FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

こころ(潜在意識)の中にある古いパターンを手放すとき

こころ(潜在意識)の中にある古いパターンを手放すとき 

 近藤 真一
=プロフィール=
新潟市在住。
セッションスペース:エンジョイ・ハート代表(薬剤師)
心と身体、エネルギーのトータルバランス気功療法Гエンジェル コンシャス セラピー」を行っている。
https://enjoy-heart.jimdo.com/


私はこころ(潜在意識)の不思議さ、可能性に魅了され、それを扱う数々のセラピーを学び、セラピストもしております。やればやるほど、気付きがあって、人生の経験が統合でき、どこまでも限りなく奥が深くて楽しいのです。

私自身の悩みであったエネルギー漏れ状態(特に何もしていないのに疲れ易い状態)を、インナーチャイルド(こころの中にある子どもの部分。その人本来の姿、魂の特徴で、コミュニケーションを司っていると言われ、本来は天真爛漫で深い叡智を持っている)を癒す事で改善した体験談を書かせて頂きます。

私のインナーチャイルドは、ある愛情表現をしっかりと握りしめておりました。
精神的な話ですので、目には見えませんし、自分の内側で行っている地味な愛情表現ですので、まわりにわかってもらえるものでもありません。何よりそれをずっと持ち続けている事すら、長い間自分自身でも気付いていなかったのです。

その愛情表現とは、まわりの人々(特に家族)の大変そうな様子を見ると、無意識にその人の気持ちごと背負い「私が何とかしよう!」と気負う事なんです。
勿論それだけでその人々の状況が私が望むほどに良くなってくるわけがないですよね。
その満足いかない現実を見て、今度は「何もできなかった」という無力感を感じるのです。まあ子どもですから、何も出来ないのも無理ないわけなのですが。

このインナーチャイルドの愛情表現の原点はというと、母子家庭に育った私は、大変そうな母親に対しての愛情表現に、これを使っては無力感を感じていました。他の人々に対してはその延長なんですね。
その人の気持ちごと背負ってしまう、所謂「背負いグセ」ともいえる愛情表現のクセは精神的にも、肉体的にもエネルギー漏れを作り出して疲労に繋がっていました。

他の人の人生を肩代わり出来るものでもありませんし、自分は自分自身の人生を生きなければいけないと、頭(顕在意識)ではわかっているのですが、潜在意識レベルでは、たとえそれが合理的ではなくても、これが愛情表現ですので無くしてしまえなかった訳です。

母親が亡くなってから、やっとこの事に気付き、潜在意識レベルにあった無意識の「背負いグセ」を手放して、基本的に宇宙にお任せする方法に変更。「もし何か対処する事が起きた時には、今ならもうしっかりと対処能力があるから大丈夫だよ」とインナーチャイルドに納得してもらったら、心も体も軽やかになりエネルギーの漏れもなくなりました。

大人になってまで、全く合理性のない愛情表現を頑なに持ち続けた事に笑いさえ隠せませんが、それだけ母親の事が大切で、とても愛していたのだと改めて感じた次第です。

亡き母に、愛と感謝を込めて。
スポンサーサイト

コメント

体験談をもとにしたお話をありがとうございます。私にも通じるものがありました。これまでかなりエネルギーを漏らしてきたようです。「背負いクセを手放す」「宇宙へお任せする」ということを意識していきたいです。
2017-12-05 23:50 | ムックマムスタッフK #- | URL [ 編集 ]

初めて難しいお話だなって思いましたが、なんだか読むと
すっとわかった気がしました。
背負いぐせ私にもあります。
とても、参考になりました。
お母様も天国で喜んでいるでしょうね。
2017-12-06 00:13 | ミルク #- | URL [ 編集 ]

ムックマムスタッフKさま、ミルクさまコメントをありがとうございます。嬉しいです。
話の中で「宇宙にお任せ」という言葉で表現をいたしましたが、もう少し詳しく書きますね。
「その方の内なる神にお任せ」という方法(その人の最高最善が現れる事を信頼して「この方をどうぞよろしくお願い致します」ってその方の内なる神に祈る、委ねる)をとるようになってから、私は無駄に背負って頑張っていた自力を手放す事ができて、楽になりました(^ ^)
2017-12-09 17:09 | 近藤 真一 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/132-b2653a11

 | ホーム |  page top