FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

我、達成感と挫折から学ぶ(第1回)

我、達成感と挫折から学ぶ(第1回)


香川武毅(かがわたけき):パチンコ店勤務(ホールスタッフ)
昭和48年生まれ(46歳)香川県高松市在住。愛媛大学農学部中退。中学3年まで玉藻水泳会(水谷浩明コーチ主宰)に所属。1984年1月開催の新年フェスティバル四国ブロック10歳以下の部にて優秀選手賞獲得。200㍍自由形は全国ランキング13位(後に同種目の日本記録保持者となる前田泰平選手よりこの時点では自分の方が速かったことは今でも自慢の種ですが、前田選手は当時私より約2歳年下でした)





 子供の頃の私は、引っ込み思案で人見知りがはげしく、あがり症でした。家族や慣れた人の前では、図々しいことを言ったりやったりするのですが、慣れない人がいると借りてきた猫のようになるところがありました。
 
こういう性格を矯正するために水泳を習い始めました。小学校1年生で入ったスイミングクラブでは、周りより劣っているという気持ちからなじめないところがあり、いやいや通い、行きたくないと抵抗することも多く、1年足らずで辞めることになりました。
 
その後、小学校2年生になり、指導者だけがいるプールを持たないチームに所属することになりました。今は指導者の方が亡くなったためにチームもなくなりましたが、玉藻水泳会というチームでした。最初に所属していたスイミングクラブでのアドバンテージがあったおかげで、周りと比較して自分が落ちこぼれているということがないと自信が持てたので、週1回練習の育成コースでは楽しく過ごしていました。
 
一緒に通っていた2つ年上の姉が大会出場を目指す競技者指向の選手コースに移ることになり、同じタイミングで選手コースに移りました。選手コースというレベルではありませんでしたが、週6日練習の選手コースの方たちに混じって週3回練習するようになりました。自分と年齢が近い方は2,3名で、あとは年上の方ばかりに混じっての練習で、長い距離を泳ぐようなトレーニングでは何度も追い抜かれて邪魔になっているのは明らかでしたが、周りが自分より年上だったので、ここでも落ちこぼれという意識を持つことなく続いたように思います。

 自分より高いレベルの年上の方に混じって練習していたので、小学校4年生になると、四国の大会で決勝に残れるレベルになっていました。

 また、厳しい練習をこなすうちに引っ込み思案の性格は治っていき、学校生活では誰とでも自然と打ち解けられるように変わりました。
  ~つづく~


スポンサーサイト



コメント

私はスイミングスクールに通った事もありますがろくに泳げないので、泳げる人が羨ましいです。
何をやっても落ちこぼれていたので、次回が楽しみです!
2019-07-14 14:33 | やまざる #- | URL [ 編集 ]

順風満帆に選手として活躍してたんですね。このあとどうなっていかれたのか気になります。順調にばかりいかないのが人生ですが、無駄なことってないというのは本当だと思います。きっと紆余曲折が大切なんでしょうね。
2019-07-18 22:45 | まめっこ #- | URL [ 編集 ]

やまざるさん、まめっこさん、コメントありがとうございます!
挫折を味わった人は、その後どう生きるかが重要なのかもしれませんね。
次も楽しみにしていてください!
2019-07-19 20:58 | mukkumamu #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/183-bfe8e71d

 | ホーム |  page top