FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

お隣りの国の小説を読んだことはありますか? ②

800対21。この比が示すものは何でしょうか。


大変な格差がある状態だということは、すぐお分かりになると思います。


これは、ちょっと古いデータですが、韓国語の翻訳家舘野晳さんの文章中に見つけた数字です(引用元「をちこち」=国際交流基金のウェブマガジン、掲載日不明)。800というのは韓国での日本文学の翻訳出版の年間点数。21は日本での韓国文学の翻訳出版点数で、2001年から10年間のデータから1年平均を割り出したもの。だいぶ経ってはいますが、あまり状況は変わっていないようです。

彼によれば、ソウルにある大型書店の翻訳書コーナーでも日本文学は別格扱いで、“大きな平台と書棚が用意されており、そこに翻訳書がずらりと並んでいるさまは壮観”だそうです(“”内は上記「をちこち」より。ウエブには写真も掲載)。その品揃えは古典文学に始まり近現代文学の名作、最近売れ筋の人気作家の最新作まで多岐にわたるのだとか。


前号で紹介した「野良猫姫」(ファン・インスク作)のラストにも、何気なく「米原万里のエッセイに出ていた私の好きな詩」が登場し、「えっ、米原万里、と言えばあの米原万里(ロシア語通訳・作家。2006年逝去)だよなぁ…」と驚きました。

日本文学がそんなにも受け入れられている、というのは嬉しい反面、最初の数字を考えると、それでいいのか?と思ってしまうのです。


勿論、KPOP、韓流ドラマは根強い人気ですし、それで十分じゃないか、という人もいるでしょう。でも、KPOPや韓流ドラマに興味ない人にとって、彼の国の人々の内面を知る手段が殆どないわけです。


韓国文学が翻訳出版されない理由はマーケティング上「出版したところで売れないだろう」と推測されるからに他なりません。しかし、鳥が先か卵が先か、という話で、そもそも情報や手に取る機会がないのですから、読もうという人も増えないでしょう。この拙文を読んで興味を持った方は、ぜひ、図書館などで新しい世代の韓国文学の本を探したりリクエストしたりしてみてください。少しずつでも、冒頭にあげた格差が縮まることを願っています。


ここに、前号の冒頭で引用した短編小説集「世界の果て、彼女」(キム・ヨンス著)から再び、「著者の言葉」の文章を載せて締めくくりたいと思います。



“僕は、他者を理解することは可能だ、ということに懐疑的だ。僕たちは多くの場合、他者を誤解している。君の気持ちはよくわかる、などと言ってはならない。(…略…)僕が希望を感じるのは、こうした人間の限界を見つける時だ。僕たちは努力しなければ、互いを理解することはできない。愛とはこういう世界に存在している。従って、誰かを愛するのであれば、努力しなければならない。そして、他者のために努力するという行為そのものが、人生を生きるに値するものにしてくれる。だから、簡単に慰めたりしない代わりに簡単に絶望もしないこと、それが核心だ。”



*絵本の好きな方へ…「天女銭湯」「天女かあさん」(共に、ペク・ヒナ著)が面白いです!



スポンサーサイト

コメント

最後の言葉良いですねぇ〜
韓流ドラマあんまり見た事ないですが、
韓国のお国柄なんかがわかっていると、きっと
面白いでしょうし、本は読んで見たいなぁーって
思いました。
今の季節は読書が楽しいです。
温泉にも本を持っていくので韓国の本も手にとってみたいと思いました!
2017-12-17 18:18 | サムスン #- | URL [ 編集 ]

サムスンさん、コメントありがとうございます。温泉にも本を持参!いいですね。
スタッフこももさんに絵本の紹介もしてもらいましたが、我が家に韓国の絵本があったことをふと思い出し久しぶりに手に取りました。子どもの絵本専門店主のすすめで購入した「韓国の絵本10選シリーズ」の1冊で「わたしの社稷洞(サジクドン)」です。
2017-12-18 23:21 | ムックマムスタッフK #- | URL [ 編集 ]

修正:スタッフこももさん→スタッフもなかさん
失礼いたしました。
2017-12-20 00:03 | ムックマムスタッフK #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/135-c15b171b

 | ホーム |  page top