Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

夢について考える 第一回

西田卓司
ツルハシブックス劇団員(店主)/茨城大学社会連携センター コーディネーター

「夢について考える」をテーマに、3回にわたってお送りします。私は新潟市西区の内野駅前にあるツルハシブックスの劇団員(店主)をしています西田です。2015年1月から並行して茨城県水戸市の茨城大学でコーディネーターをしております。2015年秋には東京・練馬・上石神井で10代のための古本屋「暗やみ本屋 ハックツ」を立ち上げる予定で準備しています。

ツルハシブックスのレジに立っていると、たまに、暗い顔をした大学生が入ってきます。
「やりたいことがわからない」と彼は言います。
そんなことたいしたことないだろう、とりあえず何でもやってみればいい、と僕は思います。

これは、彼らが受けてきたキャリア教育の結果であると思います。
夢(多くの場合、なりたい職業)を持ち、それを小さな目標に切り分けて、今、ここに向かって努力している。
これこそが理想の状態だと教え込まれてきました。

ここでは、「夢を持つこと」の意味をもう一度考えるきっかけとなればと思います。

一回目のテーマは「子どもが夢を持たなくてもいい3つの理由」
子どもに夢を強制するのはやめましょう。ごく一部の子どもを除いて、夢を持つことのメリットがありません。その理由は

1 時代の変化が速すぎる。
2 自分の得意なことが分からない。
3 カッコイイと思える大人はその年の時点で決めていない。

1 時代の変化が速すぎる
 2011年8月、ニューヨークタイムズ紙に載ったアメリカ・デューク大学のデビッドソン博士の言葉が波紋を呼びました。「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」
 これは日本でも起こりうる話です。時代の変化が速すぎる。たとえば、誰もが検索エンジンとして使っているグーグル社が設立されたのは1998年9月です。ということは、今年25歳になる人たちが小学校1年生の入学時にはグーグル社は存在しなかったことになります。
 1年間でたくさんの企業が生まれ、成長し、あるいは衰退し、消えていく。昔のように1度就職したら定年まで働ける人はごくわずかです。
 そうだとすると、子どもの早い時期に夢(なりたい職業)を決めることにどんなに意味があるのでしょうか?

2 自分の得意なことがわからない
 子どもは経験が足りません。自分が何に向いているか?どういう技術を生かして、仕事をしたらよいのか?自覚している子どもはほとんどいないでしょう。それにもかかわらず、夢を持ち、そこに向かって最適化(効率化)する意味があるのでしょうか?もっとも危険なのは、たとえば、小学生か中学生の時に美容師になりたいと思います。すると、美容師の専門学校への進学を勧められます。そして夢を叶えて美容師になったとします。この時点では成功者です。しかし、美容師の仕事は、最初はひたすらシャンプーをすることになります。そのときに、もしかすると薬剤にまけて、手が荒れる。それがどうしようもなくなったとき、彼は美容師を辞めることになります。そのあと、彼はどうなるのか?新たに夢を見つけ、進んでいけるのでしょうか?幼い時に夢を定め、最適化することで人生の選択肢を狭めていないでしょうか?

3 カッコイイと思える大人はその時点では決めていない
 3つ目の理由はもっと直感的です。身近にいる人で、自分がかっこいいなあと思う人(職業人)を思い浮かべてみる。その人に直接聞いてみることにします。「何歳のときに、今の仕事に就こうと思いましたか?」すると、一部のスポーツ選手(あまり身近にはいませんが)や医者、学校の先生などの資格のいる仕事を除き、カッコイイと思う大人の多くは20歳、あるいは30歳を過ぎてからその仕事に就こう(あるいはたまたま偶然のめぐりあわせで)と決めたことがわかります。つまり、自分の直感に照らし合わせると、子どものころに夢を持つことは将来に直結していないことがわかります。

第二回につづく


mnagao270329.jpeg
イラスト:長尾正大



スポンサーサイト

コメント

よくぞおっしゃってくれました!

同感です。私はキャリア教育を100%否定はしない立場ですが、過剰感や、やり方のまずさを感ずる点は多々あります・・・世の中いろいろな職業があって成り立っていることを知り、社会の変遷に伴ってそれぞれも変化していることを知る。家庭内の会話も含め幅広い学びが結果的にキャリア教育につながっていくというものじゃないかと思うのですが・・・第二回に期待しています☆
2015-03-30 18:55 | こもも #- | URL [ 編集 ]

書店情報には敏感だったつもりが、ツルハシブックスさんは存じ上げませんでした。フェイスブックを覗いたらなんとも面白そうなスペースではないですか!それがまさに練馬の上石神井に出店とは嬉しい驚きです。年齢を偽ってお邪魔しようかな(笑)
2015-03-30 19:11 | 本好き練馬人 #- | URL [ 編集 ]

ありゃりゃ、こりゃあかんかったわ

西田さん、いいことおっしゃって下さいました。私、きづきませんでした。今まで、子どもたちに何になりたいのか急かせすぎました。
美容師になりたいと思って突き進んでいって、もし、合わなかった時のことなんか考えていませんでした。
自分が大学で学んでいる時何になりたいか、どんな仕事につきたいかまーったく考えずに就活したので、子どもたちには同じ思いをさせない‼︎と強く思い過ぎました。そか、ゆっくりで良いのだなと。でも、今の世の中、多くの人が歩いていくレールから落っこちると這い上がれにくいと痛感するのですが… このようなことについてもどう乗り越えていけはよいのか教えていただければと思います。2回目、3回目も楽しみにしています😄
2015-03-30 20:17 | ひめりんご #- | URL [ 編集 ]

コメント下さった皆さま、ありがとうございました。西田さんに共感しつつ、「多くの人の歩むレールを外れたらやり直しが出来ないのではないか」という不安もとてもよく分かります。ユニークな活動の源泉はどこにあるのか、西田さんからぜひ伺いたいですね!
2015-04-04 14:20 | スタッフ# #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/37-d834a939

 | ホーム |  page top