Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

寄り道小道 「好きなことをして生きる法案」

 もし、国策で、好きなことをして生きることが義務化され、それに従っていない人には懲罰が下ると議会で採決されたら、みんな何を始めるのだろう…なんてことを考えると、空想が拡がる。灰色のスーツに身を固めていた銀行マンが、ロン毛にアロハシャツでウクレレを弾き始めたり、カタブツの学校の先生が、キンキンの金髪にピンヒール履いて踊り始めたり、そんなことが起こらないかなあ。

 誰もが好きなことを始めたら社会は統制がとれなくなるだろう、と考える人もいるけれど、収まるところに収まってしまえば、案外うまくいくのではと想像してみたりする。地方で農業をやりたいという都会の人達は今や珍しくないし、例えば高収入が得られるなら漁業だって林業だって本当は楽しそうと思っている人は結構いるのではないかな。先日見たDVDでは、一流大学を出たインテリのお兄ちゃんが「本当は仙人になりたかった」という理由で山のキコリになり、炭を焼き、里に降りては環境問題を説いて暮らしていた。

 勉強も運動もダメだけれど、文化祭のクッキー焼きだけは大活躍でモテたという男子(今はオジサン)を知っている。彼は後に料理人になり、たくさんの人を喜ばせて毎日楽しそうに暮らしているが、もし会社員や公務員になっていたら、彼個人だけでなく職場やもっと言えば社会全体の損失になっていたことは間違いない。

 人間、好きなことをする時のパワーはすごい。周りから見ると、奴の頭の中どうなってるんだろう的な圧倒的質の差がある。ということは同じ時間の労働でも、このパワーが使われている方が生産効率もはるかに高く、品質やサービスもはるかに良い。ところがもったいなくも現実には、好きなことを仕事に選ぶ人は少なく、収入や安定など「条件」から選択することが普通になっている。

 好きなことをして生きる。よく考えたらこんなシンプルで簡単なことってない。自然の理にも適っている。それが難しいと感じるのは、子ども時代から「好きなことをして食っていくのは現実的でない」と思い込まされる言葉を限りなく浴びて育つからだろう。

 好きなことをした方がより社会に貢献できる。自分も楽しいし健康でいられる。もっと言えば、好きなことに打ち込んでいる人の方が人の足を引っ張らないものだし、陰口やら嫉妬やら無駄なことに時間を費やさない。好きなことをして生きるのは、人として義務と言っていいくらいだと思う。早く日本でそういう法案が通らないかなあ。

                                                        ムックマム編集長 小林あゆみ
スポンサーサイト

コメント

いいですね✨✨✨

好きな事をして
食べていけたらどんなに幸せでしょう〜
でも、自分の好きなことって考えたら
残念ながら、仕事になりそうなことが
なかったです💧
2014-11-30 21:34 | もりす #- | URL [ 編集 ]

いいですね

これを読んでいると「好きこそものの上手なれ」という諺を思い出しました。次女が小学校のとき、大好きだった習い事には学校の行事の観劇を早引きしてても行きたいから、先生にそう言ったというエピソードを思い出します。好きっという気持ちは止められないですね。私の好きな仕事は、やっぱり、接客かなあ〜。
2014-11-30 22:24 | ひめりんご #- | URL [ 編集 ]

なるほどー。本当に、いつか、それぞれが好きなことに打ち込める社会になったらいいのにね。結局既得権益を守りたい人が、社会に序列を作りたくてそれを阻んでいる気がする…
2014-11-30 23:33 | こもれび #- | URL [ 編集 ]

多分、実現できます

シュタイナーも100年前にそういう社会が実現できる方法を具体的に考えています。

今も、その考えに基づいた社会のあり方を考えている人達がいて、ベーシックインカムという一つの方法が提案されています。

最初聞いた時は、こんなの夢そらごとだと感じましたが、だんだんそんなことはないという気がしてきました。

ベーシックインカムは、国民誰もが例えば10万ずつとか無条件に収入を受け取ることが出来、家族が3人なら30万、5人なら50万となります。

もっと稼ぎたい人は仕事して稼げばいいし、収入は最低限で趣味やボランティアで楽しみたい人た楽しんでもいいし、つまり収入に左右されず自分のやりたいことが基本的に出来るというシステムです。

もともとシュタイナーの考えでは、労働して収入を得るという観念がそもそも人を蝕むものであり、労働と収入はまったく別の次元のもの、としています。

私達は骨の髄まで「労働=収入」と埋め込まれていますが、これを取り外せば、労働とは自己実現であり、収入のためにするものではないという発想になり、自由を得ます。

まずはこの概念を崩していくことが第一歩かもしれないですね。
2014-12-01 22:42 | 小林あゆみ #- | URL [ 編集 ]

なるほど〜
これなら好きな事して暮らせそうですね
働かざる者食うべからず
では、なくなるのですね!私なら
何をしたら、毎日楽しく、ひとの為に出来るかな〜
2014-12-02 07:07 | もりす #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/24-577c5518

 | ホーム |  page top