FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

夫の本棚

ムックマムスタッフ 高野由紀

私の夫は私立大学の図書館員をしています。
時々、自宅での仕事がてら自分が興味を持った本や、学生に勧めたい本などを持って帰ります。私も横から見ていておもしろそうだと思った本は盗み読みをします。
最近彼が持ってきた本でおもしろかったのは蛭子能収著『ひとりぼっちを笑うな』でした。そう、あの漫画家でタレントの蛭子さんです。マイペースな蛭子さんの文章はとても独特でおもしろいです。ご当地グルメに興味がないとか、楽屋にあいさつに行かないなど、「えーっ!?マイペースにも程がある!」と思ってしまう記述もありますが、こんな考え方をしたらもっと楽に生きられるのだと思うところがたくさんあり、元気をもらいました。
中でも「第一章 群れずに生きる」でのヘイトスピーチに関する記述には共感するところがあり、夫とそのことについて語りました。
そもそもなぜ、嫌悪とか差別などを公に声に出して言う必要があるのだろうかというところで、夫婦で意見を交わしたのですが、とにかく相手を知らないこと、知らないということは恐怖であること、一事が万事で決めつけてしまうことが、問題の発端なのではないかというところに行き着きました。
その対象を徹底的に調べ、良い悪いもわかった上でなければ、不用意に発言してはいけないような気がします。スピーチはNGで著作はいいのかとか「言論の自由」ということも問われますが、相手を攻撃する姿勢は何よりも人として気持ちのいいものではありません。
ある講座で「ちいさな哲学者たち」という映画の存在を知りました。幼稚園児が2年間かけて哲学をするというドキュメンタリー映画です。年端のいかない子ども達が「愛とは」「自由とは」等々のテーマで考え、対話しています。対話の輪は各家庭にも広がり、親と子が一緒に考える姿はたいへん微笑ましいものです。
その映画を観て、何も考えずに誰かと対話せずに大人になってしまったと思い知らされたのですが、まさに今の時代に欠けている大事なことのように思います。考え、対話しようとする姿勢は差別や偏見をなくすことにつながるようにも感じました。インターネットでSNSをやっている時間があったら、街に出て誰かと語ったら、なにか新しい発見があるかもしれません。人との対話には、気配、間、など見えないものの力も必要です。
今回一冊の本から夫とそんな対話ができたこともうれしかったですし、これからも彼が持ってきた本をネタに、まずは夫婦で対話をしていきたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

対話、大事です◎

やはり人間、擦れ違いはままあるけれど、対話を続けて少しでも分かりあえる部分を増やしていきたいですね!
対話したがらない相手にはどうするか。それには、高野さんの書かれた"見えないものの力"が大事になってくるのでしょうね。
そして自分ともきちんと対話する。対話のつもりが放言暴言になってはいけません。日々反省しておりますが(汗)
2015-05-12 15:33 | こもも #- | URL [ 編集 ]

人に限らず、情報でも物でも、よくわかってもないのに難癖つけるのって、いい悪い以前に、早合点しているその人自身がもったいないですよね。「どんな醜悪なものにも良き側面はある、そこを見るようにすべし」と、シュタイナーの書いた修行内容の一つにあったのを思い出します。イエス・キリストは死んで腐って醜悪な姿をさらしている道端の犬の死骸を見ても「この犬はきれいな瞳をしている」とつぶやいたそうです。心に留めておきたいエピソードです。

幼稚園児が「愛とは、自由とは」と哲学するというのは、正直理解できませんでした。映画を見ていないのでわかりませんが、幼稚園児にそんな知的な作業をさせるのは、私は抵抗を感じます。対話が大切なものに違いないとしても、年齢に応じた適切な内容とかテーマってあるのでは?

生きた人間との対話には生きた空気が流れますよね。まさに「書を捨てよ、街に出よう」ならぬ「ネットを捨てよ、街に出よう」ですね(寺山修二のパクリです)。生きたやりとりであれば、ぶつかったり傷ついたりもありますが、それを恐れ過ぎると人としての深みが育つ場がなくなってしまいます。さらっとかっこよく生きることより、あっちにぶつかり、こっちにぶつかりのかっこ悪い人でいることを覚悟したいものです。

2015-05-14 23:30 | キティームーン #- | URL [ 編集 ]

対話と聞いて思うことは、今更ながらですが、人それぞれ考え方や立ち位置が違うということです。お恥ずかしい話ですが、最近まで夫の考えや立っているバックグランドがはっきりわかりませんでした。わたしの想像できっとこういう立ち位置に居てるんだろうなとか、きっと、こう考えているんだろうなと思ってました。議論して夫か、わたしのどちらかがどちらかを負かすというところに固執していて相手を思いやった会話をあまりしていなかったように思います。
相手を認め、落ち着いて話すとバックグランドや考え方の癖などわかりなるほどと納得できたりします。相手を受け入れて話をするということを心がけていきたいなと思います。
2015-05-15 22:15 | こっぷり #- | URL [ 編集 ]

対話って大事ですね
何も言わなくてもわかるなんて事はなく
やはり、しっかり対話しなくてはいけないのですね

若者のコミニュケーション不足をなんとかせねばと
思っています。人と話す、対話する大切さわかって欲しいですね
2015-05-16 11:18 | おんぼろ車 #- | URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

みなさま
コメントありがとうございます!

対話って本当に大切ですね。
以前ムックマムで性差について掲載したことがありますが、男性と女性では本当に違いがありますし、特に女性は言葉にしてもらわないと伝わらないと思っています。
日頃の生活の中でのちょっとした「気づき」をムックマムグログで皆さんに何かしらヒントになることがあると、大変うれしく思います!
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
2015-05-23 06:57 | mukkumamu #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/41-9286ee58

 | ホーム |  page top