊敬される人でなければいけなと、思いました。
ありがとうございます!
2017-09-14 22:30 | ほおずき #- | URL [ 編集 ]

ほおずきさん
コメントへのお返事ありがとうございます(^^)/
「そんなんじゃダメでしょ」の裏にある、相手への愛とか希望って、実はとてもあったかいもんなんじゃないかと思うのです。そしてほおずきさんは、自分がそうありたいって感じるところへ感覚が向かれたんですね。素敵です☆
2017-09-15 23:12 | 井上裕香 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/125-825f1b26

 | ホーム |  page top