Profile

mukkumamu

Author:mukkumamu
ナチュラルライフのご提案


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QR code

QR

ムックマム対談「子どもたちが幸せに生き続けるための社会作りとは」①


西田卓司(にしだたくじ)
ツルハシブックス劇団員(店主)1974年生まれ、千葉県出身。
畑をコミュニティの拠点とした「まきどき村」を新潟市で設立、毎週日曜日に「人生最高の朝ごはん」を開催。その後、サンクチュアリ出版の営業や大学生の地域企業インターンシップ事業などを経て、2011年に「ツルハシブックス」を開店。中高生と地域の大人との接点づくりを行っている。2015年には「つながる米やコメタク」を開始し、米屋×本屋の可能性を模索中。



ムックマム編集長 小林あゆみ
自然食・子育て関係のライター、食養歯科の助手、フリースクールの講師を経て、新潟市内でロハスな暮らしを提案するお店「アートフル」を8年間経営。今年の春からうどん県高松市に在住。


昨年9月に新潟市にてお二方の対談が行われました。
学校教育から始まって地域社会や人権問題まで広がり続け、さすが引き出しのたくさんある人たちは違う!息切れしながら二人についていったムックマムスタッフ大浦が対談の様子をまとめました。全6回を、前半と後半3回ずつに分けてお届けいたします。(まとめ 大浦恵美子)

    *          *          *

◆第1回 子どもの自己肯定感欠如◆

西田)目標設定って時代に合わないと思うんです。小学校で夢をみんなの前で語らせる授業があるんですけど、職業名で答えることに意味はないのではないかと思います。10年後に果たしてその職業があるのかどうか。

小林)「何になりたい?」って聞かれても、経験が少ない子ども達には本当のところわからないよね。大人達がお膳立てばかりしているから、子ども達は失敗を怖れる傾向にあるし。

西田)とりあえずやってみようという発想になるといいのですけど、そのためには自分の直感を信じられないとだめだし、そして自分に自信がないと、その直感を信じることができない。

小林)どうしたら良い?

西田)自分はここにいていいんだ、ありのままでいいんだという承認を感じないとチャレンジができないから、そういう体験をしてもらうこと。それによって自信をつければ、新たなチャレンジに向かうことができると思います。子どもの教育を学校だけで受け持つのではなくて、学校は純粋に学ぶところに戻ってもらって、承認体験は家庭や地域に戻してはどうかと思います。

小林)具体的には何かしてる?

西田)今僕は茨城大学にコーディネーターとして在籍しているんですけど、大学生が劇的に変わるプログラムをやっているんですよ。学生を田舎に連れて行って、地元の人から話を聞いて新しいツアープランを自分たちで考えるというワークなんです。

小林)どこの田舎に行ったの?

西田)離島の粟島ですよ。新潟県の、住民が300人くらいのところ。三泊四日で学生みんな感動して帰ってくるんです。観光のシーズンオフに行くから学生が歩いていると地元の人は不思議なわけですよね。だからみんなすごく話しかけてくるんです。それで「大学の授業で」とか言うと、「これ持って行け」とか言われて魚とかいろいろもらうんですよ。

小林)それすごいね!

西田)とにかくどんどん話しかけられるんです。都会じゃ知らない人から話しかけられて物をもらうなんてことあまりないでしょ?話しかけられたらむしろ気をつけろって言いますよね。自分がただ歩いているだけで関心を持ってくれて、喜ばれて、物までもらって、純粋にうれしくなるんですよね。大げさな話ですけど、自分は価値があるかもしれない、生きていていいんだという希望を得られるんです。

小林)そういう体験が今はなかなかできてないからねぇ。

西田)そうそう。言葉も通じないかもしれないし。参加者からもらった感想で、今までファミレスでバイトをしていた福祉学科の女の子が、お客でお年寄りが来ても嫌じゃなくなったっていうのを聞いてスゴイことだと思った。それまでは、何を言っているのか分かんないし、こっちが言ってるのも聞こえてんだかどうだかと思っていたけど、どうやったら話が伝わるか、どういう風に聞けばいいのかというのを考えるようになったって。それはその子の人生がもう変わったんですよね。

小林)それはいいわ。粟島へ行く以外には?

西田)商店街の人に学生がヒアリングをして、何かお役に立つことを考えるというワーク。そこもね、やっぱりもらうんですよ。物や食べ物なんかを。町の人の話を聞いているだけで。ご飯さえ持っていけばおかずいらないみたいな。店の人も街ゆく人も、話を聞いてくれるのがうれしいんですよね。うれしいからあげたくなる。でも、学生はそんなつもりじゃないから、もらいっぱなしだと気持ちが悪くなる。本能として。

小林)借りがあるっていうか。

西田)そうなんですよ。お返ししなきゃ、借りを返さなきゃと思って頑張るんですよ。何か出来ることないかなと真剣に考える、モチベーションが上がるわけですよ。そういう体験の繰り返しが承認欲求を満たし、自信がつき、自分はこのままでいいんだという自己肯定感につながっていくのではないかなと思いますね。その自信が新しいことにチャレンジしてみようという力になるのではないでしょうか。それを今、茨城大学でやっているところです。


スポンサーサイト

コメント

なんだか面白いことを教えてもらえそうな予感!です。
大人も子どもも回りから認められることって大事ですよね。うちの息子は(たぶん)この感覚が少なくて最近までやばいくらい尖ってました。最近これじゃダメだと気づいて、見守ったり、気にかけたりしていると少しいい感じになってきました。
西田さんのやってはることはアドラー心理学に通じるものがあるのかな?と感じました(^O^)v
2016-11-04 22:52 | 秘密のあっこちゃん #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mukkumamu.blog.fc2.com/tb.php/94-3ad12db1

 | ホーム |  page top