Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

子どもとの暮らしを楽しむ講座 ~シュタイナー教育の4つの気質~  前編


子どもとの暮らしを楽しむ講座
~シュタイナー教育の4つの気質~  前編
白石深納子

白石深納子(しらいしみなこ)
栃木県在住。二児の母。栃木にて「クラフトひろば虹の風」を開いているおもちゃコンサルタント。「こもれびの森ライアーの会」創設者であり、仲間とともにライアー演奏や創作人形劇も手掛けている。

シュタイナー教育の基礎:4つの気質とは
 まず、初めにシュタイナーの考えの基礎となる4つの気質についてお話しします。この4つの気質は古代人の基礎的な考え方、地・水・火・風―固体・液体・気体・熱という4つの働きが森羅万象を生みだしているということに基づいています。大自然の中では、一見、液体や気体や熱が全然存在しないように見える石や机や本のような固体の中にもこの4つの気質が入っていると考えます。そう考えて、大宇宙を構成する要素を地・水・火・風と呼びました。同じように人間一人ひとりの塊も地・水・火・風の4つによって成り立っていると考えます。
ヒポクラテスはこの4つの元素の存在を気質と結びつけました。
地=憂鬱質-きまじめ
水=粘液質-のんびり
火=胆汁質-おこりっぽい
風=多血質-ほがらか

4つの気質を学ぼう!
 それでは、4つの気質を学んでみましょう。自分がこの4つの気質のどれにあてはまるのか興味が出てきますよね。そうすると、必然的に私たちは自分に目を向け始め、自分自身を深く知ろうとするようになります。自分自身と向き合うことにより、自分の能力や個性に気づき始めます。そしてその能力や個性をどのように伸ばし、人の役に立てていくのかを考えるようになります。天から授けられた能力はこの地上で伸ばし、人のために使うことが大切です。ただ、持っているだけでは何の意味もありません。

 ブレイクスルー
 ここで一つみなさんの気質について探ってみましょう。
Q1>目の前に壁があったとして、その壁に行き当たった場合、あなたならどうしますか?
1. すごすごと引き返す
2. じっとそこに立ち止まったまま動こうとしない。
3. カッとなってその壁を蹴飛ばす。
4. その壁を平気で乗り越えていって向こう側へ行ってしまう。

Q2>公園のベンチで、自分の大切な帽子を横に置いて座っていたら、誰かがその上へ座ってしまいました。あなたなら、どうしますか?
1. 人生の悲劇を体験した気持ちになる。
2. 何事もなかったようにくしゃくしゃになった帽子をかぶる。
3. 犯罪者に食ってかかる。
4. とりあえずおかしくてたまりません。

シュタイナー1


 あなたはこの表のどの部分に表せますか?あなたがしるしをつけた場所があなたの気質を代表するものと思われます。

 子どもの気質を知ると、少し子育てが楽になるかもしれません。次回は子どもとの暮らしのなかで、気質をうまくいかす具体策を考えていきましょう。
スポンサーサイト

コメント

これ、すごく面白いですね!
一つだけでなく、微妙に他にも当てはまる時があるような
気がしますが、状況に応じて変化するのでしょうか。
次が楽しみです!
2016-05-08 23:32 | にじいろ #- | URL [ 編集 ]

本当ですね!

にじいろさん、コメントありがとうございます(*^^*)
それぞれの気質を表す言葉が自然に即していて、イメージが広がるところが興味深いですよね。それをどう生かしてゆくのか、是非注目してみてください!
2016-05-09 07:51 | ムックマムスタッフ #- | URL [ 編集 ]

気質の違い

気質はどれか1つではないそうですよ。3つくらいかぶっていて、どれかが特に強いとか、そんな感じらしいです。時期によっても変化するそうですし。確かに自分に当てはめてもそうだと思います。
気質を学ぶと、タイプの違いを受け入れて認めないとなんだなと思います。
人間って面白いですね。
2016-05-10 00:19 | 紅玉 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/77-c1b80350

 | ホーム |  page top