FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

クルマ鈑金塗装屋のエコ活動のススメ

クルマ鈑金塗装屋のエコ活動のススメ
(株)青柳車体工業 青柳 亜弥子

旧巻町・新潟市西蒲区漆山団地内で創業43年になる 「青柳車体工業」という自動車鈑金塗装屋を営業。 二代目として3年前に入社しました。今は会社の宣伝 と営業に力を入れています。
自動車修理工場のイメージとして、「入りにくい、 聞きづらい」などがあるかと思いますが、女性の方に も分かりやすく丁寧な対応と説明を心がけています。

 1

当社では自然と環境にやさしいエコ活動をススメています。 ひとつは「次世代水性塗料」で、今年に入り自然環境の配慮に遅れを取って
いる自動車業界において、いち早く導入しました。
もうひとつは、修理の際にリサイクルパーツを利用することです。
次世代水性塗料とは、ナノテクノロジーと呼ばれる極小世界の技術を駆使し て使用することで、次世代の環境対策塗料の開発をめざす思いから生まれた水 性高性能エコ塗料。有機溶剤を使用しないので、環境問題などの観点から も次世代の塗料です。

IMG_3708.jpg

クルマをぶつけたりキズを付けてしまった自動車は修理して仕上げに塗装を していますが、その塗料の中にもいろいろな種類があります。

塗料の多くは溶剤やシンナーなどの揮発性有機化合物が主流になっています がそれは光化学スモッグ等の大気汚染や地球温暖化をはじめとする環境汚染を 引き起こす原因とされ人間の健康に重大な悪影響を及ぼす恐れがあります。(過 去には印刷屋さんの従業員に胆管ガンなど発症しました)環境対応の取り組み として、有機化合物排出量の削減を行うことが緊急の課題となっています。
欧米諸国を中心に環境規制の動きはますます強化されている中、日本では平 成 18 年 4 月から大気汚染防止法が施工されています。
次にリサイクルパーツの使用ですが、自動車事故などで歪んだりへこんだり したクルマの部品を取り入れる際、できるだけ修理費を抑えるためリサイクル パーツを採用しています。
価格の面では純正新品部品の50%~80%程度の価格でお客様にご提供で きますし、外装パネル部品などは、上手く色が合えば塗装せずに使用できる場 合もあります。流通が少ない高年式車種や外車の部品でも、タイミングによっ ては見つかります。新品部品を入れるよりもかなりお得で、仕上がりも変わら ないのでお客様にとても喜ばれております。
その他、鈑金塗装修理の価格を抑えたご提案として「車両保険も入ってない し簡単な修理でお願いしたい!」という自損事故のお客様のために、修理の時 間と手間を省いた「軽板金」も承っています。通常修理を100%とすると、

2.jpg名称未設定 3

C:キズそのままで塗装のみ
B:キズを削り塗装のみ A:キズ削りと塗装+クリア塗装仕上げの 3 コースで
C:40% B:60% A:80%の修理価格に抑えることができます。

自動車鈑金塗装屋という存在は、一般ユーザー様には認知度がまだまだ低い と思われますが、「クルマのことはよく分からないからディーラーさんにおま かせ~」という方など、まずは、お近くの板金塗装屋さんにご相談されてはい かがでしょうか。環境にやさしくお財布にもやさしい管理の仕方が見つかるか もしれません。
スポンサーサイト

コメント

ビックリです

車の修理でも、環境に優しい方法があるとは❗️
全く知りませんでした〜
しかも、お財布にも優しいとなると嬉しいですね。
自動車修理のことは不勉強でしたので
大変参考になりました😊
2015-06-07 19:42 | ブルドッグ #- | URL [ 編集 ]

車の修理って、自分の守備範囲を遠く離れた業者さん任せの世界なので、女性の方にこうしてお話いただくだけで、ぐっと身近に感じました。
しかもエコって観点もあるなんて初耳でした。もっとこういうことが拡がって欲しいし、興味ある方に私からも教えてあげたい~と思いました。
2015-06-08 00:23 | 白猫ヤマトなでしこ #- | URL [ 編集 ]

ブルドッグさん、白猫ヤマト無でしこさん
コメントありがとうございました!
本当に知らないことが沢山あるなあと私も
思いました。修理が必要になった時のために参考になさって下さい😄
2015-06-08 22:39 | Mukkumamu #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/43-55fe6458

 | ホーム |  page top