FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

父の認知症(その後)②

父の認知症(その後)②
                     ムックマムスタッフ S子

 認知症を発症する前の父は、緑内障の治療をしていましたが、その他は至って元気で、薬を飲むような病気になってはいませんでした。

 しかし、一年ほど前のこと、仕事中に友人から電話があり、街中で血だらけになっている父と介抱している母に遭遇して、一緒にいるとのこと。慌てて現場に行くと、父は、つまずいて転倒し歩道に顔面を打って目と目の間を切っていました。友人にお礼を言って、病院に連れて行き、縫合してもらいました。
 母も携帯電話を持っているのですが、外出するときに持ち歩いておらず、幸いにも友人が見つけてくれて助かりました。もう、診療時間が終わっており、夜間診療時間でしたが、なんとか治療できました。しかし、治療後は絆創膏をはがそうとするし、自分がなぜこんなけがをしたか忘れているので、何度も質問するし、翌日病院に消毒に行くとか、後日の抜糸の際も、父は、我慢と言うことをしないので、痛いからやめろとか、何をするんだと医者に悪態をつきます。
 ただ、あんな傷をしても不思議と痛がらず、家ではおとなしいのが不思議で、痛みを感じなくなったのかと不安に思うほどでした。しかし、嫌なことをされると痛いと言えば良いと思っており、例えば、爪切りや髭剃りなどは嫌なので痛いとか、血が出るからやめろと言うのです。

 こんなこともありました。頻繁にトイレに行くのですが、尿が出ないと。これは大変と受診すると、前立腺の病気で、かなり尿がたまっている状態でした。ほおっておけば尿毒症になって死亡する状態。しかし驚いたのは通常は手術をすれば完治するようですが、認知症だと、手術はできないと言われたのです。認知症患者の入院を受け入れてくれる病院も少ないと言います。本人に治療の理解がなく、手術の意志が確認できないためです。愕然としました。確かに、今の父は麻酔すれば手術はできるでしょうか、麻酔が醒めたあとは、状況が理解できないでしょう。投薬で改善しなければそれ以上何もできないと。金銭管理は成年後見人制度の利用ができますが、認知症患者の医療の方はたとえ家族が頼んでも体にメスは入れられないようです。

 さて、父の場合は投薬で排尿できるようになり、一安心ですが、この後、鼻血が止まらず救急搬送されたり、できものができて通院など、何度か医療にかかるのですが、その度に、医者には、痛い、何をする、やめろ、ひどい時は「叩きつけるぞ」と暴言を吐くのです。もう、病院で治療もできないのかと母と同行した姉をほとほど困らせました。

 また、ストーブの上に直接物を置いて乾かそうとするので、温風式ストーブに変えたり、自転車で出かけて帰って来れなくなったため自転車を取り上げたのですが、その後、徒歩の徘徊で警察にお世話になったりと、この2年もいろいろありました。
私の顔も名前もわからなくなりました。私が会いに行っても帰ったあと、俺には娘がいるのに、ちっとも会いに来ないなと言うそうです。
 徘徊はそもそも遠くまで行けなくなり、心配は減りましたが、自転車がなくなった時は、最初はかなり怒っていました。とにかく、自分の思うようにいかない、やりたいことを止められると怒りだす。1分と覚えていられないので、何度も何度も繰り返し説明をする。一緒にいる母のストレスは想像を絶します。母が健康で父の面倒を見てくれるので感謝です。そろそろ施設入所も検討しなくてはと思っていますが、母はまだ頑張れると。こんな優しい妻を持って幸せだなと父が思っていないのは残念です。

 父は、お隣の庭や、おうちにも勝手に入ってご迷惑をかけたりしています。幸いお隣さんは、父のことを理解してくださっていますが、甘えてばかりもいられません。高齢化社会、介護の現場は本当に大変です。いろいろなパターンの人がおりますが、社会が認知症の理解を深め、周りに認知症の人がいたら地域で温かく見守ることができるようになるといいなと思っています。

スポンサーサイト

コメント

認知症

お母様もご苦労は想像を絶します。今までのご夫婦の信頼や愛情があり,娘さん達のサポートがあってこそですね。
うちは,どうなるのだろうと思いました。義父と義母は中が悪く,義父がそうなった時は,世話はできないと義母ははっきり言っています。現在,76才と72才。車の運転はできますが,物忘れは,多くなってきました。夫の妹も弟も結婚して,それぞれ離れて暮らしていて,金銭的には援助してくれるかもしれないけど,日常的なサポートは無理です。
また,実家の両親は,遠く,二人だけで暮らしています。こちらは,だめそうになったら,家など,すべて処分して,私の近くの老人ホームに入るから,たまに顔を見せてくれと言われています。弟がいますが,今アメリカで働くため,留学中です。全くあてになりません。
施設に入るのも,お金がすごくかかりますよね。介護士さんに聞くと,24時間体制で,食事ついて,ホテル以上の経費がかかっているからねぇ。といわれました。介護士さんも薄給で,仕事は夜勤もあり激務,入居者から罵声をあびたり,つばを吐きかけられたりなんかはしょっちゅうだって言ってました。
どうすれば,うまくまわっていくのか,ほんとに,皆で考えなきゃいけないですよね。
2018-09-02 09:51 | kaori #mWp/3j2s | URL [ 編集 ]

kaoriさん、コメントありがとうございます。
私も幸い夫の両親は元気にしているのですが、
義両親の介護を想像すると自分にできるか不安です。
介護は一人ではできません。周りのサポートは必要です。
ご兄弟には今から、しっかりと話しておくことも考えた方がいいでしょう。遠方の方には金銭援助と、電話やたまにでいいから訪問の義務付けを。
介護状態にならないのが一番ですが。頑張りましょう!
2018-09-02 22:30 | スタッフS子 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/155-c42f8642

 | ホーム |  page top