FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

島でみつけた暮らしの楽しみ方

島でみつけた暮らしの楽しみ方
                             西村朋子

私は夫とまもなく4歳になる息子の3人で広島県にある江田島に住んでいる。
それまでは広島市内の賃貸アパートに住んでいたが、自然豊かな日当たりのよい広々としたところで子どもを育てたいと一軒家を借りて3年前に移住した。

「田舎暮らしいいよね」と軽い気持ちで移住したが、手足を動かすことなく便利に暮らせる生活がなじんだ私たちが暮らし始めた庭はたちまち雑草や竹が生い茂り鬱蒼としてきた。
しかたなく草取りを始めたが、果てしがない。なんとか心の折り合いをつけようと「雑草と楽しむ庭作り」という本を図書館から借りてきた。好きな雑草を残して定期的に刈りこみ、芝生のかわりに雑草をグランドカバーにするという話に心が動く。私はタンポポとクローバーを大事にして試みている。切った竹や、庭木の剪定をして出た大量の枝は乾かして焚火にする。サツマイモに熾火をかぶせて焼き芋までするともう、これは、楽しい。
息子は掘り出したギシギシの根をゴボウにしてままごとをはじめたり、道路工事になったり。
image005.jpg

じつのところ、私は子どもを公園へ連れて行くことが苦手だ。子どもが遊ぶのをただ見て待つことが退屈で早々に帰りたくなってしまう。島では、私が庭の草取りをしているときには息子もかたわらで熱心に作業をしているし、家の下に広がる浜辺へ散歩に行けば、きれいな色の貝がらやシーガラスを探したり潮だまりをのぞいたり二人とも満ち足りた気持ちになれる。
image006.jpgimage004 のコピー


移住後しばらくして顔見知りになった近所の人が「こんなにいい環境なんだから子どもたちを集めて見守ってのびのび遊ばせよう」と自主保育の集まりを提案してくれた。それから気候のよいときには4家族と週三日ほど午前中に野山で食べられるものを採りにでかけている。
image008.jpgimage005 のコピー


わらび、藤の花、クレソン、よもぎ、野イチゴ、さくらんぼ、桜の実、梅、無花果、あけび、栗、柿、渋柿。甘い実はそのまま子どもたちの口に入り、それでも残ったものはその日の午後、台所のテーブルの上に広げて汚れをとったり、あくをぬいたり、皮をむいたり、干したり、漬けたり。
image007.jpgimage006 のコピー


というと自然豊かな島暮らしを堪能しているみたいだけれど、週2・3日は夫を送迎するために息子を母に預けて車で出かけている。片道2時間かけて通勤する夫がパンクしたり溝にはまったりしたのをきっかけに、私から送迎を申し出た。仕事が終わるまで図書館やカフェで過ごす一人の時間や、いつも仕事で忙しい夫と車中で他愛ない話ができる大事な時間になっている。

この暮らしも息子の成長や夫の仕事のありようや私のそのとき大事にしたいことの変化で少しずつ少しずつ変わっていっている。いつも遊んでいる子どもたちも4月からは入園するので自主保育も3月までだ。

はじめは変化が嫌なものに感じても手足を使って対応していると、やがて思いもよらなかった景色が広がってくる。面倒な雑草取りが焼き芋につながるように。それが島に移住して体でわかってきた暮らしの楽しみ方です。
image003.jpgimage004.jpg





スポンサーサイト

コメント

楽しそうですね

島の暮らし、色々ご不便もあられるんでしょうけど、すごく楽しそうですね。せかせかしている私の生活から比べると、ゆったりとした時間が流れていて、とても贅沢な時間に思います。写真からも豊かなくらしの様子が伝わってきます😄👍
2015-03-16 00:02 | ひめりんご #- | URL [ 編集 ]

私も公園、苦手でした。子ども達のいとおしさや成長を感じる時もある、誰かとお喋りが弾む時もある、万一の危険も阻止できるかも…。でも義務感に疲れていたことも多かった。朋子さんにとってもご家族にとっても居心地の良い暮らし、ぜひ満喫してくださいね!同じような道を選ばれる方、だんだん増えていくように思います。
2015-03-16 16:50 | こもも #- | URL [ 編集 ]

こんな環境で育つ子どもさん、とてもいいですね。
一方で、都会でお受験の勉強に追われている子どももいることを思うと、なんだか溜め息が出てきます。
子どもの頃の育った環境って、親や周りの大人の関わりも含めて、その子の深い深いところに刻み込まれるものだと思います。
自然の中でゆったりと、本当に素敵な生活です。
日本人の多くが失ってしまった豊かさが、ここにはあるなあって感じます。でも、自分に出来るかっていうと疑問で、そんな自分に軽い失望を感じもしました。
旦那さまが2時間もかけてお仕事に通われているというのも驚きで、ここが既に真似の出来ないことだなあと。
ああ、日本の豊かな地方生活、もっと普及していくといいなあ。

2015-03-16 22:15 | 夢子 #- | URL [ 編集 ]

とっても素敵です

こんな環境で育つ子どもさん、とてもいいですね。
一方で、都会でお受験の勉強に追われている子どももいることを思うと、なんだか溜め息が出てきます。
子どもの頃の育った環境って、親や周りの大人の関わりも含めて、その子の深い深いところに刻み込まれるものだと思います。
自然の中でゆったりと、本当に素敵な生活です。
日本人の多くが失ってしまった豊かさが、ここにはあるなあって感じます。でも、自分に出来るかっていうと疑問で、そんな自分に軽い失望を感じもしました。
旦那さまが2時間もかけてお仕事に通われているというのも驚きで、ここが既に真似の出来ないことだなあと。
ああ、日本の豊かな地方生活、もっと普及していくといいなあ。

2015-03-16 22:16 | 夢子 #- | URL [ 編集 ]

懐かしいな~

西村さんの暮らし,なんだかとっても懐かしく感じました。子どもが小さい頃,庭で草取りしたり,ほんの少し植えた野菜の手入れをしたり。子ども達は手伝ってくれたり,いたずらしたりしながらそばで遊んでいました。
夏はあせも対策に,昼寝から覚めたら近くの海でお散歩したり水遊び。冬は雪かきしながら,子ども達は雪遊び。
春は山菜,秋はきのこ。思い出はつきないです。
子ども達が大人になったとき,思い出してくれるかな?

今を思いっきり楽しんでください!

でも旦那様大変ですね。パートナーの理解と協力があってこそですね!
2015-03-18 15:09 | kaori #pvDzVcRo | URL [ 編集 ]

皆さんコメントありがとうございます

本当に今の時代こういう暮らしができるって
何ものにも代えがたいですね
大きくなって都会で暮らすことがあっても
きっとここでの生活が生きる力になるのでしょう

一か月でいいから私もこんな暮らししたいです。
2015-03-20 21:57 | mukkumamu #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/36-1a7a232a

 | ホーム |  page top