Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

『ライフレッスン』

夏頃から父の身体が思うように動かなくなり、だんだんと寝て過ごすことが多い毎日になりました。
そんな父を年老いた母が介護をしている状態が続いています。
私は、離れて暮らしているので、時々、父の様子を見に実家に帰るのですが、
そんなに遠くない未来、父と会えなくなってしまう現実を受け入れるための心構えをしに行っているような気がし、また母に対しても申し訳ない気持ちになっていました。

そんな時に、ムックマムの創設者である小林あゆみさんから、一冊の本を紹介されました。
エリザベス・キューブラー・ロス『ライフレッスン』という本です。

皺が深く入り込んだ顔、でも、何かを訴えているかのようなつぶらな瞳、きちんとしたやり取りの出来なくなった会話、手の震え、自分で思うように動かすことの出来なくなった身体…そんな父を見ると悲しく涙が出そうになるので、どうでもいい話をし始める自分がいました。父の姿を見に行くことさえ、しんどくなっていたのです。
ですが、老いるということ、そして、いつか来るであろう別れを意識する時間を、父は
今、私に与えてくれているのだと『ライフレッスン』を読んだことによって、理解出来たのです。

人間は生まれてから死ぬまで、それぞれ個々に人生のレッスンを受けている。
それぞれ課題を抱えてこの世に存在している。
嬉しいこと、悲しいこと、しんどいこと、怒り、楽しいこと、…いろんな感情をその時々に私達は感じるのですが、その感情は自分以外には、実際にはわからない。
同じ体験をしたとしてもある人には、そんなこと…、と思っていても、別の人には、とても深い出来事だったり…。
その時々の自分の感情、感覚は誰にもわからないのだと。そして、それこそが個々に与えられたレッスンなのだとこの本は教えてくれるのです。
そして、私達の身体は繭みたいなもので、レッスンを受け終わった者は、その繭から解放されるのだということを。
あの世があるのかどうか?
父がいつも言っていたこと、
「こればかりは死んでみなけりゃわからない。俺は墓なんていらない。そこには俺はいないから、建てる必要がない」
「千の風になって」という唄が世に広まる前から、私が小さな頃から、そう言っていたのを思い出しました。

また、父が母にこんな言葉をかけていたことを知らされました。
「母さんや、なりたくてこんな身体になっているわけじゃないから、大変でも面倒みてくれや」と言ってくれたと。
この言葉を発した時に、父は自分の今後を感じとっていたのだと思います。
そして、介護をする母にとっても、今後に必要な言葉だったのだろうと。
会話がままならなくなる前に父がそのような言葉を母に伝えていたと聞き、
夫婦でしかわからない覚悟をそれぞれが決めたのかなと思うのです。

『ライフレッスン』には、死後の世界はとても美しく、現世よりとても素敵な場所だと書かれています。
そして、先に逝ってしまった親しい人が待ち受けているそうです。
だから何も恐れることはないと。これもまた、本当かどうかわからないことです。
自分が死んでみて、初めてわかることなんでしょうね。

父の現在を受け入れ、いつか来るであろう別れを、この本を読んだことで、その日を自然と受け入れられる気がします。
また、今、自分が生かされていること、起きている出来事は、私のレッスンであり、
何が起きても、全ては起こるべくして起こっている。そして私達は必ず死を迎えることになる…と思ったら、これからの自分や時代に不安がなくなりました。

今までも、いろんな方から、同じような類の本を勧められ手にしましたが、エリザベス・ キューブラー・ロスの『ライフレッスン』は、実際に起こった話を基に書かれているので、私にとっては、大変読みやすい本でした。
実は、読み終えると同時に、Amazonで、エリザベス・キューブラー・ロスの他の著作物を注文してしまいました。本棚には、これから読み始める本が並んでいます。
とても楽しみです。
秋の夜長に本を…ご興味がありましたら、『ライフレッスン』を手にしてみてはいかがでしょうか?



                        執筆:マコロンさん

                           東京在住の美容コンサルタント
スポンサーサイト

コメント

私の母も、父を介護してくれています。
いつまで続くであろうと思う一方、このままずっと続いて欲しいとも思います。
死後の世界が本当に美しく幸せであるといいですね
2014-11-15 11:17 | かりんとう #- | URL [ 編集 ]

タイムリーに「ライフレッスン」を紹介されて、マコロンさんにとっての試練を乗り越えることができて本当に良かったですね。ご両親の会話のエピソード~夫婦でしかわからない覚悟、というくだりを読んで打たれるものがありました。お父上の言葉の飾り気のなさ…、なかなかこうはいかないものです。今はそれぞれの思いを共有するしたり過去を再確認したりする大事な時期なのでしょうね。
2014-11-15 21:32 | こもれび #- | URL [ 編集 ]

かりんとうさん、こもれびさん
コメントありがとうございます!

人は必要な時に必要な出合いがあるのでしょうね
それが本だったり、人だったり、人は人に支えられ
支えながら生きて行くのですね。
2014-11-16 15:20 | mukkumamu #- | URL [ 編集 ]

親の介護については,本当に他人ごとではない話です。私も遠くに嫁いでしまったし,弟は両親の近くにいますが,一人もんで頼りない…。
私もライフレッスンを読んでみたいと思いました。図書館で探してみます。
2014-11-18 08:27 | yuki #Ytk3Wfxk | URL [ 編集 ]

yukiさんコメントありがとうございます!
私も親の介護の心配をする年になりました。
両親が元気でいてくれることの何とありがたい事!

私も死ぬまで元気で子供に迷惑かけないようにと思います!
2014-11-18 23:55 | mukkumamu #- | URL [ 編集 ]

深いところで共鳴できました!人生って・・・と考えさせられることしきりです。日常生活の波に揺られながらも、こういう視点を見失わずにいたいと思います。いい文章をありがとうございました。
2014-11-30 20:15 | のの花 #- | URL [ 編集 ]

のの花さんコメントありがとうございます

本当に人生って人それぞれですよね。
私は仕事がらいろいろな人生の悩みなどに触れる
事が多いのですが、日常生活の波の中でも、
いつも色んなことにアンテナを張っておくことは大事だなあと思います。
2014-12-05 21:45 | mukkumamu #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/23-3002903d

 | ホーム |  page top