Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

「カナヅチ・トリロジー 第二話」

「カナヅチ・トリロジー 第二話」 榎並 摂子

ささえ愛よろずクリニック ヨーガ・内観指導

内観瞑想会「ここから」主宰





小学校5年生のときにロシアのハバロフスクに行く機会があった。

夏休みを利用して、国際交流のキャンプが開かれたのだ。



ハバロフスク郊外の大自然の中

姉妹都市である新潟市から参加した数十名のこどもたちが

ハバロフスクのこどもたちと交流するというプログラムで

わたしは初めて親元を離れて数週間という長い時間を過した。



新潟空港から飛行機に乗って飛び立った時は

ワクワクして、これからの自分の人生を思った。

きっと、こうして何度も空を飛ぶのだろう。

そんな気がした。



毎日が新しい発見に満ちていて

楽しくて、楽しくて仕方がなかった。



青い目をしたリアナという可愛らしい友だちもできた。

佐渡から持って行った浴衣をプレゼントすると

とても喜んで頬にキスをしてくれた。



夜中、引率の先生たちが別の部屋で

ウォッカとキャビアを楽しんでいる時に

友だちと一緒に先生の部屋に忍び込み

冷蔵庫の中のチョコやキャビアを食べたりしたこともあった。


こんな黒いつぶつぶが「高級」だなんて不思議だった。

「絶対に飲んではいけない」

と言われていたので、生水は飲まなかった。

ところが、ある日、町へ出かけた時に

先生に屋台で買ってもらったアイスクリームに

全員が腹を下した。



生まれて初めて正露丸を飲んだ。

散々な目に遭ったのに

屋外にあるトイレに順番に並ぶ自分たちが可笑しかった。

とにかく、毎日、良く笑った。

そんなある日、向こう岸が見えないくらいに

広い、広いアムール川で
ハバロフスクのこどもたちと

新潟のこどもたち対抗の水泳大会が行なわれることになった。



佐渡からの参加はわたしだけで

「佐渡っ子」と呼ばれてみんなに可愛がられていた。



佐渡のこどもはみんな泳ぎが得意だと思われていた。

「佐渡っ子」はロシア人のこどもと水泳で競争することになった。



少し濁ったアムール川の水を見て不安になった。

一応、枠で囲まれて「プール」のようには見えたが

足は着かないようだった。



クロール?

平泳ぎ?

息継ぎ?


そんなこと、何も知らなかった。

とにかく、この「端」から「端」まで泳げばいいのだ。



この時まで、わたしは

わたしにできないことがあると知らなかった。

なんでもやってみればできると思っていた。



次々に飛び込んで新潟の友だちが泳いでリレーをしていた。

わたしの番になった。



みんなの真似をして飛び込んでみた。

しこたまお腹を打った。



それでも向こうの「端」を目指して泳いだ。

足をバタバタさせて

みんながしていたように手を動かした。



誰の目にも溺れているようにしか見えなかっただろう。



でも、わたしは負けず嫌いだった。

たくさん水を飲みながら

仲間の待つ「端」まで頑張った。



実は、この時のことはよく思い出せない。

どうやってプールから上がったのか?

チーム新潟はハバロフスクに勝ったのか?



ただひとつ確かなことは

このとき以来

「佐渡っ子は二度と水に近寄らなくなった。」ということだ。

ハバロフスク


(第三話へ続く)



ムックマムファンの皆様、こんにちは。

榎並摂子(えなみせつこ)と申します。

新潟市を拠点に

ヨーガと内観瞑想をお伝えする活動をしています。

最近は「内観瞑想」の人気が急上昇中です。

第二話も、お楽しみいただけたでしょうか?

「カナヅチ・トリロジー」は

わたしが実際に体験したことを元に書きました。

今回は今のロシアがソビエト連邦だった頃に

ハバロフスクへ行った時の体験です。
「トリロジー」の意味が気になる方は

どうぞ「カナヅチ・トリロジー 第一話」をお読みください。

ありがとうございます♪

            愛を込めて せつこ☆
スポンサーサイト

コメント

すごいです

良くアムール川を泳ぎ切りましたね!
すごいです〜
早くないとしても泳ぎ切ったのですから。
すごい経験ですね。
第三話も楽しみです😊
2015-09-29 23:06 | みかりん #- | URL [ 編集 ]

言葉は?

言葉ってロシア語ですか?それとも世界共通子ども語かな?
全然泳げなかったのに,とにかくたどり着いたのはすごい。川は流れがあるから,恐いですよね。

うちの子の小学校は,5,6年の時に水泳大会があって,5校くらい集まってやります。だから,水泳は課外水泳という特設の部活のようなのが高学年ではあり,強制参加です。天気悪い梅雨時から始まるので,寒くてがたがた震え唇は真っ青でも,雷が鳴らない限りやってました。

次で最後。どんなお話がくるか楽しみです。
2015-09-30 14:45 | 月子 #wSbnnxog | URL [ 編集 ]

コメントありがとうございます

みかりんさん、月子さん、コメントありがとうございます。本当に川を泳ぎきらはったこと、すごいと思います。でも私が一番すごいと思ったのはあの時代にソ連に小学生で行かれたことです。
第3話アップされました。なるほど、そういうところに落ち着くのかという結末です。
みなさんの人生が益々豊かなものになりますように✨
2015-10-04 20:05 | スタッフエスキモー #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/54-91dbccba

 | ホーム |  page top