FC2ブログ

Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

イラク戦争を見てきた男の呟き 第3回(最終回)


神 慶興(じんよしおき)
1954年北海道生まれ。防衛大学校を病気のため退学後、北海道工業大学へ。電気興業(株)、東邦石材フィリピン駐在員時代は大澤清氏を師事する。その後、生活クラブ立ち上げに参加し、有)花泉商店を平成17年に解散するまで代表を務める。新潟市在住。


 最近話題になった映画『アメリカン・スナイパー』は主人公の兵士が子どもとその母親を狙撃して射殺する場面から始まります。どうしてあんな残忍なことが平気でできるようになるのか、わかりますか?

 防衛大学在学中、特に「大当たり」の隊にいた私の経験では、限られた空間で恐怖と暴力を使えば3カ月で普通の人を兵隊として機械に変えることができると言えます。鉄拳制裁が教育の基本だった私の隊では、入学して3か月後に笑顔を持っていた人は一人もいませんでした。

 さて、ある程度戦争ができる状態になった兵士を前線に送り込むためには、「ヒートアップ」が行われます。いつでも人に対して銃を発砲できるように、実際に実弾を銃に込めて撃つのです。通常の自衛隊は銃の操作を習得させるために撃ちますが、薬莢は回収します。また、数々の規則で武器を簡単には撃てない状態にしています。しかし、戦場は別です。

 イラク戦争時、自衛隊はクウェートの射爆場を借り、かなりの数の弾を撃っていました。その後、イラクのサマーワ基地に移動して任務に就きます。私は、3か月後の彼らを見るまでは「大変ですね、でも特別手当が出るんですよね」くらいの気持ちでした。

 逆に戦場から帰って来ると「クールダウン」という処置が施されます。当初、何の事かわからず取材に行ったのですが、「クールダウン」に入った隊員からの第一声が、「貴様、何しに来た!帰れ」でした。「ヒートアップ」の時とは全く違う対応でした。実はこの方と一年後に再会して取材することになります。

 サマーワ前線基地(政府の発表だと非戦闘地域)から帰還した自衛隊員は、頭を赤く染めモヒカン刈りにしている人、眉をそっている人、帽子のように髪を刈っている人(アメリカ海兵隊員のマネ)、どぎついサングラスなどなど。目つきも尋常でなく、いつ喧嘩が起こっても不思議でない状態でした。全員がそんな状態でした。

 その自衛官をホテルに「缶詰め」状態にして数日何もさせずにおくのが「クールダウン」です。もう銃を持たなくても、周りを警戒しなくてもよい状態であることを身体に教え込むのです。何もしません。ただ寝て食べて好きなことをするのです。ただし、絶対にホテルから出られません。何をするかわからないからです。これは日本に帰る前に、心を戦場から日常の生活状態に戻すためのものです。

 一年後、クェートのホテルで「クールダウン」取材時に私に怒鳴った方を取材しました。気難しく、目が吊り上がった人のように思っていましたが、彼は好々爺(こうこうや)よろしく、満面の笑みで玄関まで迎えに来て、私を書斎に通しました。「あの際はありがとうございました。サマーワの写真や資料もたくさんありますが、ご覧になりますか?必要ならコピーを取りましょうか?」とその彼は言いました。
 
 その時、私は気づきました。戦争は人を別人にする。彼は、否、あの「クールダウン」に参加していたモヒカンの人たちは、みな普通の親切な日本人だったのだ。あらくれ者があれていたのではない、普通の若者が、特別な教育と環境によって変わり得るのです。

 サマーワから帰還した自衛官には自殺者が多いそうです。先ほど紹介した『アメリカン・スナイパー』の主人公も心が戦場から戻れなくなってしまい、家族と軋轢が生じます。映画の中だけであればいいのですが、日本の若者や子どもたちにも対岸の火事とは言い切れません。そんなところに子どもを送らないと堅い決意をしている方もいるでしょうが、今回も大混乱の中、集団的自衛権は国会を通過し、法律として成立しました。
 
 私たちには選択肢があります。政府とマスコミの情報だけでなく真実を追究し、どう考え、どのような行動をとるかを考えていただきたい。そのために私の知ることをお伝えしました。


スポンサーサイト

コメント

この映画観てはいませんが、興味がわきましたが、観るのが怖い気もします
今回のお話はおどろく事ばかりでしたが、
すごく考えさせられました
ありがとうございます❗️
2016-04-24 23:00 | さくら #- | URL [ 編集 ]

貴重なお話をありがとうございました。
なんだかとても重い気持ちになりました。
今は何をどうしたらいいかわからないですが、でも、何事も人任せにせず自分の力で考えようと思いました。
2016-04-25 20:23 | らりん #- | URL [ 編集 ]

さくらさん、らりんさん
コメントありがとうございます

今回の記事は編集作業もいつもより時間をかけて
執筆者の方とも何度も連絡を取って仕上げました。
皆さんの感想をぜひお聞かせください!
お待ちしています!
2016-04-25 22:32 | mukkumamu #- | URL [ 編集 ]

平和であって欲しいとほとんどの人が願っていると思うのに、どうしてこんなややこしいことになっていくのでしょう?

アメリカ軍と手を結ぶのは危険。でもアメリカ軍に守ってもらうのをやめたら、今の日本は他国から自力で自衛出来ないのでは?という気もします。世界中が日本人みたいに平和ボケするくらい平和であればいいのかなあ。
2016-04-26 10:44 | 津軽 #zaTBqBzo | URL [ 編集 ]

映画アメリカンスナイパーを観ました
アメリカ川からはこんな話ですが、イラク側が映画にするとどうなるのかと
考えたりしました。
一人一人はみんな幸せを願う前任のはずなのに
やはり、戦争のない世界を望みます
2016-04-29 21:13 | えだまめ #- | URL [ 編集 ]

映画見たくなりました

えだまめさんのコメント読んで、私も映画を見てみたくなりました。

イラク側から見るとっていう発想、大事ですね。日本はいつもアメリカ寄りの物の見方ばかりですものね。
2016-04-30 00:34 | りんごの城 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/76-bac40166

 | ホーム |  page top