Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

すぎっちのみそつくりたい 第3回

第1回目は、みそつくりを息子の通う幼稚園で行うこととなったいきさつについて、
第2回目は幼稚園でのみそ仕込み様子、塩きりについてお話ししました。さてさて、みそつくりも大詰め!3回目は・・・・


すぎっちのみそつくりたい♡        第3回(3回連載)

大豆をつぶすグループは丈夫なビニール袋(ごみ袋が便利)にゆでた大豆を入れ、上から踏んでもらう。家庭でみそつくりをやるときは、すりこ木やマッシャーでつぶしたり、ミンチ挽きで挽く方法もある。
とにかくつぶす。
私は幼稚園のみそつくりでは大豆の形のままのものが少しあってもそれはお愛嬌として細かく言わないことにしている。家庭でされるときはなるべく粒が残らないようにしておくほうがきめ細やかなみそになると思う。

それにしても園児さんたちはこういう作業が大好き!
思いっきりふみふみしてくれる。
大豆がほんのり暖かく、ふみふみする足に暖かさがじんわり伝わってくる。
でも、この時ビニール袋の端が破けないように注意。

大豆がつぶれてペースト状になったら、それと塩きりした麹を混ぜ合わせる。
ここまで来たら、みそつくりも7、8分できたようなもんだ。
まんべんなく混ぜ合わせたものを「みその素」と呼ぶ。
みその素をハンバーグを作るときのように手に取り、
掌でパチパチし、空気を抜いたみそ団子を作る。

みそ団子を作るのと並行して、みそを保存する容器(=みそ樽)をカビや雑菌がつかないように焼酎で消毒を兼ねて拭いておく。みそ団子を作り終えたら、みそ樽にこのみそ団子を空気が入らないように「ばちん!」と投げ入れる。
これも園児さんたちの大好きな作業♡
みそつくり隊の私たちは、園児さんが投げ入れたみそ団子をこれまた空気の入らないようにぎゅぎゅと押してならしていく。
すべてのみそ団子を入れ終えると、焼酎でみそ樽の口当たりについたみそ団子のかすなどを拭き取る意味も込めて、消毒のため拭く。
そして、ラップをし、分量外の塩をまんべんなく載せる。
最後は、園児さんたちに「おいしくなあれ~~」と声を掛けてもらって素早く蓋を閉める。

みそ玉



ここの幼稚園では、年長さんは秋の運動会でみんな必ず竹馬披露をする。
だから、「大きい組さんになって竹馬が乗れるようになったら、おみそが出来上がるよ!」と教える。
この時毎年思うのだが、園児さんたちは、なんかちょっと誇らしげなような不安なような、でも未来を心待ちに楽しむような感じに思う。
こうしてみそつくり隊の活動は無事終了するのだ。

最近はやっとまいた種が実り、友達の家でみそつくりをやる。色々お話ししながら、また、おぜんざいをいただきながら。
とても楽しいみそ仕込みとなる。

豆を炊くのはちょっと大変かもしれませんが、おいしいおみそができること間違いなし!
きっと、周りの人々におすそ分けしたくなっちゃうくらい嬉しいから、みなさんもぜひ一度、みそつくりにチャレンジしてみてくださいね。

文責:ムックマムスタッフ すぎっち





スポンサーサイト

コメント

いいですね

写真があると、ようすがありありと伝わってきてとてもいいですね〜。

私もまた味噌作りたくなりました。
2016-01-24 10:29 | くわこ #- | URL [ 編集 ]

ぜひ‼️

くわこさん、ありがとうございます。豆を炊いて潰すのがたいへんですが、自分のお味噌って、やっぱりとってもかわいいもんですね。
ぜひ、また作ってくださいね😊✨👍
2016-01-25 19:12 | すぎっち #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/66-f75fcf5b

 | ホーム |  page top