Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

冬の山で ②

冬の山で ②

     眞鍋 奈緒子

前回は、私がなぜ竹炭を作り始めたかをお話しました。
今回は、竹炭の作り方を説明します。

まず、燃やす場所に穴を掘り、その穴に入る大きさに竹を伐って入れて燃やしていき、灰になる手前で水をかけるだけです。
言うのは簡単ですが、実際その場は急斜面であることが多く、足場が悪い上に穴が掘れそうな開けた場所を探すのが一苦労でした。
いざ、スコップで掘っていくにも竹の株や根が邪魔してなかなか進みません。穴掘りに一日がかりです。でも、穴が掘れたらすぐに燃やせる竹はそのあたりに倒れ掛かって枯れている竹が山のようにあるので手や足で短く折ってどんどん燃やしていけます。この寒い時期に熱い火の横にいるだけで幸せです。

竹の火力は凄まじいです。恐ろしいぐらいの炎で燃えていきます。
初めのうちは穴の側の落ち葉や竹に燃え移らないか心配なので火力を控えめにするほどです。
穴の周りが広くなってきたらどんどん作業もしやすく炎も大きくできてもっと楽しくなってきます。
初めに枯れた竹で炎を大きくすると伐りたての瑞々しい竹でさえ燃やせます。倒れ重なって上のほうで引っかかってもつれていろんな方向に向いている枯れた竹とまだ生えている竹をほどいていくように伐って燃やしていくうちに視界が開け、その場が明るく開けてくるのを見てはまた満足していくのです。

竹炭は4、5時間燃やし続けて米袋2袋ぐらいにはなるかな?
ついそれを袋に入れてどこかへ運ぶのが手間で残った灰を山に返して、ただ燃やすことを楽しんでいます。

ただ、野焼はあまり良く思われていませんし、もしかしたら火事の心配もありますので、燃やす場合はその地域の消防に電話して、名前と連絡先といつからいつまで燃やします。ちゃんと水を用意していますと一報入れておくようにしています。民家の近くだと通報されることがありますので。
次回は、冬の山での様子をお話します。
スポンサーサイト

コメント

眞鍋 奈緒子様、貴重なお話ありがとうございます。雪国で育った私は、冬の山というと雪のイメージしかなかったのですが、炎のあたたかさや、におい、風まで伝わってきました。視界が開けるのと同時に、心もすっきり浄化していきそうです。次回のお話も楽しみです。
2018-02-01 21:08 | ムックマムスタッフK #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/138-6efb20a2

 | ホーム |  page top