FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

夢について考える 第三回(最終回)

西田卓司
ツルハシブックス劇団員(店主)/茨城大学社会連携センター コーディネーター


第三回 夢がなくても「やってみる」~劇団員として生きる

1 キャリアドリフトというもう一つのキャリア理論
2 「やってみる」を繰り返し「お客」に出会う
3 劇団員として今を生きる

1 キャリアドリフトというもう一つのキャリア理論
 夢を持ち、夢に向かって目標を切り分け、そのスモールステップ達成に向けて努力する。
これを「キャリアデザイン」と言います。多くの大学では「キャリアデザイン」という授業を開講していて、大学生はそこで人生を設計します。しかし、実はキャリア理論は1つではありません。世界には10以上のキャリア理論が提唱されています。そのひとつがアメリカ・スタンフォード大学のクランボルツ博士が提唱している「キャリアドリフト」です。日本語で「計画された偶発性理論」と訳されるこの理論は、「よいキャリアは偶然の結果つくられる。だから、偶然が起こるように、人生を生き、偶然をつかめ」と言います。クランボルツ博士は、調査の結果、18歳のときになりたかった職業にいま就いている人は全体の2%に過ぎないことを発表しました。だからあらかじめキャリアを計画するのではなく、偶然をつかむことが大切だと説くのです。おそらくはこのブログを読んでいる方の大部分は共感できるのではないでしょうか。人生は偶然の結果である、と。だから、三日坊主でもいいから、とにかくやってみる、始めてみることが大切なのです。

2 「やってみる」を繰りかえし、「お客」に出会う
 「やりたいことがわからない」という学生に対し、「なんでもやってみたらいい」と僕は思うし、多くの大人もそうアドバイスするでしょう。しかし、それは、「13歳のハローワーク」のように、適職に出会うためではありません。「やってみる」といろんな出会いがあります。たくさん感じることがあります。
 2002年1月、27歳のとき、僕は勤めていた会社を辞めて、プータローでした。お母さんに連れられてやってきた中学校3年生男子。彼は不登校でした。彼が僕と出会って、だんだんと元気になっていく姿に衝撃を受け、中学生と地域の大人が出会える仕組みが作れないか?と強く思いました。それは9年の時を経て、ツルハシブックス地下にある地下古本コーナーHAKKUTSUになりました。ツルハシブックスを始めて、悩める大学生にたくさん出会いました。その悩みの原因は、中学高校のキャリア教育にあると思い、茨城大学で働きながら学ぶことにしました。「やってみる」とお客に出会い、お客さえ定まれば、お客を幸せにする仕事は世の中にたくさんあるのです。

3 劇団員として今を生きる
 ツルハシブックスは全国にいる「劇団員」(月額1,000円の会員制度)が運営する本屋です。劇団員のうちの何人かがチームを組み、「店員サムライ」として店番をします。自分がレジに立っているとき、入り口から入ってくるお客さんを「お客」だと思うか、「共演者」だと思うかによって、対応はまったく変わってきます。その日、その一瞬を演じ切る「劇団員」という生き方をする人が増えていくこと。それを繰り返すことで、お客に出会い、天職だと思える瞬間を数多くつくっていくこと、それがツルハシブックスの目的です。今日もたくさんの共演者たちと一緒に、素敵な舞台を創っていきたいと思います。
「夢を持つこと」が大切なのではありません。「毎日を充実して生きる」方法論の一つとしての夢があるだけです。そしてそれは唯一の方法ではありません。劇団員として今を生きることはそのもうひとつの方法を提示してくれているのではないかと私は思います。長文お読みいただき、ありがとうございました。
 
劇場のような本屋、本屋のような劇場~ツルハシブックス
ニシダタクジ
http://tsuruhashi.skr.jp/
http://www.facebook.com/tsurubks


mnagao270413.jpg
イラスト:長尾正大


スポンサーサイト

コメント

今まではなんだったの・・・

3回全部読ませていただきました。
何かやらなくちゃ!何か見つけなきゃ!と焦っていたのは
なんだったのでしょうか(笑)
明日から楽しく生きられそうです。ありがとうございました。
2015-04-13 22:54 | おかめいんこ #- | URL [ 編集 ]

現在私は、大学生真っ只中です。
自分が普段心を悩ましていこと、そしてこの閉塞感は、まさにキャリア教育の結果なのだと知りました。

夢を追ううちに、いつしかそれが重荷になっていきました。周りのレベルが高いことで余計に焦りは募り、そのうちに身体まで犠牲にしながら、成功しなくてはと自分に言い聞かせていた私は、まさに「手を荒らした美容師」でした。

『「夢を持つこと」が大切なのではありません。「毎日を充実して生きる」方法論の一つとしての夢があるだけです。そしてそれは唯一の方法ではありません。』
私はこの2つが逆になっていました。充実した人生を送るために夢がなくてはいけない、と思い込んでいました。いや、本当はそう思いたかったのかもしれません。過去の自分に報いるために。
しかしそうではないのですね。気持ちの面でも身体の面でも、今していることにとうとう限界を感じました。純粋にそれを楽しんでいる人には勝てない、とも。
そう気づけたとき、ふっと何かが軽くなりました。
とは言え、まだまだ雑念も多いです。この連載記事を読んで元気づけられました。ぜひまたいつか寄稿してください。楽しみにしています。
東京に出来る予定の書店にも、いつかひょっこり遊びに行きますね。

2015-04-13 23:41 | 緑 #- | URL [ 編集 ]

緑さんの投稿に

胸がぐぐっときました。多分、大学生だけでなく、社会に既に出ている若者も、もしかしたらもっと年をいった世代も、同じような思いを抱えて生きているのかもしれません。

40代の私もコーチングが流行り出した頃、一通りそういうのを体験してみました。これはこれでいいと思いましたが、これがすべてではないという思いも湧いてきました。すっかりハマっている友人を、どこか冷静に眺めていたものです。

夢を定めて逆算して、期限を決めて一つ一つ達成していく。この生き方が合う人もいるでしょう。でも、ふと、自分の周りを見回すと、こういう生き方とご縁のない人の中にも、たくさん素敵な人がいます。

ある時、とても素敵なちょっと年配の女性のお話の中に、「今、与えられていることを一生懸命やりなさい。そうすれば自ずから次の扉が開きます。そうしたらまた与えられたものを一生懸命やりなさい。するとまた次の扉が開き、そうやって次々と扉が開いていって、貴方のいくべきところに辿り着きます」というのがありました。私はこっちだなと思いました。

「流れに身を任す」という言葉に甘んじて、一生懸命さから逃げていては次の扉が開かないだろうけど、その時その時、一生懸命やっていれば、必ず行くべきところに行くし、その工程がすべて意味があり、楽しめるものだと今は思います。

そして人生ってそういうものであって欲しいとも。目標、希望を掲げてそこに向かうという生き方も素敵だけれど、天を信じ、自分を信じて、今あるままをいとおしみ、楽しみ、思いがけない展開があっても受け入れられる、そんな「安心」の中に生きていたいと思います。

成功の定義も、若い頃とは変わってきて、人から認められるような何事かをなすことが成功ではなく、何があっても信じ合える家族や友人がいること、楽しいことも苦しいことも笑って語れる心の余裕を得ること、自分が本当に大事だと思うことを誤魔化さずに生きられること、そういうことと思うようになりました。

成功も幸福も、何かがあったら簡単に壊れてしまうなら本物ではないと思います。それは表面的な成功、表面的な幸福でしかないと思います。誰にも奪われない、奪われようのない確固とした成功とか幸福は、夢を達成して得られるものではなく、もっと別の、もっと内的な探究から近づいていくものだと思います。

西田さんの文章は、もろもろの思いをスッキリさせて下さいました。ありがとうございました。緑さんのコメントは、いろいろなことを想い巡らせていただきました。ありがとうございました。

年齢はそれぞれでも、生きている間はずっと試行錯誤ですよね。最期の日まで、大切なものを大切に、本質を見失わずに成長していきたいと思います。


2015-04-15 00:15 | イエローマジック #- | URL [ 編集 ]

コメントありがとうございます

おかめいんこさん
緑さん
イエローマジックさん

コメントありがとうございます。
私も西田さんのお話に驚いてしまい、そして安心したりしています。
これまで、言われ続けていた、「夢を持て、持ち続ければ叶う」
確かに、夢を持てることは幸せだけど、夢が浮かばない人も多い。
子どもにも夢を持てと言ってきたなあと反省。
目の前のことをひとつづつやっていこうと思えました。

西田さんにはまた執筆お願いしたいですね~
ありがとうございました!
2015-04-18 08:24 | mukkumamu #- | URL [ 編集 ]

>おかめいんこさん

「夢はないよりもあったほうがいい」程度に考えておくの一番いいなあと思います。のんびりいきましょう~。

>緑さん

よかった!
大学生真っ只中の緑さんのような人と小中高校生を持つ親の方にいちばん届いてほしい文章でした。
東京の書店、徐々に動いています。次回は5月9日にまちあるきをしますので、よろしければ遊びに来てください。

>イエローマジックさん

長文コメントありがとうございます。今を生きる、そこからしか始まらない。その通りですね。

「夢」を重視するあまり、今を生きられなくなっているとしたら、それはなんのための夢なのかと思います。

>mukkumamuさん

寄稿リクエストありがとうございました!
すごい反響があって嬉しいですね!

「夢」をもういちど客観的に考え直す機会になってよかったです。これからもいろいろ考えて、アウトプットしていけたらと思います。ありがとうございました。
2015-04-19 06:28 | タクジ #- | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/39-469be79f

 | ホーム |  page top