Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

足指まっすぐ健康法 第2回

足指まっすぐ健康法 第2回
足指を伸ばせば人生が変わる(子ども編)

上級シューフッター 山田宏大



人生で一番大切な時期、例えば80歳まで生きるとしたら、その土台、基礎をつくるのは3歳から7歳の時期になります。しかし、現在の子どもは何もないところで転ぶ、ジャンプができない(足が地面から離れない)、和式トイレに座れない(座ると後ろに倒れてしまう)、集中力が少なくじっとしていられないなどの原因がわからない成長トラブルが増えています。しかし、私が伝えたいのは、足が育っていないのが原因の一つだということです。つまり、今、広がりつつある言葉である「足育(あしいく)」が必要なのです。


では、なぜ現在の子ども達は、足が成長できていないのか?これについてはいくつか原因があります。まずは歩かなくなったこと。車やバスで送り迎えの子どもが多くなりました。ある大学の調査では1980年代の子どもは12,000歩を歩いていたのに対して現在の子どもは3,900歩と約3分の1しか歩いていません。よって足の筋力が弱く7歳までにつくらなければいけない土踏まずができない子どもが2人に1人の時代がきました。土踏まずが無い状態を扁平足と言います。疲れやすい、長距離走るのが苦手、姿勢が崩れ猫背、肩こりが出やすい、胃腸が弱いといった症状が出やすくなります。


もう一つは靴です。お父さんやお母さんが子どもの頃に無かったオシャレなヒール付きやグニャグニャした樹脂系のクロックタイプのサンダルが出回るようになりました。まだ筋力が無く骨が出来上がってない軟骨の足におしゃれな靴やサイズの合わない靴を履かせることで足指が曲がったり、足指が浮いたりして指の力がないバランスの取れない子どもが多くなりました。バランスが取れなければ、小さな足で大きな体は支えられませんから歪みとなり、子どもでも側弯等の骨格系の悩みや内臓疾患や精神疾患等のトラブルもおきやすくなります。


3つ目は歩き始める前のハイハイが重要になってきます。現在の子どもはハイハイが短く、更に全ての足指を使ってハイハイが出来ない赤ちゃんが多くなっています。なぜハイハイが重要かといいますと、歩き方と足の使い方を学ぶことと転ぶなどのトラブルの時に手を使って顔を守るなど手の動きも学ぶ大事な時期だからです。現在は核家族でアパート暮らしの方が多く、部屋が小さいために直ぐにつかまるところがあるがために直ぐに立ち上がろうとします。ですから赤ちゃんの近くにテーブルなどつかまるところは無くし、ハイハイと高ばいを自然にできるように促し、歩き方と足の使い方を学ばせることが重要です。勿論今の3つ以外にも原因はあります。


子どもの足を育てることは体の土台である足の土踏まずをつくる。足指を変形しないようにする。もしくは足指の変形がある場合は足指トレーニングをする。足と靴の知識を身につける。足育をする事で、運動能力が上がります。それと姿勢が良くなるので肩こり(意外と多くの子どもの肩がこっている)が減り、脳に血流と酸素がいきやすくなり学力にも良い影響を与えます。


是非子どもの足指の変化はないか。土踏まずはあるか。他の子どもに比べておかしな歩き方、走り方はしていないかなどチェックしてみてください。ちなみに7歳を過ぎていて足のトラブルがあっても10歳まででしたらまだ間に合います。

そして是非足育をしてみてください。正しい靴の選び方。正しい靴の履き方。正しい爪の切り方。正しい歩き方などの正しい知識を身に付けて更に足指を鍛えるトレーニングを取り入れてみて下さい。子どもの変化に驚くはずです。


私の講演でよくある話ですが、私は1番先生が困るような子どもを選び、足指の重要性を伝え、足指のトレーニングを教えます。すると2回目に訪れた時には校長先生の報告で、学校で1番の問題児が良い子になって助かったと嬉しい言葉をいただきます。足指の変形で特にかがみ指は人格をも変えるかもしれません。大きすぎる靴や小さすぎる靴やスリッパタイプの靴や踵を潰す靴は履かせないようにしましょう。
足育が全国に広がる事を期待しています。


次回はお年寄りのお話をします。




かがみ指(文字入り)②

かがみ指上から(文字入り)



スポンサーサイト

コメント

歩くことは大事とは思ってましたが
幼児期にこんな大事なこととは知りませんでした〜
勉強になりました!
ありがとうございます😊
2015-02-23 23:10 | まるこ #- | URL [ 編集 ]

まるこさんコメントありがとうございます

教員の友人が、保育所の子どもは良く散歩するので
小さい頃から歩いているし、保育園の中ではだしで走り回っているので、体力もあるけど、公園に行くにも園バスで移動するような幼稚園の子どもと比較すると、小学校に上がってからの体力の差があると言っていました。
歩くことは大切なんですね~
2015-02-24 22:10 | mukkumamu #- | URL [ 編集 ]

友人が、足の爪が自分では見えないくらい屈んでいると言っていました。いつもキツそうなパンプスを履いています。将来的にどうなっていくのでしょうか。次回はお年寄りの話とのこと。足の指の歪みは年を取ったとき、ますますトラブルを起こしそうですね。次号も気になります。まだまだ連載していただきたいです。
2015-02-27 23:54 | ねこのこ #- | URL [ 編集 ]

子供の頃に歩くというのはとても大切なことなのですね。
改めて実感します。
最近は本当に、ヒールを履いている小さい子もよく見かけますが、
足のためを考えたらよくないのですよね。
勉強になります。
2015-02-28 19:04 | あいさん #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/34-02430118

 | ホーム |  page top