FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

着物姿でイメージアップのすすめ

着物姿でイメージアップのすすめ
宇田 秀昭

趣味のきもの宇田
きものコーディネイター
きものを着るお手伝いをしています。
現在「新潟和学」というグループにて着物遊びを応援するイベントを開催しています。
ホームページ:www.udak.jp

先日、新潟県関川村にある渡邉邸のこけら落としライヴへ貸切特別列車で行ってきました。
普段は盛岡~宮古を走っている特別車両「kenji」、20年ぶりに越後路を疾走。
それも、着物で行く列車の旅!
列車0


ほとんど着物好きもしくは鉄ちゃんの集まりに見えますね(笑)
列車1
列車


でも、このテーマに向けて着物姿が揃って旅を楽しむ!
その為に、レンタルあり、着付けあり、お酒あり、おつまみあり・・・。目一杯たのしむ大人旅!
駅のプラットホームでは、横断幕、村の方々の笛や太鼓でお出迎え(^^)/
笛

古い町並み、豪農の館、美味しいご飯とお酒に似合うのは着物!

夜1
夜

こんな雰囲気を楽しむ姿は、ほとんどお祭り騒ぎですね。
たまに、日常を忘れて日本人に戻るときがあっても良いですね!
きっと、本気で楽しんでいる大人を見ている子ども達も着物を着てみたいはずです。

その逆説、着物って面倒だよね!
多分、そう思われている方が多いのも事実。
なんで、面倒になったのか?
簡単です、着なくても問題ないからです。
学校でも、着ることは教えてくれません。
ほとんど、着たことがないからです。
日本の大切な文化なんですが、無くても問題ない、淘汰される存在と思っている人達がいるのも事実。
グローバルスタンダードになって、欧米化されて、身も心も欧米化でよいのか?
そのうち、極東アジアの文化のない民族になってしまうのか!
正論はありませんが、そんなのはイヤだ!!

先日、70才すぎのお祖母様から、娘さんの着物にシミがあると相談をいただきました。
「普通では対処できないので、専門の所に送って見積もりします」と預かりました。
数時間後、「娘の着物を年頃の孫に着せるためシミ抜きをお願いしましたが止めてください」と。
訳を聞くと「いまどき、結納でも結婚式でも着物は着ないのが当たり前だから、洋服を買ってほしい、若い人の考え方は違いますから従います」と電話いただきました。
凄く残念、そこまで嫌われたらしょうがないですが、母の気持ち、高価な着物を大切にできない、理解してもらえない気持ち、切ないです。
でも、お祖母様から、せめてシミが広がらないように着物を包む紙を新品にかえてほしいと頼まれました。
ピンク


京都へ観光に行けば、着物を着て散策したい方が行列しています。
けっして、高価なものではないですが、古都ならではのファッションを楽しんでいます。
それで、いいと思います。
できたら、自前の着物を楽しんで、たくさんの体験をして思い出をつくる。
ステキなことです。

今現在、着物が似合う雰囲気作りに取り組んでいます。
きものパーティー、蔵人を招いて利き酒の会、ことだま遊書を描く会、美文字レッスン、掛軸鑑賞の仕方を学ぶ会、茶道体験会、陶芸体験会、味噌作り体験会、箏の体験会、歌舞伎鑑賞ツアー、塩澤紬を着て美術鑑賞会などなど着物を中心に和を嗜む大人の会を運営しています。
着物を着られるまでお手伝いすることが仕事、それから先は一緒に遊べる場所作り。
かっこよく極めて3回着たら慣れてきます、その先は楽しむだけです。
30才こえたら、着物で楽しむことを覚えましょう。
人生が豊かになります、日本人でよかったと思えます、人との出会いが楽しくなります。
老いてからでは遅いのでご注意下さい!!

着物
スポンサーサイト

コメント

着物の楽しめる生活に

 写真付きのブログエッセイ、華やかで着物を楽しんでいる世界観が伝わってきました。

 確かに、着物を着る機会は減りました。
この春わが家の末娘が中学に入学したのですが、小学校の卒業式も、中学校の入学式も着物姿のお母さんはごく僅かでした。
ご多分に漏れず私もスーツで出席。相応しい着物を持っていないので、当然のようにスーツを着ました。

 とはいえ、淘汰されていい文化であるとも思っていません。

 3回かっこよく着れば楽しめるように成るんですか~♪何でも、一緒に楽しむ仲間の存在が大切ですよね。

 老いてからでは遅いという最後の言葉が印象的でした。
老いる前に、何を楽しめるようになるのか。着物を楽しめる生活に憧れを持ちました。
2015-04-25 12:39 | keiko #- | URL [ 編集 ]

Keikoさん、コメントありがとうございます。
私が子どもの頃の入学式、卒業式と言えば、着物に羽織のお母さんがほとんどでした。
そのうち羽織が消え、着物が消えていきました。
私も息子の卒業式は着物で行きましたが、
息子はちょっと嫌そうな顔でした。
でも、元旦に着物でスーパーへ行ったりと
楽しんでいます。keikoさんも是非❗️
2015-04-25 18:37 | ムッムマムスタッフ #- | URL [ 編集 ]

着物は子どもの小学校入学式に着た後は全く着ていません。
嫁入り道具だったんですが、今やタンスの肥やしになっています・・・。いかん。
着物を着ると立ち居振る舞いが変わるように、思考もそれに合わせて変わる気がします。何でも体験しなければ何も感じ取ることができないので、まずはタンスから出して見るだけでもしようと思います。
ステキなお話ありがとうございました。
2015-04-26 01:47 | ちーぼーママ #- | URL [ 編集 ]

そうですよ。是非!

ちーぼーママさん、コメントありがとうございます💖そうですよ、是非出して眺めるところから始めてみてください。きっとこれを着て出かけてみたいと思われるはずです😄わたしは美術館に一人で行くときに小紋を着て行きますよ。
ハードルが高いようでしたら、浴衣から始められるのもいいですね。夏の飲み会に浴衣で参加というのもおつですよ😄
2015-04-26 18:36 | スタッフエスキモー #- | URL [ 編集 ]

きものを着るキッカケ

結婚式のお呼ばれに着るきもの、パーティーに着るきもの、入卒に着るきものがキッカケでもよいです。でも、どうせなら楽しめる機会が良いですね!その延長線にお祝いの席がベスト。楽に着こなす時間は贅沢であり、満ち足りた気持ちになるからです。着物が似合う場所や雰囲気が想像できたら友達と一緒に着るのが近道です。気持ちが上がること、周りが気を使ってくれること請け合いです。少し、勇気を出して新しい自分探しは楽しいですよ‼︎
2015-04-26 21:12 | 宇田 秀昭 #- | URL [ 編集 ]

宇田さん、コメントありがとうございます!
新年会とか一人だと勇気が入りますが誰かと一緒に
着物を着ると良いですね。
職場で仕事初めに着物を来てくる後輩がいました。
勇気がいるけど、かっこ良かったです
また、着物のお話をお願いします😁😁
2015-04-28 22:13 | ムックマムスタッフ #- | URL [ 編集 ]

着物は実用的ではない。これは確かです。
でも実用、効率が優先される時代だからこそ、あえて実用的でないものを扱うというのが素敵なことに思います。

そう思って、私も着物を眺めるところから始め・・・帯も半帯ならなんとか結べるので(浴衣用の帯と同じです)、ま、これでもいっかと気軽に着るよう心掛けています。

必要なのは心の余裕ですね。時間に余裕がないから、あえて着物を着ることを心掛けたいと思っています。だって、着物って着たりたたんだりしているだけでも心がスッキリしてくるんですもの~。
2015-05-10 22:38 | あゆごん #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/40-fba3fd72

 | ホーム |  page top